「日常生活」カテゴリーアーカイブ

Googleマップナビ

Googleマップナビ
http://www.google.co.jp/mobile/navigation/

いやこれホント凄いんですけど。
ベータ版て言うか、これ無料で出しちゃって良いの?
これ無料で提供されたらカーナビ開発してる人ちょっと困っちゃうんじゃないかなー、、。

当然、無料版なだけあって、ちょっとした荒さはございますし、
一方通行は表示されてないみたいですし、脇道を通るだとか、
本領発揮したカーナビよりは少しばかり劣るのだとは思います。

ですが、マップはGoogle Earthから拾って来てるから最新でしょうし、
ナビの右折や左折の指示はかなーり前から教えてくれる為、
運転初心者の小生でも、スーパー余裕を持って右折左折の心構えが出来ます。
現在地の測定精度もそこそこ高いと思います。

細かい説明は置いといて、コイツがあれば絶対に目的地に辿り着けます。
安全運転に専念できます。エコドライブに専念できます。

俺はYahooとバイドゥとNaverの方が好きだけど、Google凄いんじゃないのマジで。

ワゴンRスティングレー

ドライブって最高に楽しいですねー(^-^)
車ってどこにでも行けて最高ですねー。
軽自動車って最高ですねー。庶民の味方ですねー。
小回り効くし、燃費良いし、税金安いし、車内も全然余裕で広いし、もう軽最高です。

運転も最初怖くて怖くてしょうがなかったんですが、
大体法定速度守って、車線変更しないで、追い越さなければ余裕余裕(^-^)
それに道さっぱり分からないですけど、スマホがカーナビになるし、文明の力って最高ですねー。
てかカーナビって最高ですねー。カーナビあればどこにでも行けますよ。
てかスマホって凄いですねー。カーナビ必要無いですよ。

いやホントいま、凄い技術革新の時代ですよ。信じられないですよ。
何で経済良くないんですかねー、、、。

不動産投資的にチャンス?

消費増税が決まり、今後住宅を買う事が厳しくなりそうな中、
住宅ローンは超低金利状態が続いていますね。

また、震災等による職人薄の状態が続いてますから、そのコスト面も
考えると、単純に今後住宅価格も高くなりそうな状態です。

普通に考えて、今家買っといた方がええんちゃうとか思ってますが、
如何せん素人の浅知恵ですから、良く考えてから実行する事にしますかね。

しかしこの消費増税、ちょっとした転換期になるかも、、。
ポイントはリーマンショックが起ころうとも、
そこをついて儲けてる奴はいるって事ですわ。

クレジットカードの落とし穴

過去にクレジットカードのすばらしさを書いた気がするのだが、
先ほどドコかの記事を読んだ所、クレジットを利用している人は
平均21%余計にお金を使っているそうな。

まぁ単純に自己管理出来てないだけなんですけど、気持ちは分かる。
例えば先日書いたカードゲーム(ガチャ)についても、
カード決済がある事で課金を後押ししてる点が多分にあると思う。

人に意識させずにお金を使わせるって所が意外と重要なのかなと。
まぁ何事もナチュラルに事を運ぶってのは非常に重要ですな。

スマホ向けサイト作成

今年始めに初めてスマホ(Android)を購入した。
取り合えず適当にゲームアプリをダウンロードしたが、なかなか面白いでは無いか。
手持ち無沙汰の時などに無料のゲームアプリをやれるのは非常にうれしい。

そして、何気なく最近流行りのカードゲーム(ガチャ)アプリをダウンロード。
フムフム。まぁまぁ面白いし、やろうと思えばずっと無料のままゲームを
する事が出来る為、システム自体は悪くない、、。
しかし有料であるガチャ、これを一回回すのに300円もする訳です(相場らしい)。
こんなん300円も使って回す奴おるん?とか思ってたら、、、

次から次へとスーパーレアと呼ばれる希少カードを持っている輩がいる事いる事。
しかもスーパーレアが出る確率は1/100位だと。3万円のカードって事かい(笑

それ以外でもユーザーを競争させるシステムとかホントこれ犯罪なんじゃないの?
って思う位ボロ儲けしてるのが目に見えて分かるんですが、、、。

しかもこの電子媒体でのカードって従来のカードの様な、製造とか
流通とかの部分が全く無い訳で、利益率なんか70%位いってるんじゃ、、。

来年も一層厳しい年に

なりそうですね。世界の経済状況、日本の経済状況共にあまり良くない。
成長出来ない・現状維持もなかなか難しい。そういった状況が色々な所で起こりそうです。
そんななか、二年前、いや三年前。こう言った状況を予測し、少しでも早めに手を打ち
足場を固めた事は、自分の中でも非常に良い結果に結びついていっているかなと思う。

そして来年はもう一歩進む。現実を見据え、既成概念にとらわれずに、
より良い方法を周りと協議して決める。
自分と周りが納得できる大きな改革を身近な所だけでも進める。

考えをまとめて、実行するだけだ。

失われた10年

2000年以降の日本、失われた10年だとか20年だとか言われているが、
よくよく考えたら2000年以降も携帯電話やインターネットの普及など、
かなりめまぐるしく経済発達してきたのでは無いかと思う。
なのに経済低迷?間違いなく何かが足を引っ張ってるんだが、
その内の一つは、金融、不動産分野かな、、。とは思う。

