西原理恵子

出典: Wikipedio


Template:漫画 西原 理恵子(さいばら りえこ、1964年11月1日 - )は、日本漫画家高知県出身。ギャンブルや、旅行体験レポートなど、実体験に基づいた大人向けギャグ漫画作品が多い。カメラマン鴨志田穣(故人)との間に一男一女、代表作は『ぼくんち』、『毎日かあさん』<ref name="ms20090427">Template:Citation</ref>など。

目次

経歴

母の実家である漁師の家で長女として生まれる。兄弟は兄がひとり。3歳の時にアルコール依存症の実父と死に別れる。母は再婚し、義父に溺愛されて育つ。

私立土佐女子高等学校在学中に飲酒によって退学処分を受け、その処分を巡り学校側を訴える(本人曰く「おこづかいを前借りして訴訟に踏み切った(自分は)いけいけどんどん派」)。その訴訟の際に、取材に来たフリーライター保坂展人(前社民党衆院議員)と知り合う。

19歳で父の保険金100万円を持って単身上京。美大を目指すが、予備校のテストで最下位を取る。本人は美大には受からないだろうと思い、この頃からカットを描いて売り込みを始める。その後、大検に合格、1年間立川美術学院に通った後、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科に入学し1989年3月同校卒業(本人曰く「しょもない美大に無事受かってしまった」)。大学在学中から飲食店での皿洗いやミニスカパブでホステスアルバイトをしながら成人雑誌のカットを描いていたが、カットを目にした小学館の編集者八巻和弘にスカウトされ1988年『ちくろ幼稚園』(『週刊ヤングサンデー』)でデビュー。

以後はパチンコ雑誌、麻雀漫画誌、漫画週刊誌などに連載を持ち、『週刊朝日』連載のグルメレポ漫画『恨ミシュラン』で一躍人気を博す。ギャンブルマンガを描くには、ギャンブルを知らないといけないということで、ギャンブルに手を出してギャンブル依存症となり、デビューから10年で約5000万円を失う。西原曰く「私が負ければ負けるほど読者の受けがいい」。

1996年に旅行体験レポ漫画『鳥頭紀行』で知り合ったフォトジャーナリスト鴨志田穣と結婚。2児をもうけるも、鴨志田のアルコール依存症や西原の多忙によるすれ違いなどが原因で2003年に離婚。ただその後も絶縁したわけではなく頻繁に会っており、西原のサポートの元、鴨志田はアルコール依存症を克服、『毎日かあさん』(毎日新聞紙上の連載)2006年8月掲載分にて復縁を匂わせ、婚姻届を出さない事実婚の形で同居を再開した。西原は、これら2人の過程を『毎日かあさん』の中に物語として組み込んでいたが、同居再開の時点で鴨志田は末期の腎癌であり、同居再開の半年後の2007年3月20日に死去。葬儀では西原は元妻として喪主を務めた。現在、西原はテレビ番組などで夫と過ごした闘病生活に関してコメントしている。

1997年に『ぼくんち』で文藝春秋漫画賞を受賞する。同作品は観月ありさ主演で映画化されている。2005年に『毎日かあさん(カニ母編)』で文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を、『毎日かあさん』『上京ものがたり』で手塚治虫文化賞短編賞を受賞。

2007年3月の鴨志田の逝去から3ヶ月間活動を休止していたが、親友であるゲッツ板谷原作の映画『ワルボロ』の宣伝用イラスト制作を機に、『毎日かあさん』などの連載を再開している。

2007年5月9日放送の、フジテレビ系テレビ番組『ザ・ベストハウス123』の中で、「最も泣ける本」の第一位として『いけちゃんとぼく』が挙げられた。

2009年には「いけちゃんとぼく」、『女の子ものがたり』が実写映画化され、いずれにも「言わんでもええ意地悪な一言を言う親戚のおばはん」役で出演しており、本人いわく「山村美紗作品における山村紅葉的ポジションを得た」らしい。また4月より『毎日かあさん』がテレビアニメ化されている。また、交流のある高須克弥が院長を務める高須クリニックのCMに出演している(野村沙知代の出演部分を『毎日かあさん』(テレビ東京)と『5時に夢中!』(TOKYO MX)のみ西原に差し替え)。

