Gecko

出典: Wikipedio


プライバシー・ポリシー Wikipedioについて 免責事項 Template:Infobox Software [[ファイル:Mozilla Firefox 2 ja.png|thumb|Geckoを搭載するウェブブラウザ(Mozilla Firefox 2.0)]]Gecko(ゲッコー)は Netscapeシリーズ 6以降およびMozillaソフトウェアのために開発されたオープンソースHTMLレンダリングエンジン群の総称である。HTMLCSSXULJavaScriptなどを解釈する。

なお、Geckoは英語トッケイヤモリの意味を持つ。

目次

概要

当初、Mozillaは1998年に公開されたNetscape 5.0へ向けて開発中だったソースコードを元に開発されていたが<ref>Communicator 5.0はどうしたのですか? </ref>、軽量化のために当時買収したDigital Style社の物を使って新規に書き上げられた。このエンジンがGeckoであり、パース部分はW3Cによる勧告に合致することを目標に作成されている。そのため、WebKitなどと同様に(Internet Explorerの独自規格やバグに基づいて)Internet Explorer向けにカスタマイズされたウェブページにおいては、ウェブページ作成者の意図に反した表示となる場合がある。また、1.8系列以前ではWeb Standards ProjectがCSS 2.1のテストとして用意したAcid2に合格していなかったが、1.9系列からは合格している。

このエンジンを使用したユーザエージェントの多くはユーザエージェント名にGeckoやそのユーザエージェントの使用環境などの情報が反映される。

Template:Indent

この例では、Windowsは対象のプラットフォームMicrosoft Windowsであること、Uは強いセキュリティレベルであること、Windows NT 5.1は使用しているシステムWindows NT 5.1であること、jaは利用している言語の設定が日本語であること、rv:1.8.1.1はGeckoのリビジョンが1.8.1.1であること、Gecko/20061204はビルドされた日付が2006年12月4日であること、Firefox/2.0.0.1は以上のようなGeckoを搭載したFirefox 2.0.0.1であることを表している。

主なバージョン変遷

Template:節stub

0.9-1.6
2003年 - 2004年の間サポートされたバージョン。
1.7
2004年 - 2005年の間サポートされたバージョン。
Mozilla 1.7系列、Netscape 7.2、Firefox / Thunderbird 1.0系列に搭載。
1.8
2006年 - 2007年の間サポートされるバージョン。
Firefox / Thunderbird 1.5系列、SeaMonkey (Mozilla 1.8) 系列に搭載。
CSSなどのエラー検出機能を実装。canvas要素のサポート。
1.8.1
2006年 - 2007年以降サポートされるバージョン。
Firefox / Thunderbird 2.0系列、SeaMonkey 1.1系列に搭載。
1.9
Firefox 3.0系列に搭載。Sunbird 0.3系列にアルファ版搭載。
Acid2に合格。
1.9.1
Firefox 3.5、Thunderbird 3.0、SeaMonkey 2.0に搭載。
CSS 3の一部プロパティやHTML 5の一部要素をサポート。
1.9.2
Firefox 3.6に搭載。Thunderbird 3.1に搭載予定。
1.9.3
Firefox 4.0に搭載予定。

Mozilla ActiveX Control

Microsoft Windows上で動作する プラグイン。Mozilla ActiveX Projectにより開発されている。ActiveX をGeckoのブラウザ上から管理したりHTMLレンダリングエンジン部分をコンポーネントとして利用する目的で利用される。

ActiveXの管理機能は安全性の確認されたインストール済みのActiveXをブラウザから管理するためのもので、ブラウザからActiveXを実行したりインストールしたりするためのものではない。<ref>http://www.mozilla-japan.org/start/1.5/faq/browser.html#active-x</ref>

ブラウザエンジンはXULで書かれたプログラムの機能をWindowsネイティブのプログラムから呼び出すことにより軽量化を図ったものである。主にWindowsネイティブのプログラムコードによって開発されたソフトウェアからGecko エンジンを用いたWebページ描画機能を利用可能とするシステム。プログラマは mozctl.dll をソフトウェアに接続することでコンポーネントとしての Gecko エンジンが利用できるようになる。 Webブラウザに使われる場合が多いが、Webページの表示確認などを目的にこれを用いてGeckoエンジンを組み込んでいるソフトウェアも存在する。

Mozilla ActiveX ControlのHTMLレンダリングエンジンとしての機能はXULネイティブなプログラムコードでかかれたものと同一であり、基本的な設定項目なども共通である。ただし、標準装備されたダイアログボックスなどの画面は仕様により XUL ネイティブのものとは表示が異なる。

Geckoを使用するソフトウェア

ウェブブラウザ

その他のソフトウェア

ウェブブラウザだけに留まらず、表示にHTMLやCSSなどを用いる一部ソフトウェアでもGeckoが採用されている。

脚注

Template:脚注ヘルプ Template:Reflist

関連項目

Template:Portal

外部リンク

Template:Mozilla プロジェクト Template:Netscape プロジェクト Template:ウェブブラウザ Template:FOSS Template:FLOSS-stubar:جيكو ca:Gecko cs:Gecko da:Gecko (layout engine) de:Gecko (Software) en:Gecko (layout engine) es:Gecko (motor de renderizado) et:Gecko fi:Gecko fr:Gecko (moteur de rendu) hu:Gecko id:Gecko it:Gecko ka:Gecko ko:게코 (레이아웃 엔진) ml:ഗെക്കോ (സോഫ്റ്റ്‌വെയർ) ms:Gecko (enjin susun atur) nl:Gecko no:Gecko pl:Gecko pt:Gecko (Mozilla) ru:Gecko sv:Gecko (renderingsmotor) th:เกกโก tr:Gecko uk:Gecko uz:Gecko zh:Gecko zh-min-nan:Gecko

個人用ツール