福島中央テレビ

出典: Wikipedio


Template:日本のテレビ局 thumb|300px|福島県郡山市池ノ台にある福島中央テレビ本社 株式会社福島中央テレビ(ふくしまちゅうおうテレビ、Fukushima Central Television Co., Ltd)は、福島県放送対象地域とする放送局である。日本テレビをキー局とするNNN系列に属する。略称はFCTで、その他にも「中テレ」という愛称で番組等で使われることが多い。コールサインJOVI-TV。なお、FCTは前述の英語表記の略称であって、Fukushima Chuo Televisionの略ではない。同局のキャラクターは中テレくんである。

目次

キャッチフレーズ

  • 「ふくしまが好きだからFCT」

開局当初から長年にわたって使われた。

  • 「200万人の県民とともに FCT」

現在は使用せず。

  • 「みんながまんなか、FCT」

番組や映画等のCM等12秒のあと、3秒間のフレーズ。現在は使用せず。

  • 「FCTは中テレ中(ちゅうてれちゅう)!」

2006年6月1日の地上デジタル放送開始と同時に制定されたフレーズ。映画の出演者がCMで言う場合はこのフレーズが用いられる。

歴史

  • 1969年5月 1968年より起こった「郡山に新しいテレビ局を…」という県民テレビ運動(新免テレビ運動)から郡山市に設立。その流れからか、福島市に本社のある福島初の民放テレビ局・福島テレビ(FTV)と比較して、現在でも様々な面で郡山色が濃いという独特の特徴がある。
  • 1970年2月1日 サービス放送開始。
    • 4月1日 福島で2番目の民放テレビ局、および福島初のUHF電波によるテレビ局として開局する。フジテレビ(FNNFNS)とNETテレビ(ANN)のクロスネット朝日新聞社が設立に強く関わっていたためか、東北では一部を除いてNETテレビの同時ネット番組が開局以来よく放送されていた。他に福島民友新聞社読売新聞系列)の資本も加わっている。
  • 1971年4月1日 カラーテレビ放送開始。FCTのカラーテレビ放送開始で、日本国内全てのテレビ局でカラー放送が実施された。(注:1970年4月1日に開局してから1年間はモノクロテレビ放送だった。UHF局が同時カラー開局を達成できなかったのはこの局が唯一である。)
  • 1981年9月30日 この日テレビ朝日系列及びANNを脱退。最後に放送されたニュース番組はANNニュースライナー
    • 10月1日 福島放送の開局に伴い、日本テレビ単独のネットとなる。
      同日、音声多重放送開始。音声多重による最初の番組は「サウンド・スコープ」(放送開始後すぐに放送された環境映像を流すのみのミニ番組)。
  • 1989年3月29日 マスター更新。同時に番組バンクも運用開始。本社1階にあった旧マスター室は同年8月に報道部と定時ニュースの顔出しブース等を備えた「FCTニュースセンター」として生まれ変わり、運用を開始した。
    • 4月 新館及びKスタジオが完成、これに伴い福島支社にあったスタジオ機能を郡山本社へ移転・集約した。
  • 1994年10月3日 夕方のローカルワイド番組『ゴジてれシャトル』スタート(2008年3月27日まで、金曜スタイルは2008年3月28日)。
  • 1999年4月 開局30周年キャンペーンキャッチ「みんながまんなか」採用(2006年5月まで)。
  • 2005年9月5日 地上デジタル対応のニュース送出システムが運用開始。ニュースセンターのスタジオもHD対応に改装。
  • 2006年2月1日 地上デジタル放送対応のマスター(NEC製)に更新。同時に地上デジタルの試験電波も開始。
    • 6月1日 地上デジタル放送開始。局のイメージキャラ『中テレくん』が誕生。キャッチコピーは「FCTは中テレ中!」。
  • 2007年12月 FISフリースタイルスキー世界選手権の実況中継を日本テレビが行う予定であったが断念を表明し、名乗り出た福島県の民放であるFTVとFCTの中から改めて同大会組織委員会が予算面などの点で選考を行った結果、FTVを抑えてFCTが放映権を獲得。2009年の本大会含む、2008年2月16・17日に行われるプレ大会を放映することとなった。
  • 2008年3月31日 約14年にわたり放送してきた「ゴジてれシャトル」に代わり、3時間の大型情報番組『ゴジてれChu!』がスタート。これに伴い16時台に放送されていたアニメは放送時間が移動され(後述)、替わりに「Newsリアルタイム」の17時台ネットが開始される(「-chu!」に内包)。
    • 5月24日 同局のアナウンサーが、HPにある自身のアナウンサー日記の内容を他のブログから盗用したことが正式に発覚。同日夜、常務らの謝罪会見が行われアナウンサーは担当番組を降板、謹慎期間を経て別部署に異動した(どの部署へ異動となったかについては明らかにされていない)。
    • 8月1日 地上デジタル放送において、ウォーターマークの表示を開始。当初はサイズが大きかったり目立ったため、数週間表示をオフにしたのちに小さく薄いサイズへ修正した。

