Mozilla Foundation

出典: Wikipedio


Template:基礎情報 非営利団体 Mozilla Foundation(モジラ ファウンデーション)は、オープンソースMozillaプロジェクトを支援するために設立された非営利企業である。略称は MoFoあるいはMFである。開発方針の決定、インフラの整備、商標知的財産権の管理を行なっている。また、Mozilla FirefoxMozilla Thunderbird のリリースを行なうための Mozilla Corporation子会社としている。所在地はアメリカ合衆国カリフォルニア州マウンテンビューである。

目次

歴史

画像:Mozillaheadquarters.jpg
2009年7月までの本部。グーグルプレックスグーグルの本社)の隣にあった。

1998年2月23日Netscape によって Mozilla Application Suite の開発への協力を目的としたMozilla Organizationが設立された。OrganizationはNetscape社員の大部分から成るが、Netscapeからは独立して運営されることが原則とされた。Mozilla OrganizationはMozillaはテスト目的のものでありエンドユーザーが利用するものではないと主張していた。これがBeonex Communicatorと呼ばれるブラウザの開発のきっかけとなった。Beonex Communicatorは Organizationがプロジェクトを進めていた間、Mozillaの「エンドユーザー版」としてリリースしていた。しかし、大多数のエンドユーザーは「正式な」 Mozilla のビルドをダウンロードしていた。

Netscapeの親会社である AOL によるMozilla Organizationとの関係の劇的な縮小に伴い、2003年7月15日、Mozilla Foundationが設立された。これによりMozillaは Netscapeとの関係を完全に切ることと成った。 AOLはFoundationの設立に際し、ハードウェアや知的財産権を委譲し、移行の手伝いのために3ヶ月間、3人のチームを雇った。また、AOLは2年間にわたり200万ドルの寄付を約束した。

Mozilla Corporation

Template:Main

2005年8月3日、 Mozilla Foundationは完全子会社である Mozilla Corporationを設立した<ref>Mozilla Foundation Forms New Organization to Further the Creation of Free, Open Source Internet Software, Including the Award-Winning Mozilla Firefox Browser</ref>。 Corporation は Mozilla Firefox 、Mozilla Thunderbirdのリリース計画、マーケティングおよび関連活動について責任を負うこととなった。さらに企業とも関係をもち、大きな収益を上げるようになった。 Corporation は課税対象となる会社であり、Foundation とは異なり収益や企業活動の面で大きな自由度を持っている。

業務

当初、 Foundationが他者へ支払う金額はOrganization の頃と比較して非常に大きくなった。これはOrganization が 伝統的に Netscapeや他のMozillaの技術のベンダーに残してきた業務によるものである。対象を開発者からエンドユーザーへ移すことの一部として、Foundationは広告会社と契約を結んでMozillaのソフトウェアを同梱したCDの販売や電話サポートを開始した。いずれもNetscape と同じ業者を選択した。またFoundationはMozillaの商標やロゴの使用に関する方針のもと、自社の知的財産権に対する主張をより強めるようになった。さらにマーケティングのような新しいプロジェクトも開始した。

Mozilla Corporationの設立によって、Foundation は開発や商業関係の活動の全てを子会社であるCorporationに委任した。そして Foundationは「製品化されていない」CaminoSeaMonkey などのプロジェクトの管理を継続し、単独でのプロジェクト管理と方針整備に注力することとなった。FoundationはMozillaの商標と知的財産権を所有しており、これらをMozilla Corporationにライセンスしている。またMozillaのソースコードリポジトリも管理しており、チェックイン権限の付与も行なっている。

財源

Mozilla Foundationは資金源として寄付を受け付けている。設立時に AOL から 200 万ドル、ミッチ・ケイパーから30万ドルの寄付を受けている。 Foundation はアメリカ合衆国国税収入局規約501(c)3によって連邦所得税の免除を受けているが、 子会社である Corporationは課税対象である。

Foundationは Googleと契約を結び、Googleでの検索をMozilla Firefoxの検索エンジンのデフォルトとしている。また、Firefox のデフォルトのホームページはGoogleの検索サイトである。これらによる収益の総額は公式には公開されていない。

人物

Mozilla Foundationの理事会は次の7人から成る。

当初はChristopher Blizzardが理事を務めていたが、彼がMozilla Corporationの設立に伴い Corporationの理事会へ異動となったため、それ以降は伊藤穰一が理事を務めている。Bob LisbonneとCarl Malamudは2006年10月に理事に選任された。

Foundationには有給のスタッフがおり、プロジェクトや方針に関する問題に対処している。

Mozilla Corporationにも多数の職員がいるが、Corporation設立以前にはFoundationで働いていたものが多い。

伝統的にMozillaプロジェクトはmozilla.orgと呼ばれるコミュニティによって運営されてきたが、コミュニティのメンバーの中には FoundationやCorporationの理事や職員となったものが多い。

その他

  • 2006年、OpenBSDTheo de Raadtの要請を受け、Mozilla FoundationはOpenBSDへGoogleからの収益から1万ドルの寄付を行なった。これはOpenBSDによるOpenSSHの開発に対するものである。この要請の主な対象は CiscoIBMHPRed Hat など、OpenSSHを組み込んだ製品を販売していながら寄付を行なっていなかった企業に対するものであったが、Foundationは OpenSSHを使用していないにも関わらず、開発への感謝として寄付を行なった<ref>Donations Update</ref>。
  • Mozilla EuropeMozilla JapanMozilla ChinaはMozilla製品やプロジェクトの広報、普及を支援する非営利団体である。Foundationからは独立しているが、Mozilla Foundationの公式アフィリエイトとして活動している。

参考文献

Template:脚注ヘルプ Template:Reflist

関連項目

外部リンク

Template:FOSSar:مؤسسة موزيلا ast:Fundación Mozilla ca:Fundació Mozilla cs:Mozilla Foundation de:Mozilla Foundation en:Mozilla Foundation es:Fundación Mozilla et:Mozilla Foundation eu:Mozilla Fundazioa fi:Mozilla Foundation fr:Mozilla Foundation gl:Fundación Mozilla he:קרן מוזילה hu:Mozilla Alapítvány it:Mozilla Foundation ka:Mozilla Foundation ko:모질라 재단 nl:Mozilla Foundation pl:Fundacja Mozilla pt:Mozilla Foundation ro:Fundația Mozilla ru:Mozilla Foundation simple:Mozilla Foundation sk:Mozilla Foundation sv:Mozilla Foundation th:มูลนิธิมอซิลลา uk:Mozilla Foundation uz:Mozilla Foundation vec:Fondasion Mozilla vi:Quỹ Mozilla zh:Mozilla基金會

個人用ツール