2010年には菅野美穂主演、吉田大八監督で『パーマネント野ばら』が映画化された他、『この世でいちばん大事な「カネ」の話』が山田優主演でテレビドラマ化されることが決定している。

作風

『まあじゃんほうろうき』『恨ミシュラン』『できるかな』などのエッセイ的な作品における西原自身の破天荒な生き方を綴った部分が「無頼派」と評される一方で、『ゆんぼくん』『ぼくんち』などで見せる叙情的な描写の二面性があるとされる。この「無頼」と「叙情」の絶妙のバランスを見せる作風である。「まあじゃんほうろうき」のコラムで山崎一夫は「彼女がその気になれば、すぐにでも童話作家になれる」とその叙情面を絶賛している。

浜口乃理子倉田真由美など女流漫画家フォロワー(追随者)を生み出すが、いしかわじゅんは「女の無頼は西原理恵子一人で充分」と評している。これについては西原自身も同様に考えているようで、フォロワーであるにも関わらず敵意を示した倉田には「あなたが進んでいる道の先に、私はいない」という意味のアドバイスをしている(ただし女流エッセイ漫画というジャンルは西原以前に成立しており、一概に西原だけの影響下にあるとも言い切れない)。

ちなみに『ぼくんち』の題名は人気漫画であったけらえいこの『あたしンち』から取られている。

『たぬきランド』『アジアパー伝』などの共著作品におけるもう片方の作者への徹底的ないじりも芸風の一つ。とはいえ、共著者、登場人物に対する愛情がにじみ出ていると見る人も多いが、辻仁成中山秀征といった苦手な人物を極端な表現でネタにすることも多い。

絵柄は作品にも左右されるが基本的に非常にラフで、特にギャグ・ドタバタ作品のときは描き殴ったような印象を受ける。自ら「ヘタ」「上達ではなく下達するタイプ」と称しており、実際に『人生一年生』内の企画で、西原と同様いわゆるヘタウマな作風に分類されるしりあがり寿とどちらがヘタか、様々な絵を書き比べたりしている。また、しりあがり寿に対しては、「文化人受けする漫画家」同士としてライバル意識があることを対談などで語っており、自らが「無頼派」ではあるものの華やかな受賞歴を持つ「文化人受けする無頼派」という安全な立場にあることを自覚している。

作品の性質上、西原と親交のある人物が実名で登場することも多く、またそれらの人物に仕事を斡旋することがあり、元夫の鴨志田穣や友人の金角(後に、ゲッツ板谷に改名)・銀角らがライターとしてデビューしたのも西原がきっかけであるとされている。

『いけちゃんとぼく』、『女の子ものがたり』、『パーマネント野ばら』など、自身の作品の映画化が相次いでいる理由を問われ、「不況に強かったかな、と。景気が良かったら、もっとお金のかかる大作を映画化するんだろうけど。私の作品は、現実はキッチリ描くけど、最後はちょっとだけ笑っていただけるところがある。それが不況に強い理由かな。みなさん、精神的にキツい局面なので、夢みたいなセレブ生活なんて見たくないのかもしれませんね。」と自らの作品について語った<ref>自立しないとコワいことに…不況に強い西原理恵子が仕事の大切さを力説 MOVIE collection</ref>。

デビュー当時は原律子のエロギャグを写し書きしていたが、誰からも気付いてもらえなかったことに寂しさを感じたと語っている<ref>西原理恵子の人生画力対決</ref>。

評価

『毎日かあさん』アニメ化など2009年には「サイバラ・ブーム」が注目されている。過去のファミリーアニメと異なり、仕事を持つ母親・シングルマザーでありながら、一見理解不能な子供の行動を「そういうもの」と受け止める懐の深さが、セレブなどとは異なり駄目な側面をも含む母親像の理想として受け止められている。Template:要出典また『いけちゃんとぼく』にある「弱さを見せてもいい」というメッセージが男性にも支持されたと分析されている。作品が特定の出版社に偏っていない事も奏功し、作家25周年記念博覧会では複数の出版社が協賛に連名しているなど、評判の幅広さを物語っている<ref name="ms20090427" />。

