Telnet

出典: Wikipedio


Template:IPstack Telnetテルネット Telecommunication network)とは、汎用的な双方向8ビット通信を提供する端末間およびプロセス間の通信プロトコルである。RFC 854で規定されている。テレネットと発音するのは誤り。

より具体的には、IPネットワークにおいて、遠隔地(リモート)にあるサーバ端末から操作できるようにする仮想端末ソフトウェア(プログラム)、またはそれを可能にするプロトコルのことを指す。

UNIXは当初からホストを複数のユーザが同時に使用することを前提に開発されており、IPネットワークやTelnetの登場以前から、シリアルポート等に複数の端末を接続して使用できた。この端末とホストの通信を、IPのネットワーク上で担ったのがTelnetクライアントプログラムと、その通信手順を規定したTelnetプロトコルである。

Telnetクライアントは、Telnetサーバとの間でソケットを開き、非常に単純なテキストベースの通信を行う。Telnet自身のコマンドを利用する際にはエスケープコードを利用する。リモートのシェルを利用するTelnetサービスは、基本的にポート番号23番を使用するが、ほとんどのクライアントはポート番号を指定でき、それ以外のテキストベースのソケット通信のクライアントとして利用することも可能で、技術者達には他のTCPサービスのテストや簡単なメンテナンス等にも使用されている。

インターネット普及期には、それまで電話回線でアクセスポイントを提供して来たパソコン通信が、Telnet接続のサービスを追加したり、移行したものも多い。

現在では、認証も含めすべての通信を暗号化せずに平文のまま送信するというTelnetプロトコルの仕様はセキュリティ上問題とされ、Telnetによるリモートログインを受け付けているサーバは少なく、リモート通信方法としての利用は奨励できない。
リモートログインの代替プロトコルとしては、情報を暗号化して送信するSSHが知られている。

いくつかのルーター・リモートルーターでは外部からの設定変更等の手段としてTelnetサーバを提供し、ネットワーク経由での操作を可能にしている。現在、このような実装はブロードバンドルーター(とVPN接続)の普及に伴いHTTPにとってかわられつつある。

代表的なTelnetクライアント

TELNETに関連するRFC

ar:تيلي نت az:Telnet bg:Telnet bs:TELNET ca:Telnet cs:Telnet da:Telnet de:Telnet el:Telnet en:Telnet eo:Telnet es:Telnet et:Telnet eu:Telnet fa:شبکه راه دور fi:Telnet fr:Telnet ga:Telnet gl:Telnet he:Telnet hi:टेलनेट hr:Telnet hu:Telnet id:Telnet it:Telnet ka:ტელნეტი ko:텔넷 ku:Telnet lv:Telnet ml:ടെൽനെറ്റ് nl:Telnet no:Telnet pl:Telnet pt:Telnet ro:Telnet ru:Telnet simple:Telnet sk:Telnet sl:Telnet sq:Telnet sr:Телнет sv:Telnet th:เทลเน็ต tr:Telnet uk:Telnet vi:Telnet yo:Telnet zh:Telnet

個人用ツール