HUNTER×HUNTER

出典: Wikipedio


Template:継続中の作品 Template:Infobox animanga/Header Template:Infobox animanga/Manga Template:Infobox animanga/TVAnime Template:Infobox animanga/OVA Template:Infobox animanga/OVA Template:Infobox animanga/OVA

Template:Infobox animanga/Footer Template:漫画HUNTER×HUNTER』(ハンターハンター)は、冨樫義博による日本漫画作品。

目次

概要

主人公のゴンは、育ての親から父親ジンは「死んだ」と聞かされていたが、カイトと名乗るハンターと出会いジンが生きていて優秀なハンターであることを知らされる。自分もハンターになるためにハンター試験を受けにいくところから物語は始まる。『週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上において1998年14号から連載。単行本はジャンプ・コミックスより27巻まで発刊。累計発行部数は4600万部を超える。『HUNTER×HUNTER』という二重になったタイトルの由来は、題名を考えていた作者が、テレビでダウンタウン浜田雅功が「何で2回言うねん」と言ったのを聞き「これだ!」、と思いついたことに由来する<ref>コミックス第6巻 P.26</ref>。

少年漫画にありがちな善悪二元論に収まらず、様々なキャラクターの考え方・立場が存在し、複雑で多面的な構成を取っている。主人公だけではなく他のキャラクターまで及ぶ心理描写・思考描写、様々な思惑が交錯した展開などが特徴で、高い評価を得ており有名人にもファンは多くケンドーコバヤシウエンツ瑛士は自身のブログで「ハンター×ハンター」のファンだと公言している<ref>ウエンツ瑛士、「ハンター×ハンター」休載を悲しむMSN産経ニュース2007年12月17日(2010年5月16日閲覧)</ref> 。残酷な描写も多く使われるが、G・I編以降グロテスクな絵は塗り潰しなど、自主規制が入ることも見られる。アニメ化の際あまりに残酷な描写はカットされている。

休載

一方、休載が非常に多く(1999年以降は毎年10回以上休載している)本誌掲載時にはネームに近いラフ画で、背景もほぼ描かれていない状態で掲載されることが頻繁に発生した。前作『幽☆遊☆白書』終盤からその傾向は見られていたが、本作でそれがさらに顕著化している。

また、休載の理由は主に「作者急病のため」とされていたが、作者が巻末コメントなどで最新ゲームをプレイしたことや、旅行に行ってきたことを隠さず書き、さらにコミックマーケットなどの同人誌即売会に参加、同人誌を発行していたこともある。ラフ画の状態で本誌に掲載された場合、単行本化される際に直されるが、修正作業を行うために本誌の連載を休んでいる。次第に、「急病」という理由での休載は減り「作者の都合」とされるようになった。

普通作品が休載になるときは何らかの説明が入るものだが、本作は突然休載し突発的に連載が開始されるのが常習化している。最長の休載は2006年12号~2007年44号(1年と8ヶ月)。単行本24巻は前巻から1年7ヶ月の開きがある。

あらすじ

ハンター試験
  • No.001 - No.037(単行本1巻 - 5巻)
主人公のゴンは幼少期、父親ジンの弟子のカイトに助けられる。ジンやハンターについてカイトから聞いたゴンはハンターに憧れ、12歳となった年にハンター試験を受験するため試験会場に向かう。
会場に向かう船上で、ゴンは同じくハンター志望のクラピカレオリオに出会う。3人はハンターを目指す仲間として、共に試験合格を目指す。試験会場で同い年のキルア=ゾルディックも仲間に加わり、4人は共に試験に合格していき、最終試験へ。そして、キルア=ゾルディック以外の3人は最終試験を見事突破した。
ククルーマウンテン
  • No.038 - No.043(単行本5巻)
ハンター試験後、自宅に戻ったキルアに会うため、ゴンたち3人はキルアの実家があるククルーマウンテンに向かう。門から屋敷までのいくつかの難関を突破した3人はキルアと再会。
天空闘技場
  • No.044 - No.063(単行本5巻 - 7巻)
ゴンとキルアは修行と小遣い稼ぎを兼ねて天空闘技場に挑戦。そこでズシという少年と彼の師匠ウイングに出会う。因縁の敵であるヒソカとの再会後、2人はウイングから念能力を教わり、念の修行に励む。
くじら島への里帰り
  • No.064 - No.070(単行本8巻)
ゴンはキルアと共に故郷くじら島に戻り、束の間の休日を過ごす。そこで、ジンを探す手がかりと思われる「グリードアイランド」というハンター専用ゲームの存在を知る。
ヨークシンシティ(幻影旅団編)
  • No.071 - No.120(単行本8巻 - 13巻)
「グリードアイランド」がオークションに出品されると知り、ゴンとキルアはヨークシンシティへ行く。破格の値段が予想されるグリードアイランドを落札するため、様々な方法で金稼ぎを試みるが失敗。一方、クラピカは幻影旅団の情報を得るため、ノストラードファミリーに入った。
ゴン、キルア、レオリオは、旅団を捕まえるためクラピカに協力する。ゴンとキルアが旅団に人質にされるが、幻影旅団の団長を捕縛することには成功した。
グリードアイランド
  • No.120 - No.185(単行本13巻 - 18巻)
ゴンとキルアは選考会で認められ、ゲーム参加に成功。
ゲーム内では、第2の師匠、ビスケのもとで念の修行を重ね、ゲームマスター・レイザー、大量殺人鬼の爆弾魔(ボマー)との戦いなどを経験して2人は一段と成長していく。
キメラアント(NGL編)
  • No.186 - No.198(単行本18巻 - 19巻)
グリードアイランドのクリア賞品として得たゲーム内の呪文カードを使用してジンに会おうとするも、なぜかカイトのもとへたどり着く[単行本19巻参照]。カイトたちの仕事に協力する中でキメラアントという生物の存在を知り、一行はNGLへ。そのころキメラアントの女王は兵隊蟻を使って人間を襲い、着実に勢力を拡大していた。
キメラアント(王誕生編)
  • No.199 - (単行本19巻 - )
ゴンとキルアはキメラアントの強さに圧倒され、カイトの犠牲によってNGLを脱出する。代わりに討伐隊としてやってきたネテロ会長らの奮戦も及ばず、キメラアントの王は産まれてしまう。王は直属護衛隊と一部の兵隊蟻を引き連れて東ゴルドー共和国を支配し、国民の選別を行う。被害拡大を防ぎ、カイトを救うため、ゴン達は王に戦いを挑む。