補足

  • 当初、予備免許申請社(11社)の中には当時の福島交通社長でワンマン経営や相次ぐ労使紛争で県民を騒がせた織田大蔵がいたことから、ラジオ福島(rfc)や福島民報社は織田と関わることを避けるため直ちに申請を取り下げている。福島県にラジオ・テレビ兼営局がない理由の一端をここに見ることができる。
  • 自主制作の生活情報パート・全国ニュース・ローカルニュースからなる3部構成の大型ワイド番組「ゴジてれ Chu !」や、月一回放送のバラエティ「イケノダイHi4」、そして年に一度全国の系列局に放送される「まかないメシ」シリーズを制作している。
  • 中テレくんが誕生した後、FCTの地上デジタル放送データ放送画面及びEPG画面の局ロゴマーク部分が中テレくんに変更された。しかし、ワンセグデータ放送画面では、FCTのワンセグ試験放送が開始された時点で既に中テレくんのロゴマークが表示されていた。
  • FCTのロゴマークは開局時から使われている角ばったロゴと中テレくんが誕生した際に新たに制定された丸みのあるロゴの2つある。(後者は中テレくんと併用されることが多い)
  • ドラマの再放送は週末に実施している他の在福局(KFBTUFFTV)とは違い散発的に土曜日に放送される程度であり非常に少ない。また、アニメでも再放送されているのは子供の休暇日で「名探偵コナン」のみとなっている。
  • テレビ東京制作の番組は「いい旅・夢気分」の再放送をよくすることがあり、番組宣伝も頻繁に行う。
  • 深夜アニメ(例:ごくせん、デスノートなど)は、過去に幾つか放送されたことはあったが現在では不定期に放送する程度となっている。最近は、「犬夜叉 完結編」を2009年10月に放送。
また、UHFアニメに関しては「07-GHOST」が2009年4月に放送された。これは、KFBに次いで2番目であり郡山都市圏のテレビ局では最後発である。

ニュースネットワークの移り変わり

情報カメラ設置ポイント

  • 福島市(福島支社屋上)(HD
  • 郡山市(本社屋上)(HD
  • いわき市(小名浜「天地閣」、福島放送と共同で設置)(HD
  • 会津若松市(背炙山送信所)(HD) - 会津盆地のほか磐梯山猪苗代湖も臨むこともできるが、設置場所が山頂のため、会津若松市街の撮影は難しい面もある。
    なお、磐梯山の噴火騒ぎがあった時には北塩原村の磐梯桧原湖畔ホテルに臨時移設されたことがある。
  • 福島空港

スタジオ

  • Kスタジオ 本社がある郡山の頭文字のK。1989年完成。使用番組はゴジてれ Chu !・ゴジてれ土曜版
    • 2006年4月30日から5月7日までの1週間、スタジオHD化改装工事実施。スタジオカメラもHD対応タイプに。
  • Nスタジオ こんにちはふくしまふくしまTodayプラス1ふくしま、高校入試解答速報などに使用されていた。
  • 福島スタジオ 本社スタジオがニュース専用で手狭だったことから、福島支社と併設で三井生命福島ビルに2階吹き抜け構造で作られた。
  • 報道部内ブース(FCTニュースセンター)HD対応 FCTニュースなどの定時ニュース。FCTニュースセンター完成以前はアナブースを利用して放送していた。