まぁ俺も投資はしてますけど、金を横流しするだけで膨らむって違和感あるもん。
投資はまだ分かるよ。有力な企業とかが成長する事の手助けをする為に、投資する。
でも不動産は何なの?家置いとくだけで価値上がっちゃうの?まぁ確かに、
価値があがるってのは分かる。分かるんだけど、基本的に成長して無いよね。
てかまぁ投資(株)もシステム的に「価値」の要素を利用して膨らむので実際は空洞的。

この「無価値」の富、Finance(金融)、Insurance(保険)、Real Estate(不動産)産業と
その不労所得者の収入は基本的にはどうしようも無い。生産してない。成長して無いのに、
お金は増える。コレが世界中を牛耳れば、経済成長なんかするわけ無い。

先日アメリカの証券会社(名前忘れた)とかはオリンパスの社長が解雇される前に
株の空売りをしたそうだが、それでおよそ22億の設けだそうだ。
ありえませんな。

dot.tkの罠

最近無料とか親切とか言う事に素直に喜べなくなってきている。
なぜならその裏で見返りが発生したりするからだ。
当然、お世話になったら自分も何かしなければと言う気持ちにはなる。
しかしそれが強制になってくると話は変わってくる。

小生は約2ヶ月前にdot.tkと言う無料のドメインサービスでドメインを取得した。
そこで取得したドメインは7hit.tk。今グーグルで7hit.tkを検索すれば
url変換サービスとしてインデックスに一番に出てくるだろう。
昨日まではそこで小生が製作したそのurl変換サービスが表示されていた。

それが、、、今日の朝見てみると、、全く別のページに飛ばされるではないか。
ご丁寧にページの題名の所には「7hit.tk」の文字が、、、。

やられた、、。完全にサイトの乗っ取りである。
正確には乗っ取られたと言うよりIPの向き先を変えられただけなのだが、まあ乗っ取りである。
ここ2ヶ月間せっせと7hit.tkにアクセスを集めるべく四苦八苦しており、
トラフィック量的には一日に裕に7・8000アクセスはくるようになっていた。
そこで、これですよ。俺はアフィリエイトでしか食っていけないのに、、、。

いやあ、、、上手い事考えたなあ、、天晴れと言うかさすがにせこいかな。
しかも乗っ取られた後のページは何とも微妙な事、、。

1ドル50円時代は来ますね。

いやーまいったまいった。投資なんぞしてるもんだから金融事情や
世界の経済情勢について、ちょくちょく調べたりはしている。
そこで近々騒がれてる円高ドル安。これについて一通り整理して考えてみた。

・アメリカの輸出倍増計画について。
 →アメリカ自体がドル安をガンガン推進しなければもう国が駄目だと自覚している。

・中国経済の不安定さについて。
 →高度経済成長を続けている中国だが、不動産バブルの危機に始まり、
  激しい貧富の差などから、アメリカを助けて元を切り上げれる余裕はまず無い。

・ユーロは崩壊するのかな?について。
 →ギリシャをはじめとして、アメリカより全然やばいんじゃ、、、。

結論:じゃあ円買うしかないすな。

しかし、中国と同様に高度経済成長を続けているインドは自国で為替介入を行っておらず、
ルピー高を良しとして容認している。とは言え、アメーリカが瀕死な状態である以上は、
今後、円がガスガス買われるのを黙って見てるしかない方向性が高いと。思うわけですな。

だが更にしかしだ。日本もなかなか終わっとるわけだから、将来的にはやはり
元やルピー(ルピア?)等が力を持つ事になるのかなー、、、とか。
したらやはり円とドルの関係としては、例えば1ドル100円に戻るとかあるのかなー、、
とか。どっちにしろ新興国に力は推移していくのでは、、、。

よくわかんないですね。

Chrome OSを試す2

Chrome OSをUSBに入れて起動してみました。

参考手順URL:href=”http://getnews.jp/archives/118976
使用機器:Hitachi Flora Se210 NL5
起動OS:Chrome OS Zero, Chrome OS Flow, Chrome OS Vanilla

まず、VanillaはCPUがサポートされてない云々のエラーが出て起動しませんでした。
(ちなみにCPUはPentiumM、そこまで古いとは思いませんが)

Zeroは起動画面がかっこええです。そして起動時間は非常に短いです。
しかし、その後ログイン画面まで進まず、結局使えませんでした。

そしてFlow。これも起動画面はなかなかセンスのあるデザイン。
起動時間も非常に短いです。そしてログイン画面、ここでネットワークに
繋いだまま、Googleアカウントのログイン情報を入力するとログイン出来ます。
これはもしかして事前にGoogleアカウントを取得しておく必要があるんですかね?

その後すぐGoogleChromeが立ち上がると言う訳なのですが、使ってみて、、
・見れないWebサイトがある(原因不明)。
・利用中、普通にフリーズする。
・動作不安定(ページの読み込みに時間がかかったりする)

など、結果的に使いにくい部分がかなり目立ちました。
使用機器との相性もあるかもしれません。デザインのよさと起動時間の短さは
かなり嬉しいのですが、残念ながら自分が最低限行いたい事を出来そうに無いです。

ちなみに現在自分が使っているOSはFedora10(Linux)で、これはかなり使いやすいですね。
ただ、唯一起動時間だけは何とか短く出来ないもんかと思ったりもしてます。

まあなぜわざわざ一般的でないOSを使ったりしているのかと言うと、
この手のOSは無料で手に入る事と、なにより、何でも色んな事を試す。
これが楽しいもんですよ。