登場人物

Template:See Template:ネタバレ

ハンター

怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣……など、稀少な事物を追求することに生涯をかける人々の総称。プロのハンターの資格を得るには、数百万分の一の難関と言われるハンター試験を突破しなければならない。しかし、この試験に合格してもさらに念能力を試す裏試験があり、これも突破しなければ一人前のハンターとはされない。今のところ、全世界に600人ほど居るらしい。

ハンター試験とライセンス

ハンター協会主催のハンターライセンス授与試験。あくまで民間主催の民間資格だが、この世界においてハンター協会は国家を大きく上回る規模と信頼性を持ち、国際的ライセンスとして国家資格かそれ以上の信用ある資格として広く認められている。この試験を通過するとプロハンターの証であるハンターライセンスが授与される。カード状のライセンスにはありとあらゆる偽造防止加工が施されている。このライセンスを持っているとハンター専用の情報サイトを利用できるようになる他、各種交通機関の殆どを無料で利用出来たり、一般人立ち入り禁止区域の8割以上に立ち入りを許されるようになる。その他の面でも多大な信用を得ることが出来、ヒソカによると殺人を犯してもハンターライセンスがあれば不問になる場合もあり、それを目的としてライセンス獲得を目指す者も居る。これらの付加価値によりライセンスそのものも極めて高い価値を持ち、売るだけで7代は遊んで暮らせるとも言われ、借金の担保にすれば、億単位の金が即金で融資される。盗難・紛失があっても再発行は一切されない。そんな高い価値、リスクもあってか、ハンター協会の調べによると、新人プロハンターの5人に1人が、何らかの理由で1年以内にカードを紛失しているという。一度合格した者は合格が取り消されることはないが、再受験はできない。

ハンターの種類

一口にハンターと言っても専門分野の違いによって様々に分かれている。ただし、これはハンターになった後本人がどういう仕事を重点的に行うかと言う俗称であり、ハンター資格に種類がある訳ではない。

財宝ハンター
世界の財宝を発掘することを専門とするハンター。登場人物ではビスケ。
賞金首ハンター
ブラックリストに載っている犯罪者を捕らえることを専門とするハンター。登場人物ではリッポー、ビノールト、クラピカ。
美食ハンター
世界の美味しいものを発掘することを専門とするハンター。登場人物ではメンチ、ブハラ。
遺跡ハンター
遺跡の発掘、保護を専門とするハンター。登場人物ではサトツ。
幻獣ハンター
珍しい動植物の発見、調査を専門とするハンター。登場人物ではポックル、カイト。
契約ハンター
富豪や権力者のお抱えハンター。主の望むものを集めたり、主の護衛をする。登場人物ではクラピカ、スクワラ、センリツ、ヴェーゼ、バショウ、イワレンコフ、トチーノ。
音楽ハンター
音楽的なものを集めたり保護したりすることを専門とするハンター。登場人物ではセンリツ。
懸賞金ハンター
お金を目的として仕事をするハンター。登場人物ではツェズゲラ。
ビーストハンター
危険な動物を保護、または処分するハンターだと思われる。登場人物ではナックル。
UMAハンター
未確認生物の発見、調査を専門とするハンター。登場人物ではシュート。

階級

アマチュア
ライセンスを持たないがハンターを名乗り仕事をする人。実力の高低に関わらずライセンス非所持者を全てアマチュアと呼ぶため、単なる詐称から念能力者まで実力は様々。ハンターでない場合、様々な特権が使えないというだけで、仕事をしてはいけないという法律がある訳ではないので、必要が無いからと資格を取得しようとしない人もいる。
ライセンス非所持と言うだけで信用のランクが1つ落ちはするが、高度な任務ほどライセンスの有無だけで判断しなくなるため、結果的に正規ハンターよりも信用を得ているアマチュアも存在する。
ライセンス取得者
ハンター試験を合格しハンターライセンスを持っているが、後述の裏試験にまだ合格していない人。ライセンスを持っているので各種特権を利用出来るが、念を体得していないのでハンターとしての実力は半人前以下としか見られない。(例レオリオ)
プロ
ハンター試験を突破し、かつ裏試験にも合格した人。ハンターとしての実力は、念を体得して初めて一人前と言われる。(例ゴン、キルア)
一ツ星(シングル)
プロハンターの中でも、ある1つの分野で大きな成功を残したハンターに贈られる称号。ハンターライセンスに星マークが1つ刻まれる。(例メンチ、ツェズゲラ)
二ツ星(ダブル)
プロハンターの中でも、さまざまな分野で大きな成功を残したハンターに贈られる称号。ハンターライセンスに星マークが2つ刻まれる。(例ジン=フリークス)
三ツ星(トリプル)
プロハンターの中でも、歴史的な発見や世界的な偉業を成したハンターに贈られる称号。世界に10人といないと言われる。一ツ星・二ツ星からさらにハンターライセンスに星マークが3つ刻まれると思われるが、作中にはまだ三ツ星ハンターが登場していないので不明(ジンはこの階級に相当するが、本人曰く申請に行くのが面倒くさいという理由でダブルに留まっている)。

裏試験

正規のハンター試験に合格した人間に、念能力の習得をさせるための秘密裏で行われている試験。この試験に受かり念を習得しないと真のハンターではないと言われている。ただし、既に念を習得している者には課せられない。

千耳会

プロハンターに仕事の斡旋をする仲介所。斡旋の最低条件は念を使えること。斡旋嬢のレイがクラピカにノストラード組を紹介した。

協専ハンター

ハンター協会が政府や企業から依頼された仕事を専門に請け負う協会所属のハンター。協会の斡旋専門を略し「協専」のハンターと呼ばれる。仕事の成否に関わらずリスクや難易度に応じた報酬が与えられるためこれを職業としているハンターが多い。この機関が次期会長の座を狙う副会長派と癒着しているとの噂がある。モラウは、副会長派が会長のネテロを辞任に追い込むため、あえて討伐任務に最適ではないハンターを送り出し、討伐を失敗させていると推測している。

念能力

Template:Small

自らの肉体の精孔(しょうこう)という部分からあふれ出る、「オーラ」とよばれる生命エネルギーを、自在に操る能力のこと。念を使う者を「念能力者」と呼ぶが、一般人の間では念能力の存在自体が知られていないことも多く、霊能力者・超能力者と呼ばれていることも少なくないと言う。