アナウンサー

アナウンサーは午前9時30分から午後9時30分までは、少なくとも1人常駐している。(特別番組でFCTニュースが遅れた場合はこの限りではない)

男性

女性

元アナウンサー

男性
1995年退職、「ゴジてれシャトル」初期コメンテーター。
→営業局長→2003年退職。郡山女子大学講師、テレビユー福島アナウンサー奥秋直人の実父
1983年退職、→テレビ埼玉アナウンサー→同営業部
1983年退職、キャスター、茨城放送パーソナリティ
テレビ和歌山から移籍。報道部記者を経て2008年7月末退社しフリーアナウンサーとして独立。
  • 三富健也(1987年入社)(元FM静岡(現K-MIX)から移籍)
  • 大野修(1997年入社、2008年業務部、2009年東京支社業務部へ異動)
女性
1979年退職、ヴォイス・プロ代表
報道部→制作部を経て、現在は編成部
現在は福島報道部長。
2009年他部署に異動
1993年退職、タレントユニオン所属
1999年退職、→ブルームバーグテレビジョン日経CNBC報道解説部
1995年退職、→エフエム福島→フリー
退職後、青森テレビアナウンサー→青森朝日放送記者
2000年退職、プロレスラー鈴木健想の妻

アナウンサー以外の出演者

主に一部を除きヴォイス・プロ所属者が出演する。

ほか


主な番組

NNS全国ネット番組

ローカル番組

  • NNN・FCTストレイトニュース(月~金、日11:30~11:50、土11:25~11:40)
  • ゴジてれ Chu !(月~金 15:50~19:00、生放送)※HD
    • ゴジてれ土曜版(土16:20~17:25、収録)※HD
  • ふくしまの素顔(不定期日曜16:55~17:25)
  • おしえて!うつくしま(福島支社制作、日 11:00~11:15)
  • シャトルFCT~視聴者の皆さんとともに~(自己批評番組年4回 土11:40~11:55)
  • 競馬ビッグレース 耳より情報(開催時期の日曜6:15~6:30、この番組の放送日は極上!!めちゃモテ委員長は休止)
  • あなたが主役、県議会は今(福島県議会定例会閉会後に放送、放送時刻は不定)

ミニ番組

NNS東北ブロックネット

NNS系列局制作の遅れネット番組

他系列などの番組

TXNテレビ東京系列)
在福放送局の中では、テレビ東京系の番組をもっとも多く放送している。
※制作局名の記述がないものは、テレビ東京制作。
現在は、「マジすか学園」を放送。
全国独立UHF放送協議会(UHF系)
系列横断ブロックネット番組

過去の番組

過去にネットしていた他系列の番組

TXNテレビ東京系列)
その他

過去にネットしたNNS東北ブロックネット番組

過去にネットしたNNS系列局制作の遅れネット番組

途中で打ち切られたNNS系列局制作の番組

  • 結界師(ゴールデン枠から撤退時に打ち切り。後に、キー局でも終了。)
  • 遠くへ行きたいytv制作、FCTでは2010年3月で打ち切り)
    • 県南部の一部では、NTVを通じて引き続き視聴が可能。

FCTがネットしたテレビ朝日(旧NETテレビ)系の番組

同時ネット
VTRネット

FCTがネットしたフジテレビ系の番組(1970年4月~1971年9月)

☆印はネット交換のためにFTVへ移行された番組

イベントなど

時刻出し

  • 朝(平日) 「Oha!4 NEWS LIVE」放送中 CS放送「日テレNEWS24」標準の時刻が使用され、時刻右側に県内の天気予報も表示される。

(但し、時刻表示の「日テレ」の部分は赤枠で覆い被される、そのため時刻が表示されない日テレNEWS24内のCM中では赤枠に「NEWS24」ロゴが残されたまま表示される)