アシスタント

アシスタントは麓愛(ふもと あい)、通称「あいちゃん」。主にカラーを担当している。たまに見せる原色を用いた毒々しい色合いも、西原は一切指示せず一任しているという。

自画像

作品内の自画像は度々変化している。初期の頃はおかっぱ頭に黄色のシャツと赤いスカート姿だったが、『まあじゃんほうろうき』では麻雀に負けると羽をむしられた鳥の姿に変身し、『鳥頭紀行ジャングル編』辺りからモンペを穿き手ぬぐいを首に巻いた土木作業員のような格好になり、『鳥頭紀行 くりくり編』にてミャンマーで出家して以降は坊主頭(髪は前髪の一房のみ)と修行衣姿になる(この姿は、本人によれば読者から「腐ったキューピー人形」と投書が来るほど不評だったらしい)。そして2児の母となった現在は、お団子頭を玉かんざしでまとめ割烹着にサンダル履きという「古き良き時代の庶民的おかん」というべき格好をしている(青島幸男扮する『意地悪ばあさん』の伊知割石と、ばってん荒川扮するお米ばあさんを、モデルにしているという)。髪の色は昔から一貫してオレンジ色であるが、西田考治との共作『むいむい』では黒い髪に赤いリボンを付けた腹話術人形を模した姿で描かれている。

また、2007年FXの情報サイトで特集で始まった体験日記「西原理恵子の太腕繁盛記FX」では、初期の頃の風貌の自画像に戻している。

作品リスト

無頼派(ギャンブル関係)

  • まあじゃんほうろうき
  • パチンコにはちょっとひとこといわせてもらいたい
  • デカピンでポン!!(山崎一夫との共著)
  • どばくちさいゆうき(同)
  • サクサクさーくる(同)
  • カモネギ白書(同)
  • たぬきランド(1)-(3)(同)
  • たぬきランド・ネオ(同)
  • たぬきランド・ひふみ(同)
  • パチンコの王道(同)
  • 麻雀で食え(同)
  • 麻雀で食え!!おかわり(同)
  • たぬきの皮算用(同)
  • たぬきの皮算用2(同)
  • たぬきの明細票(同)
  • 高田馬場の三馬鹿物語(同)

無頼派(体験記他)

叙情派

共著

  • 鳥頭対談(群ようことの共著)
  • アホー鳥が行く(伊集院静との共著)
  • それがどうした(伊集院静との共著)2002年双葉社刊後 2005年角川文庫
  • ぜんぜん大丈夫(伊集院静との共著)
  • 恨ミシュラン1-3(神足裕司との共著)
  • はじめてわかる国語(清水義範との共著)
  • いやでも楽しめる算数(清水義範との共著)
  • おもしろくても理科(清水義範との共著)
  • もっとおもしろくても理科(清水義範との共著)
  • どうころんでも社会科(清水義範との共著)
  • もっとどうころんでも社会科(清水義範との共著)
  • 飛びすぎる教室(清水義範との共著)
  • むいむい―りえこさん虫日記西田考治との共著)
  • アジアパー伝シリーズ(鴨志田穣との共著)
  • ブスの壁高須克弥、西原はイラスト担当)ISBN 4103021519
  • 独断流「読書」必勝法(清水義範との共著)ISBN 9784062140577
  • デカピンでポン!!(山崎一夫との共著)
  • どばくちさいゆうき(同)
  • サクサクさーくる(同)
  • カモネギ白書(同)
  • たぬきランド(1)-(3)(同)
  • たぬきランド・ネオ(同)
  • たぬきランド・ひふみ(同)
  • パチンコの王道(同)
  • 麻雀で食え(同)
  • 麻雀で食え!!おかわり(同)
  • たぬきの皮算用(同)
  • たぬきの皮算用2(同)
  • たぬきの明細票(同)
  • 高田馬場の三馬鹿物語(同)

その他

関連項目

人物

脚注

Template:脚注ヘルプ

<references/>

外部リンク

Template:Manga-artist-stub

個人用ツール