作中では戦闘に使用する能力が代表的だが、必ずしも戦いのための能力に限らず、例えば芸術の分野等で特に優れた能力を持つ者などは念能力に目覚めている場合がある(本人がそれに気付いているかは別)。例えばコムギはキメラアントの王との対局の中で能力に目覚めたが、本人は念能力を使用している意識はないようである。

ハンターは仕事柄未知の領域に踏み込むことが多く、念が使えないと(念を扱うほどの実力がないと)一人前のハンターとして認めてもらえないばかりか、命を危険に晒しかねない。

念の基本(四大行)

纏(てん)
オーラが拡散しないように体の周囲にとどめる技術。纏を行うと体が頑丈になり、常人より若さを保つことが出来る。
絶(ぜつ)
全身の精孔を閉じ、自分の体から発散されるオーラを絶つ技術。気配を絶ったり、疲労回復を行うときに用いられる。
練(れん)
体内でオーラを練り精孔を一気に開き、通常以上にオーラを生み出す技術。
尚、ハンター同士のスラングで「修行の成果を見せる」ことを「練を見せる」と呼ぶ(その際求められるのは「練」ではなく「発」である)。
発(はつ)
自分のオーラを自在に操る技術。念能力の集大成。必殺技ともいわれる。

念の方便 (燃)

念の指導者が、念を教えてはならない相手に話すときに使う方便だが、本来の念を用いるための精神修養にも繋がるため、あながち嘘でもない。「燃」とは、心を燃やすこと。

点(てん)
心を一つに集中し、自己を見つめ、目標を定めること。
舌(ぜつ)
頭に想い描いた目標を、言葉にすること。頭で思うだけでも構わない。
錬(れん)
点で想いを増幅させ、舌で言葉にし、錬でその意志を高めること。
発(はつ)
錬によって高めた意志を実際に行動に移すこと。

念の応用技

応用技は四大行と比べ疲労が激しい。

周(しゅう)
「纏」の応用技。物にオーラを纏わせる技術。刃物の切れ味を強化するなど、対象物の持つ能力を強化する。しばしば「硬」と併用される。
隠(いん)
「絶」の応用技。自分のオーラを見えにくくする技術。
「凝」を用いても、全ての「隠」を見破ることが出来るとは限らない。(例:天空闘技場でのヒソカの「隠」とキルア・ゴンの「凝」など、力量差が激しい場合)
凝(ぎょう)
「練」の応用技。オーラを体の一部に集め、増幅する技術<ref>ハンターズ・ガイドによると、「凝」は目に集中させ視力を強化する事だけを意味し、身体能力向上の為に他の部位に集中させる事はすべて「硬」と呼ぶ、と言う記述があるが、作中では例えばゲンスルーが手や足にオーラを集中させる事も「凝」と呼んでいる事、「硬」はあくまで「絶」をも併用した技術である事を踏まえ、本項では目以外に集中させる事も「凝」と分類する。</ref>。オーラを集中させた箇所は攻防力が飛躍的に上昇し、その他身体能力も上がる。
打撃の際に手や足に集中させて威力を増したり、首やみぞおちなどの急所に集中させて致命傷を逃れたりと様々な局面で使われる技術だが、通常ただ「凝」と言う場合は、目に集めてオーラを見ることを意味する。熟練者は「凝」で隠されたオーラをも見ることが出来る。
通常はどこか1箇所に「凝」を行うが、熟練した者は複数箇所で同時に「凝」を行う事が出来る。(後述の「流」参照)
堅(けん)
「纏」「練」の応用技。「練」で増幅したオーラを維持する技術。念での戦いは主に「堅」を維持したまま闘うことになり、これが解けると(解くと)防御力が著しく落ちるため、よほど実力に差がない限り一瞬で敗北という状況にもなりうる。維持する時間を10分間伸ばすだけでも1ヶ月掛かると言われている。
円(えん)
「纏」「練」の応用技。体の周囲を覆っているオーラを自分を中心に半径2m以上広げ、1分以上維持する技術。「円」内部にあるモノの位置や形状を肌で感じ取ることができる。その広さは個々人によって異なり、達人になると数百m以上に達する場合もある。
通常は本人を中心とした円形にオーラが広がるが、例外もある。コルトピは「コピーした物体の内部およびその表面」が円の範囲であり、ネフェルピトーは自身の意思で円形からアメーバ状に一部分だけを伸ばしたり、円内部に空洞を作ったりする事が可能である。
硬(こう)
「纏」「絶」「練」「発」「凝」を複合した応用技。練ったオーラを全て体の一部に集め、特定の部位の攻撃力・防御力を飛躍的に高める技術。「凝」の発展形とも言える。
「凝」による強化との違いは、「絶」を併用してオーラをより強く集中するため、攻防力が桁違いに高いと言う事である。その代わり、オーラを集中していない箇所はオーラが薄くなるのではなく「絶」状態になってしまうため、攻防力は「凝」の時よりもがた落ちする。ゴンはウィングのアドバイスを元に自らこの応用技にたどり着いたため、特に思い入れが強い様子。
流(りゅう)
「凝」の応用技。オーラを体の各部に意識的に振り分ける技術。
「凝」の項目にあるとおり、「凝」は他の部位の攻防力が落ちるのでリスクを伴う技術である。しかし、未熟な者はオーラを集中させるのに時間がかかったり、力んだ箇所にオーラが集中してしまったり、集中するオーラ量に加減がきかなかったりする。
そうなると「凝」での打撃のつもりが「凝」が間に合わず素手での打撃になってしまったり、相手の攻撃を察知してからでは「凝」での防御が間に合わなかったり、フェイントをかけたつもりが「本命」の方にオーラが集まってしまっていてバレバレだったり、不必要にオーラを浪費してしまったり…と言う問題が起こる。
それらを解決するため、「凝」を素早く行う技術や、「凝」に使うオーラを必要最低限の量でセーブする技術、複数箇所で同時に「凝」を行う技術などが求められる。これらを総称して「流」と呼ぶ。この「流」による攻防力移動は、念能力者同士の戦いにおいて基本であるとともに、奥義でもある。

