Chrome OSを試す2

Chrome OSをUSBに入れて起動してみました。

参考手順URL:href=”http://getnews.jp/archives/118976
使用機器:Hitachi Flora Se210 NL5
起動OS:Chrome OS Zero, Chrome OS Flow, Chrome OS Vanilla

まず、VanillaはCPUがサポートされてない云々のエラーが出て起動しませんでした。
(ちなみにCPUはPentiumM、そこまで古いとは思いませんが)

Zeroは起動画面がかっこええです。そして起動時間は非常に短いです。
しかし、その後ログイン画面まで進まず、結局使えませんでした。

そしてFlow。これも起動画面はなかなかセンスのあるデザイン。
起動時間も非常に短いです。そしてログイン画面、ここでネットワークに
繋いだまま、Googleアカウントのログイン情報を入力するとログイン出来ます。
これはもしかして事前にGoogleアカウントを取得しておく必要があるんですかね?

その後すぐGoogleChromeが立ち上がると言う訳なのですが、使ってみて、、
・見れないWebサイトがある(原因不明)。
・利用中、普通にフリーズする。
・動作不安定(ページの読み込みに時間がかかったりする)

など、結果的に使いにくい部分がかなり目立ちました。
使用機器との相性もあるかもしれません。デザインのよさと起動時間の短さは
かなり嬉しいのですが、残念ながら自分が最低限行いたい事を出来そうに無いです。

ちなみに現在自分が使っているOSはFedora10(Linux)で、これはかなり使いやすいですね。
ただ、唯一起動時間だけは何とか短く出来ないもんかと思ったりもしてます。

まあなぜわざわざ一般的でないOSを使ったりしているのかと言うと、
この手のOSは無料で手に入る事と、なにより、何でも色んな事を試す。
これが楽しいもんですよ。