  • 放送開始~4:58(平日)、放送開始(土日)5:30(平日・土曜)~10:00(日曜は9:30まで、「ズームイン!!SUPER」内ではカスタム表示ではないものの通常より大きく表示をしているが、CM中は標準のサイズに戻る。時刻右側に県内の天気予報も表示される。また、以前は平日は10:25まで、土日は10:30まで表示していた。)
  • 昼 11:56.00~13:00.30(平日のみ「DON!」の放送中だが、突然表示が消える。以前は13:30まで表示していた。)
  • 夕方 16:53(月~木)17:00(金)~19:00 (平日のみ、2006年5月8日より開始。これにより福島県域の全局が夕方の時刻出しをするようになった)
  • 参考だが、時報は平日19時に流れる。(正時に「ポーン」とだけ流れるもの。但しアナログ放送のみ)直前のCMも含めた、いわゆる「時報CM」の形をとっていることが多い。はまつ・葬祭部門の時報CMが怖かった。
  • 2006年2月からフォントが斜体に変更された。
  • 切り替わり方はアナログ・デジタル共に「クロスカット」となっている。
  • ワンセグは2008年9月までは時刻表示なしであるが、2008年10月以降は時刻表示されるようになった。(福島県域の民放では唯一、自局のフォントでの時刻表示ありとなった)天気ループ表示がある番組の場合は、番組中のみ天気ループ表示も表示する。

時刻出しの歴史

  • 不明~1989.3.28 1977年ごろは左下表示であったが、後に左上表示に。当時FTVで使用していたものと同じフォントに薄い縁取りを付かせたもの
  • 1989.3.29~1999.3ごろ 興和フォント(縁取りはなし)
  • 1999.4ごろ~2000.4ごろ 興和フォント(極薄い縁取りが付いた)
  • 2000.4ごろ~2006.1.31 独自フォント(縁取りは何度か変更)
  • 2006.2.1~ 細ゴシック体の斜体フォント

福島県内各地のチャンネル

中通り

デジタル放送
リモコンキーID:4
  • 福島・郡山(笹森山送信所) 27ch
  • 白河 17ch
  • 滝根 46ch
  • 月舘 22ch
  • 磐梯熱海 40ch
  • 郡山田村 22ch
  • 石川 22ch
  • 17ch
  • 川俣 22ch(2009年度開始予定)
  • 三春 40ch(2009年度開始予定)
  • 船引 22ch(2009年度開始予定)
  • 長沼 22ch(2009年度開始予定)
  • 天栄 22ch(2009年度開始予定)
  • 蓬田 22ch
  • 西古殿 22ch(2009年度開始予定)
  • 表郷 22ch(2009年度開始予定)
  • 棚倉富岡 17ch(2009年度開始予定)
  • 東塙 32ch(2009年度開始予定)
アナログ放送
  • 福島・郡山(笹森山送信所) 33ch
  • 白河 56ch
  • 滝根 59ch
  • 入水 60ch
  • 船引 39ch
  • 石川 39ch
  • 磐梯熱海 17ch
  • 磐梯高玉 42ch
  • 50ch
  • 東塙 40ch
  • 月舘 59ch
  • 福島信夫 39ch
  • 福島大波 56ch
  • 渡利 60ch
  • 土湯 55ch
  • 二本松 55ch
  • 双葉川内 62ch
  • 古殿 39ch
  • 古殿松川 56ch
  • 西古殿 59ch
  • 長沼 56ch
  • 三春 58ch
  • 川俣 39ch
  • 西郷長坂 48ch
  • 西郷谷地中 55ch
  • 西郷虫笠 41ch
  • 西郷羽太 50ch
  • 泉崎太田川 36ch
  • 古殿松川 56ch
  • 犬神 41ch
  • 蕨神 41ch
  • 保原富沢 60ch
  • 北川俣 42ch
  • 南川俣 58ch
  • 郡山田村 45ch
  • 蓬田 32ch
  • 矢祭 55ch
  • 大越 40ch
  • 東和針道 40ch
  • 天栄 57ch
  • 棚倉富岡 37ch
  • 玉川川辺 41ch

会津地方

デジタル放送
  • 会津若松 22ch
  • 柳津三島 27ch
  • 東金山 27ch
  • 田島 27ch
  • 東只見 22ch
  • 東裏磐梯 32ch
  • 荒海 17ch
  • 南郷 17ch
  • 昭和 27ch
  • 只見 32ch(2009年度開始予定)
アナログ放送
  • 会津若松 37ch
  • 田島 33ch
  • 西会津 57ch
  • 会津東山 57ch
  • 荒海 56ch
  • 只見 40ch
  • 東只見 57ch
  • 東金山 57ch
  • 柳津三島 56ch
  • 金山 57ch
  • 西金山 57ch
  • 南郷 40ch
  • 昭和 40ch
  • 東昭和 56ch
  • 伊南 56ch
  • 西会津 57ch
  • 西会津奥川 60ch
  • 裏磐梯 40ch
  • 東裏磐梯 58ch
  • 舘岩 59ch
  • 南舘岩 40ch