系統

thumb|六性図。近い系統は習得しやすく、遠い系統は習得しにくい。 念能力は、オーラの使われ方によって6つの系統に分類される。念能力者は例外なくこれらのいずれかの系統に属した性質を持っており、それがその者の「才能」でありその系統の能力を最も高いレベルまで身に着けることが出来る。これらは6角形の図で表されるような相関関係を持っており、それぞれ相性の良い系統・悪い系統が存在する。自身が属する系統と相性の良い系統は(天性の系統には及ばないまでも)高いレベルで身に着けることが可能であり扱う際の威力・精度共に高いが、そうでない系統は本来の系統から遠い能力ほど習得できる念のレベルと共に念の扱いが不得手となる為に威力や精度が落ちる。

念能力の中には複数の系統の能力を必要とする能力が存在するが、相性の悪い系統を組み合わせた能力は習得が困難で高いレベルまで完成させられないなどのデメリットが存在する。そのため能力を身に着けるならば自身の系統にマッチしたものが良いとされるが、実際に身につける能力がどんなものになるかは本人の性格や嗜好にも強く左右される。

強化系
モノの持つ働きや力を高める能力。主に自分自身を強める能力者が多い。自分自身を強化すると、攻撃力だけでなくダメージ全般に対する抵抗力や治癒能力も高まるため、この系統そのものを極めるのが最もバランスが良いと考えるものもいる。
放出系
通常は自分の体から離れた時点で消えてしまうオーラを、体から離した状態で維持する技術。この系統の能力としては、単純にオーラの塊(=念弾)を飛ばす技が最もポピュラーである。また、体外に離した人の形などに留め操作系の能力で操作するという使い方もある。具現化系や操作系などと併用される事が多い。
変化系
自分のオーラの性質を変える能力。オーラに何かの形をとらせる技術も変化系に分類される。
オーラ自体を別の何かに変えるという点では、具現化系と共通点のある系統であるが、変化系はオーラの形状と性質を変化させ、具現化系はオーラを固形化させ物に変えるという違いがある。具現化系と同じく、オーラを別の何かに変えるには、その「何か」に対する強いイメージが不可欠である。
操作系
物質や生物を操る能力。オーラ自体に動きを与える能力や、他の何かにオーラを流し込み、それの動きを操る能力もある。前者である場合、具現化系・放出系など他の能力と併用する事が多い。逆に後者の場合は操作系能力単体で完結する事も可能であるが、道具などを操作する能力である場合、道具に対する愛着や使い込みが能力の精度に影響する事が多く、その道具を失うと能力が発揮できなくなるリスクがある。
具現化系
オーラを物質化する能力。オーラに形を持たせるという点では変化系と共通する部分がある。オーラを物質化するほどに凝縮するには相当に強いイメージが必要である。物質化したものに特殊な能力を付加する者が多い。また、人間の能力の限界を超えたものは具現化できない。(例:なんでも斬れる刀等)
特質系
他の5系統に分類できない特殊な能力。血統や特殊な生い立ちによって発現する。他の系統に属する者でも後天的に特質系に目覚める可能性がある。特に特質系と隣り合う操作系と具現化系の能力者が特質系能力に目覚める可能性が高いとされている。

オーラの系統判別方法

念能力者のオーラがどの系統に属しているかを判断できる代表的な方法に「水見式(みずみしき)」がある。「ヒソカ独自の性格分析」というものも存在する。

水見式
グラスに溢れるぐらいの水を入れて、その上に葉っぱ(軽くて水に浮かぶものなら何でも良い)を浮かべ、両手をグラスの脇にかざし「発(練)」を行う(尚、パームはコーヒーを入れたコップの取っ手を握っている状態で「練」を行っても強化系の変化が起きたため、この方法は純水でなくても、また手はかざす状態でなくても近くにあれば診断できる可能性はあるが、味や色など正しく判別できない可能性があるので適切ではない)。その時の変化で自分のオーラがどのタイプに属するがか分かる。心源流に古くから伝わる方法。変化の度合いは本人の力量に左右されるため、念を覚えたての未熟な者が行っても、分かるほどの変化が見られない場合もある。ゴンが最初に試したときはコップ側面を一筋だけ水が伝った程度であったが、修行を重ねた後では水が滝のように溢れ出した。
  • 強化系 - グラス内の水の量が変化する。(例:水の量が増える)
  • 放出系 - グラス内の水の色が変化する。
  • 変化系 - グラス内の水の味が変化する。(例:甘くなる)。
  • 操作系 - 水面に浮かぶ葉っぱが動く。
  • 具現化系 - グラス内の水の中に、不純物が生成される。
  • 特質系 - 上記以外の変化が起きる。(例:葉っぱが枯れる)。
ヒソカの性格分析
ヒソカが独自に編み出した独断と偏見による識別方法のため、実際に当たっているかどうかは不明。
  • 強化系 - 単純で一途。意志が強く熱血。分析通りの人物はゴン、ウイング、ウボォーギン、フィンクス。
  • 放出系 - 短気で大雑把。情に厚い。分析通りの人物はレオリオ、フランクリン。
  • 変化系 - 気まぐれで嘘つき。謎めいた面も。分析通りの人物はキルア、ヒソカ、ビスケ、ゼノ。
  • 操作系 - 理屈屋・マイペース。分析通りの人物はイルミ、シャルナーク、ズシ。
  • 具現化系 - 神経質で几帳面。分析通りの人物はクラピカ、シズク、コルトピ。
  • 特質系 - 個人主義・カリスマ性あり。分析通りの人物はクロロ、パクノダ、ネフェルピトー。

制約と誓約

念能力を使用する際に、あらかじめ制約(ルール)を決めて、それを遵守すると心に誓う。その制約が厳しいほど、使う技は爆発的な威力を発揮する。しかし、厳しい制約はイコール破ったときのリスクの厳しさでもあり、誓約を破ればその反動で能力やその者の命すら失う危険性がある。顕著な例として、クラピカ束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)という能力がある。

また、強力な能力ほど発動条件や踏まなければならない手順が複雑になる傾向がある。このパターンの場合は破ったときのリスクが付くことは少ないが、その分条件が格段に厳しい場合が多い。例として、ゲンスルーは条件無しで掴めば何でも爆破出来る「一握りの火薬」に対し、「相手に触れてボマーという」「対象の前で能力の説明をする」「6000カウント経過するor仲間と指を合わせてリリースと言う」の3つのステップを付け加えた「命の音」の威力はおよそ10倍にも跳ね上がる。

キメラアント編ではこの「使い勝手を悪くすることで能力を強化する」という制約が多くなる。ナックルの「天上不知唯我独損」に至っては「相手の反撃をかわしつつ敢えてオーラを与える」という条件で30日間強制的に相手を絶の状態にするという能力を実現している。

