Related sponsor's Link

新規ユーザ登録

サーバ利用については

ICTmax HOMEより

アカウント登録画面へ

お進み下さい。

powered_by.png, 1 kB

maximum Blog


Home arrow ニュース arrow HP製作メモ arrow JOOMLAを設置する
JOOMLAを設置する PDF プリント メール
自分はJoomlaと言うCMSを使っている。CMSはそれを使いこなせれば
html等の知識をさほど必要としないので、一つのHP作成手段として良いと思う。
↓はそれを使っている。
http://ictmax.info/

当サーバ[ICTmax]でもjoomlaの利用は技術的には可能なのだが、なんせDB(mysql)の利用を許可すると、サーバ負荷が非常に高くなる為、共用サーバとして公開するのはそれなりのマシンを用意する必要があるので、経費を掛けていない[ICTmax]では一般ユーザによるDBの利用を可にしていない。

以下は、一般公開されているDB(mysql)利用可の無料サーバーを利用した、
joomlaを配置するまでのメモ。

① サーバの調達
a.PFX.NETに登録
http://www.pf-x.net/
無料で性能も申し分ない。ICTmaxサーバーと比較すると完全上位互換。
ただし、一万人も収容してるらしいので、たまに接続が遅かったりする。

b. PFX.NETコントロールパネルよりmysqlデータベースを取得。
http://www.pf-x.net/pfxcontrol/

②joomlaの調達
下記よりダウンロード
http://ictmax.jpn.ph/~master/Joomla_1_5_20_in_Japanese.zip

③ffftpの調達(FFFTPはGumblarウイルスの的なので注意)
下記よりダウンロード
http://www2.biglobe.ne.jp/sota/

④joomlaをサーバーへアップロード
⇒②を解凍⇒ffftpにてサーバーへ接続⇒ファイルを丸ごとpublic_htmlフォルダへアップロード
※ffftpでの接続先、接続パスは①で登録した際、メールで送られてくる物。

⑤サイトへ接続
http://s6.ql.bz/~********/Joomla_1_5_20_in_Japanese/
↑フォルダ名を変えずにアップロードすればこんな感じか。******は自分のアカウント名が入る。
最初に自分のページ画面へ行くと管理画面に突入する。

以下、管理画面でのインストールに関する注意事項
1.管理画面でconfigファイルへの書き込み不可の旨の赤字がある場合は、そのまま続行せず、ffftp上でconfigファイルへの書き込み権限を可能にした上で、インストール作業を実施する。
2.mysqlの入力画面はホスト名、パスワード、データベース名は上記手順②の物を入力。
3.ftpの入力画面は、上記手順①PFX.NETでのftpサーバーの情報を入力。

インストール直後はこんな感じになる。
http://s6.ql.bz/~wkohei/joomla1.5/
 
< 前へ

Advertisement Box


© 2017 無料のレンタルサーバ[ICTmax]
Joomla! is Free Software released under the GNU/GPL License.
Translation is Joomla!JAPAN