個別能力

能力使用者の個性が色濃く反映される特殊能力。例えば「物を具現化する」という意識が強いとその能力が目覚める。これは自分の系統と異なる場合でも目覚めることがあり、自分の系統と一致すればより強い能力となる。これは気持ちで能力の強弱が決まるため、好戦的である方が強い(=戦闘向きな)能力に目覚めることが多い。

地域・施設・兵器

上空の交通手段に気球や飛行船を使うなど機械文明はやや遅れているが、国民の情報管理が徹底しているなど電子機器やネットワークは高度に発展している世界である。

ハンター試験編

くじら島
ゴンの出身地。名前の通りくじらの形をしている島。
ザバン市
第287期ハンター試験会場となった港町。最寄港にドーレ港がある。一本杉には凶狸狐が棲む。
ヌメーレ湿原
第287期ハンター試験第1次試験会場。通称“詐欺師のねぐら”と呼ばれる。人面猿やキリヒトノセガメ、マチボッケ、ホラガラス、ジライタケ、サイミンチョウなどの珍獣が多く生息する湿原。とても霧が濃く気をつけないと珍獣の餌食となる。
ビスカ森林公園
第287期ハンター試験第2次試験前半会場。世界一凶暴な豚・グレイトスタンプが生息する森林公園。
ジャポン
ハンゾー、バショウの出身国である小さな島国。「和」を重んじる。諸文化は数少ない文献でしか紹介されていない。スシはこの国の伝統料理。
マフタツ山
第287期ハンター試験第2次試験後半会場。ビスカ森林公園にある山で名前の通り真ん中で真っ二つに割れていて間を河が流れている。間の渓谷にクモワシが生息する。
トリックタワー
第287期ハンター試験第3次試験会場。様々なトラップが仕掛けられている塔。人面鳥が付近を飛行しているため外壁を降りるのは危険。
軍艦島
第287期ハンター試験第3次試験エクストラ会場。アニメオリジナル。
ゼビル島
第287期ハンター試験第4次試験会場。

キメラアント編

カキン国
アイジエン大陸(形はアジア大陸)の中央に位置する国。カイトたちが新種調査に来ていた。
ミテネ連邦
ヨルビアン大陸(形は北米大陸)バルサ諸島に属する島で4つの共和国と1つの自治国からなる連邦国家。西端からNGL自治国、ロカリオ共和国、ハス共和国、西ゴルトー共和国、東ゴルトー共和国と位置している。島の形はデヴォン島カナダ)を参照。
東ゴルトー共和国
ミテネ連邦に属する共和国。共和制とは名ばかりで、マサドルデイーゴ総帥による独裁国家。一部の高級官僚以外は非常に低い生活水準を強いられているが、独特の密告システムにより脱走者は殆ど居ない。総帥の容姿や国家体制を考えてモデルは北朝鮮と思われる。
指組
東ゴルトー共和国で、亡命や脱走者を防ぐために敷かれている密告システム。
国民は全て5 - 10人程度のグループに分けられ、もし脱走者などが出た場合は、全く関与していなくてもグループ全員が連帯責任を負わされ同様の処罰を受ける。逆に、他のグループの脱走者などを発見し密告した場合は褒賞が与えられる。この為、脱走等に対しては軍隊や警察以上に、国民同士が強く監視し合っている。
尚、家族などの親しい間柄で結託する可能性が高い者達は全て別々のグループに所属させられる。
宮殿
キメラアント編(王誕生編)の主な舞台であり、決戦の場でもある。
右塔・左塔・中央塔・中庭で構成されており、右塔・左塔は2階建て、中央塔は3階建てである。地下5km北部にはA・B・C・D・Eの5つの格納庫がトンボ状に存在し、エレベーターで上昇する際には暗証番号を必要とする(一度の入力間違いだけでも扉がロックされる)。ビゼフとマルコス以外は昇降時には重量も厳しくチェックされ、重量が著しく異なる場合は総帥に報告がいく。ビゼフはDの倉庫を自由に使う権利を与えられている。
王はデイーゴの殺害後、この宮殿を肉樹園と名づけ国民の食糧化、及び「選別」の拠点とした。そのため、討伐隊は選別が行われる当日に一斉に宮殿進入を決行し、護衛隊との戦いを開始する。
NGL自治国
ミテネ連邦に属する一国。エコロジーの団体組織「ネオグリーンライフ(略称NGL)」の自治国であり人口217万人のうち99%が団体員、残りの1%は支援ボランティアで構成される。機械文明を捨て自然回帰の生活と自然保護を目的としており、金属や電子機器、石油製品やガラス製品などの持ち込みは法律で禁じられている。銀歯や整形用シリコンなどが体内にある者は摘出しない限り入国できない。違反した場合最悪極刑もありうる。このように厳しい自然回帰を目的とする国であるが、裏ではNGLの創設者にして影の「国王」であるジャイロを中心に国そのものを隠れ蓑として麻薬製造などを行っており、当然その施設には機械もあれば銃器なども存在する。このことを知るのはジャイロ以外には一部の幹部のみであり、ほとんどの国民はその事実を知らない。
ロカリオ共和国
ミテネ連邦を構成する共和国。運河を国境としてNGL自治国に隣接する。
西ゴルトー共和国
ミテネ連邦に属する共和国。
ハス共和国
ミテネ連邦に属する共和国。


貧者の薔薇(ミニチュアローズ)
低予算で驚くほどの殺傷力、技術の確立によっては短期間での大量生産が可能になる小型爆弾。独裁小国家に好まれている。爆煙が1輪の薔薇の姿を成しているのでこう呼ばれている。
250を超える国や地域で使われ512万人の命を奪っている。新たな生産を禁じる国際条約が制定されたが、現在保有している薔薇の廃棄と使用禁止に8割以上の国が難色を示している。
人間の底知れぬ悪意の象徴として登場。現実世界で言うNBCR兵器のような存在。

その他

パドキア共和国
キルアの出身国。
ククルーマウンテン
ゾルディック家が所有するパドキア共和国デントラ地区にある山。標高3722m。
天空闘技場
格闘のメッカとも呼ばれる251階、高さ991mからなる塔。世界第4位を誇る建物。小遣い稼ぎに多くのハンターが利用する。フロアが上がるごとにファイトマネーも上がる。多くの選手はフロアマスターを目指している。フロアマスターになればバトルオリンピアへの出場権が得られ、バトルオリンピアで優勝すれば塔の最上階を自宅とする事が出来る(係員はこの最上階の自宅を世界で最も高い位置にある家と誇っていたが、実際はキルアの実家のあるククルーマウンテンの標高の方が高かった)。
主に199階以下と200階以上で分けられる。199階以下は通常の格闘が行われ、上記の通り、勝つたびにファイトマネーが得られる。また、上の方のフロアでは選手に個室が用意されるようになったりと、待遇も良くなっていく。1階で最初に受付をした後予選のような形式で戦い、実力のレベルによっては50階などから参加する事になる場合もある。
200階よりも上は念を体得した者のみが足を踏み入れることが出来る領域となっている。中には無視して念を知らないまま戦いに挑む者も居るが、そういう者は念能力者と"裸で"戦い洗礼を受け、時に体の一部と引き換えて(ギドやサダソなど)念能力に目覚める。ゴンとキルアはウィングに念を教えてもらって初めて200階に足を踏み入れることが出来た。なお、200階からはファイトマネーが無くなり、名誉のみの戦いになる(個室などの待遇は199階と変わらない)。
また、係員や解説者は念の存在を一切知らず、戦いで何が起こっているのか把握できていないことも多い。
ヨークシンシティ
ヨルビアン大陸の西端にある都市で、毎年9月には大規模なオークションが開催される。モデルはニューヨーク市でアニメ版では背景に同市の映像も用いられた。
ルクソ地方
クラピカの出身地。クルタ族がかつて住んでいた。
流星街
なにを捨てても許される場所。政治的空白地であり、ここには誰が何を捨てても一切の干渉がない。通常子供が生まれると世界全域に渡るスーパーコンピュータに個人情報が登録され、この世のいかなる人物もスーパーコンピュータにアクセスすれば来歴を知る事が出来るが、生まれてすぐここに捨てられた子供は登録がされず、「この世に生まれた痕跡すらない人間」となる。人口は公式的に無人とされているが約800万人。最初は独裁者の人種隔離政策によって誕生した街だが、紆余曲折を経て多くの人種が住み着く事となった。政治的空白地であるが無法地帯と言うわけではなく、議会制度がある模様。住民同士の同族意識は非常に高く、何らかの事情で虐げられた場合には自爆テロまでして報復をしたこともある程。幻影旅団のメンバーのうちの何人かの出身地。
基本的には廃棄物を投下する場所であるが、ゴミ捨ての名目で、マフィアンコミュニティがここの住人達に武器提供を行っている。その見返りとして、「社会的に存在しない人間」というマフィアンコミュニティにとって貴重な人材を得ており、二者は蜜月関係にある。幻影旅団は、流星街出身者を主なメンバーとしながらも、ヨークシンシティでマフィアンコミュニティに対して牙を剥いたため、流星街の人間としては異質であると言える。
グリードアイランド
ジン・フリークスとその仲間たちが念で作った念能力者専用のゲーム。詳細はグリードアイランドを参照。

アニメ

概要

テレビアニメ1999年10月16日 - 2001年3月31日までフジテレビ系で放送。全62話。ただし、土曜18:30 - 19:00枠がローカルセールス扱いだったため、系列局の中には、上記日程では本作を放送せず、自社制作番組・フジテレビ系の遅れネット番組・他系列番組を放送したところがあった。同時ネットはさくらんぼテレビ(途中から遅れネットに移行)・富山テレビテレビ西日本の3局のみで、関西テレビテレビ新広島などは遅れネットとなった。山陰中央テレビは本放送終了後に放送。秋田テレビ福島テレビ新潟総合テレビ福井テレビ岡山放送テレビ愛媛サガテレビテレビ長崎テレビくまもとテレビ宮崎鹿児島テレビ沖縄テレビでは放送されなかった。また遅れネットで放送していたテレビ大分は途中で打ち切りとなった。なおOVA版の方はフジテレビ系列及びBSフジでは未放送であるが、アニマックスのみ放送されている。本作品は海外でも放送されているが(台湾等)、海外ではOVAを含め全92話放送されている。

タイトルロゴは原作とは異なり、「ハンター×ハンター」とカタカナで表記されている(OVA版以降は原作同様)。原作における残虐なシーンは表現を修正している。また、修正だけでなくカットされた部分もあり、天空闘技場でのヒソカ対カストロ戦は丸々カットされ、試合の前後とごく僅かな回想が放送されたのみであった。原作では天空闘技場で念能力者から洗礼を受けたキャラクターは身体に障害を負った形で登場したが、アニメ放映時に表現がふさわしくないとのことから、洗礼を受けたが障害を負わずに済み、念能力を得て生き残ったとして描かれている。また、理由は不明だが物語後半のヨークシン編からは一転して、ほとんど残虐描写に規制がかけられていない。

本アニメでは原作を大きく外れるオリジナルストーリーの挿入は殆ど見られない。唯一完全なオリジナルストーリーとなったのは18話から20話のみである。一方で、

アニメでトリックタワー攻略時、外壁をロッククライミングで降りようとしたが怪鳥の餌になったキャラクター(第287期 NO.86番ハンターライセンスなし)を演じたのは原作者・冨樫義博本人である。また、33話では音響監督の平光琢也シークアント役の声優も担当している。32話より赤星昇一郎ゼブロ役で出演していたので、レオリオ役郷田ほづみとあわせて怪物ランドのメンバーが集合した形となった。この回のみEDクレジットのキャスト欄でレオリオの位置が他二名に合わせて通常より後ろに移動し、(怪物ランド)と表記されている。

番組の終焉

原作の休載回数が多く、アニメの内容が原作の展開に追いついてしまった為、テレビ放送は終了。最終回では提供ベースに今後の展開を暗示するイラストが使われたが、遅れネット局の一部では、局のシステムの都合でブルーバックで提供スポンサー名を表示していた関係上、見ることが出来なかった地域もあった。

本番組の終了後、フジテレビ系列における日本アニメーション制作の全国ネットアニメ番組は現在も続く『ちびまる子ちゃん』のみとなったが、2007年にBSフジで『世界名作劇場』(第1作は「レ・ミゼラブル 少女コゼット」)が復活。2008年にはノイタミナ枠で『西洋骨董洋菓子店 〜アンティーク〜』が放送されている。

なおTV版最終回は当初アニメオリジナルの結末になる予定だったようで、その絵コンテらしきもの数点がネットオークションにかけられたことがある。

OVA化

その後、続編がOVA化され、ヨークシンシティー完結編を描いた第1期『HUNTER×HUNTER』(4巻8話)、グリードアイランド編を描いた第2期『HUNTER×HUNTER GREED ISLAND』(4巻8話)および第3期『HUNTER×HUNTER G・I Final』(7巻14話)までが発売された。

初期のテレビシリーズ第60話でのラストシーンでは、クロロの台詞「向かうならがいい」が、「向かうならがいい」と言い間違っている部分も、DVD版では修正されている。

テレビアニメ化以前に、テレビシリーズとは異なるスタッフとキャストで制作されたパイロット版がジャンプ・スーパー・アニメツアー'98のイベント内で限定放映されたことがある。OVAは非売品で、応募者全員サービスとして販売された。また、同作品には原作者の冨樫義博が声優として特別出演している(どのキャラクターなのかは不明)。

スタッフ

Template:Small

製作 - フジテレビ・日本アニメーション(TV)、HUNTER×HUNTER OVA制作委員会(OVA)、集英社『週刊少年ジャンプ』(パイロット版)

声優

  • ゴン=フリークス - 竹内順子
  • キルア=ゾルディック - 三橋加奈子
  • クラピカ - 甲斐田ゆき
  • レオリオ - 郷田ほづみ
  • ヒソカ - 高橋広樹
  • クロロ=ルシルフル - 永野善一
  • ネオン=ノストラード - 前川優子
  • マチ - 並木のり子
  • イルミ=ゾルディック - 高乃麗

サブタイトル

テレビシリーズ

話数サブタイトル脚本コンテ演出作画監督
1旅ゆく少年×風の音を残して岸間信明加藤敏幸</br>佐山聖子加藤敏幸河南正昭
2出会い×とまどい×出航安積惣一宮下新平加瀬政広
3プライド×荒海×決闘須永司吉田俊司波風立流
4選択×近道×まわり道菅良幸松下ユキヒロ花井信也今泉賢一
5ウソ×ホント?×キリコ岸間信明須永司鈴木芳成河南正昭
6ステーキ×マラソン×試験開始十川誠志安積惣一細田雅弘加瀬政広</br>入好さとる
7トラウマ×限界×甘いワナ渡辺浩</br>古橋一浩吉田俊司柳沢マサヒデ
8奇術師×ほほえみ×猛獣注意山口亮太松下ユキヒロ津田義三崎山知明
9メンチ×マジギレ×二次試験?岸間信明須永司鈴木芳成河南正昭
10赤点×パニック×天の声菅良幸原博花井信也今泉賢一
11探検×スポ根×密航者山口亮太須永司吉田俊司松島晃</br>田頭しのぶ
12良い子?×悪い子?×キルア古橋一浩</br>松下ユキヒロ細田雅弘初見浩一
13賛成×反対×おとし穴十川誠志須永司鈴木芳成河南正昭
14ローソク×ポリシー×なかま割れ菅良幸鈴木孝義水野知己
15はかない×いのち×マジタニ十川誠志寺東克己吉田俊司松島晃
16グー?×チョキ?×ハート岸間信明松下ユキヒロ元永慶太郎加瀬政広
173人?×5人?×最後の選択菅良幸加藤敏幸田頭しのぶ
18お宝×思い出×ホテルの小部屋山口亮太原博花井信也今泉賢一
19バラバラ×日誌×水びたし十川誠志寺東克己鈴木芳成河南正昭
20大波×大砲×大あわて岸間信明松下ユキヒロ</br>古橋一浩吉田俊司松島晃
21第4次×44×死のナンバー菅良幸須永司細田雅弘初見浩一
22見つけた×かくれた×追いついた山口亮太松下ユキヒロ吉田俊司田頭しのぶ
23ヒソカ×激突×ゴン十川誠志入好さとる元永慶太郎後藤隆幸
24ダメージ×再会×からげんき菅良幸須永司鈴木芳成河南正昭
25ニョロ2×チク2×穴の中岸間信明松下ユキヒロ花井信也今泉賢一
26会長×面接×ペーパーテスト山口亮太寺東克己吉田俊司松島晃
27ヒソカ×クラピカ×蜘蛛の囁き十川誠志細田雅弘崎山知明
28おしゃべり×ヘリクツ×根くらべ菅良幸須永司鈴木芳成田頭しのぶ
29合格!×失格?×試験終了岸間信明松下ユキヒロ津田義三後藤隆幸
30キルア×リタイア×強制送還十川誠志小林孝志松下ユキヒロ河南正昭
31解散×パーティ×くされ縁菅良幸香川豊花井信也今泉賢一
32観光×名所×キルアんち岸間信明須永司吉田俊司松島晃
33特訓×猟犬×バタンキュー山口亮太松下ユキヒロ細田雅弘初見浩一
34スケボー×見習い×本当の気持ち十川誠志寺東克己鈴木芳成田頭しのぶ
35キルア×おしおき×家族会議菅良幸松下ユキヒロ津田義三崎山知明
36コイン×再会×おめしかえ岸間信明松下ユキヒロ河南正昭
37天空×ファイト×武者修業十川誠志香川豊花井信也今泉賢一
38燃×念×ネン?山口亮太須永司吉田俊司松島晃
39裏ワザ×登録×バトル開始菅良幸松下ユキヒロ細田雅弘初見浩一
40二ヶ月×お休み×念には念を岸間信明加藤敏幸鈴木芳成田頭しのぶ
41バンジー×パンチ×一本勝負松下ユキヒロ津田義三後藤隆幸
42ヒソカの愛×決着×ゴンの本気加藤敏幸松下ユキヒロ田頭しのぶ
43才能×苦悩×ころしの本能菅良幸松下ユキヒロ細田雅弘初見浩一
44雑魚×おかたづけ×試験終了!?十川誠志寺東克己吉田俊司松島晃
45制約×誓約×戒めの鎖山口亮太松下ユキヒロ津田義三後藤隆幸
46ただいま×お帰り×ぼくキルア岸間信明加藤敏幸鈴木芳成田頭しのぶ
47父×(秘)×告白菅良幸原博花井信也今泉賢一
48クラピカ×黒い眼×最初の仕事十川誠志松下ユキヒロ松島晃
49心音×クラピカ×ダウジング松下ユキヒロ細田雅弘初見浩一
50キルア×一攫千金×狩人の酒場菅良幸加藤敏幸田頭しのぶ
51クモ×ヨークシン×全員集合岸間信明松下ユキヒロ津田義三浅野恭司
52地下競売×全滅×マシンガン菅良幸古橋一浩吉田俊司松島晃
53旅団×陰獣×コミュニティー岸間信明松下ユキヒロ花井信也日向正樹
54ヒソカ×同盟×クモ退治十川誠志松下ユキヒロ田頭しのぶ
55ウボォー×クラピカ×覚悟の旋律山口亮太嵯峨敏永島明子
56緋の眼×決闘×命の代償菅良幸加藤敏幸</br>古橋一浩吉田俊司松島晃
57ゴン×お宝×危うい男岸間信明松下ユキヒロ津田義三加瀬政広
58ゴン×キルア×命がけの尾行山口亮太松下ユキヒロ田頭しのぶ
59蜘蛛の巣×とらわれ×殺し技菅良幸原博花井信也今泉賢一
60クラピカ×暗殺団×ゾルディック山口亮太加藤敏幸松島晃
61クモ集結×ゾル家×最終決戦の時岸間信明嵯峨敏後藤隆幸
62クラピカ×仲間×クモの最期古橋一浩田頭しのぶ

OVA第1期 ヨークシンシティー完結編

  1. 蜘蛛×死体×フェイク
  2. 仲間×変装×地獄耳
  3. 追跡×逃亡×走り出した蜘蛛
  4. 人質×虫けら×伝わった思い
  1. 時報×暗闇×放たれた鎖
  2. 挑発×分裂×振り上げた拳
  3. 交渉×復讐×律する鎖
  4. 想い×断念×引き裂かれたクモ

OVA第2期 GREED ISLAND編

  1. 競売×作戦×80パーセント
  2. 電気×オーラ×必殺技
  3. 練×試練×それぞれの一歩
  4. スタート×呪文×懸賞の街
  1. 勧誘×リスト×最初はグー!
  2. 奪る×奪られる×カード地獄
  3. 山賊×怪物×ビスケット
  4. 修行×原石×シザーハンズ

OVA第3期 G・I Final編 

  1. マサドラ×躍進×爆弾魔
  2. 除念×新年×ハンター試験
  3. 遭遇×クロロ×金粉少女
  4. 接触×レイザー×共同戦線
  5. 再会×ヒソカ×スポーツ勝負
  6. 灯台×8人×ゲームマスター
  7. ジャン×ケン×グー!
  1. 合体×衝撃×バンジーガム
  2. 共闘×ピンチ×宣戦布告
  3. 張り込み×準備×血戦開始
  4. ビスケ×キルア×新必殺技
  5. 気力×凝×一握りの火薬
  6. 冷酷×決意×最終局面
  7. G・I×全クリ×大団円

主題歌

Template:Small

  (OVA第3期のOP及びEDは曲は同じであるが、7話から背景が別のバージョンになっている)

ラジオ

演劇

ミュージカル ハンター×ハンター
2000年12月・2001年8月再演
ミュージカル ハンター×ハンター ナイトメア・オブ・ゾルディック
2002年8月公演
リアルステージ ハンター×ハンター「A Longing for Phalcnothdk 〜蜘蛛の記憶〜」
2004年8月公演

関連商品

コンピューターゲーム

  • 遺志を継ぐ者(WSバンダイ) - 2000年6月1日
  • ハンターの系譜(GBCコナミ) - 2000年6月15日
  • 幻のグリードアイランド(PS、コナミ) - 2000年10月26日
  • 禁断の秘宝(GBC、コナミ) - 2001年4月12日
  • それぞれの決意(WSC、バンダイ) - 2001年4月26日
  • 導かれし者(WSC、バンダイ) - 2001年8月23日
  • 龍脈の祭壇(PS2、コナミ) - 2001年8月30日
  • 奪われたオーラストーン(PS、コナミ) - 2001年9月27日
  • みんな友だち大作戦!!(GBA、コナミ) - 2003年4月24日
  • G・I(グリードアイランド)(WSC、バンダイ) - 2003年4月24日

WSからバンダイ、GBC・PS・PS2・GBAからはコナミから発売。

CD

  • HUNTER×HUNTER BEST DRAMA CD COLLECTION(廃盤となったドラマCDを再収録したもの、マーベラスエンターテイメントより発売)
    • キャラクターIN CD シリーズ Vol.1『ゴン』
    • Chalacter drama CD『ゴン・フリークス』
    • Next Episode Scene1『Zolodeck』
    • キャラクターIN CD シリーズ Vol.2『キルア』
    • キャラクターIN CD シリーズ Vol.3『ヒソカ』
    • キャラクターIN CD シリーズ Vol.5『レオリオ』
  • HUNTER×HUNTER BEST DRAMA CD COLLECTIONⅡ
    • キャラクターIN CD シリーズ Vol.4『クラピカ』
    • Character Drama CD Vol.2『クラピカ』
    • Next Episode Scene2『クラピカ』
    • キャラクターIN CD SPECIAL
    • Next Episode Scene3『幻影旅団』
  • オリジナルサウンドトラック
    • ハンター×ハンター オリジナル・サウンドトラックVOL1
    • ハンター×ハンター オリジナル・サウンドトラックVOL2
    • ハンター×ハンター オリジナル・サウンドトラックVOL3
    • OVA ハンター×ハンター オリジナル・サウンドトラック
    • OVA ハンター×ハンター オリジナル・サウンドトラック グリードアイランド
  • パーソナルコンピューター用アクセサリソフト
  • ハンター×ハンター デスクトップアクセサリ Vol.1

書籍

脚注

Template:脚注ヘルプ

<references />

外部リンク

Template:前後番組

Template:週刊少年ジャンプ連載中 Template:HUNTER×HUNTERca:Hunter × Hunter de:Hunter × Hunter en:Hunter × Hunter es:Hunter × Hunter fa:هانتر × هانتر fr:Hunter × Hunter id:Hunter x Hunter it:Hunter × Hunter ko:헌터 X 헌터 ms:Hunter × Hunter nl:Hunter × Hunter pl:Hunter × Hunter pt:Hunter × Hunter ru:Hunter x Hunter sv:Hunter × Hunter th:ฮันเตอร์ x ฮันเตอร์ tl:Hunter × Hunter zh:Hunter × Hunter

個人用ツール