浜通り

デジタル放送
アナログ放送
  • いわき(湯の岳) 34ch
  • いわき四ツ波 41ch
  • いわき湯本 48ch
  • いわき遠野 50ch
  • 原町 58ch
  • 富岡 38ch
  • 飯舘 42ch
  • 飯舘向押 58ch
  • 飯舘関沢 57ch
  • 蕨平 41ch
  • 浪江津島 59ch
  • 水石 58ch
  • 双葉川内 62ch
  • 稀ではあるが、中通り南部において笹森山親局アナログ33chがとちぎテレビ矢板中継局アナログ33chと混信する場合がある。

サービスエリア外での視聴

茨城県

北茨城の一部地域で受信でき、1988年北茨城中継局が開局するまで十王中継局が受信できない地域を中心に(いわき(湯の岳)中継局を通じて)視聴されていたが、現在は日本テレビが既に視聴できるため、FCTを視聴している世帯はあまり少ない。ただ茨城県には県域放送局が無く、独立U局系の番組が僅かに放送されているためFTVやKFB、TUFともに受信している場合がある。

宮城県

白石市の一部地域で受信できるが、既に系列局があるため、FCTを視聴している世帯はあまり少ない。ただ宮城県の4大系列局では未放送のTXN系番組が放送されているため視聴している場合がある。

オープニング・クロージング

  • 海の生き物の切り絵による静止画(開局 - 1985年3月29日)
    • 「FCTソング」作詞:内海久仁 作曲:湯浅譲二 歌:井口典子
    • 当初はFCT開局を記念して作られたイメージソング「FCTソング」の歌つきだった。ただし、ステレオ音声には対応しなかった(そのまま2代目にも使用)。また、音楽がどことなく「ねぇ、ムーミン」に似ていた。切り絵を背景に静止画が切り替わるごとにチャンネルが表示された。
    • ED直前には、ガス漏れ事故を啓発するイラスト付きのものと焚き木の写真をバックにした火の元の確認を促す静止画が流れた(ナレーション付き)。特にガス漏れ事故啓発の静止画については、ガス漏れ事故への連想やイラストや文字が全て手書きであること、またそれをバックにしてハープ演奏が流れていたため、隣県の同系列局山形放送のものを彷彿とさせる怖さがあった。
    • OP・ED: 不明。
  • 家庭の朝&夜のパーティ(1985年3月29日 - 2001年4月8日)
    • 初期は何も覆われず普通にテロップがスクロールで表示されていたが、90年代前半になるとマスターテープがないのか下に紫で覆いチャンネル表示を修正した。いずれもテロップの色やフォントは幾度となく変更されている。
    • ED最後の部分のからくり人形が一部では怖いと言われていた。
    • 音楽は初代(FCTソングのインスト)から踏襲。
OP・ED: 小林典子(現在は記者)ただし、アナウンスがない場合もあった。
  • みんながまんなかFCTバージョン(2001年4月9日 - 2006年5月31日)
    • BGM・映像が一新。OPは2分間余り福島の季節を映した映像、EDは夜の塩屋岬や富岡町の夜の森公園を映した映像が流れていた。どちらも冒頭には「みんながまんなか FCT」のマークとキャッチが入り、終りには「JOVI-TV FCT 福島中央テレビ」と表示された後に「おはようございます(おやすみなさい)」と表示され、最後にはもう一度マークとキャッチが入り「みんながまんなか。FCT!」とアナウンスが入る。EDは3代目と同様フェードアウトして終わっていた。
    • 当初はEDは放送機器点検によって早い時間に放送終了する時以外は放送されず、最終番組である県内の天気予報が終わると同時に、情報カメラの映像やカラーバーに翌朝の番組をテロップ表示していた。のちにEDも毎日放送されるようになった。
    • またこの時期のオープニングには、日曜の早朝に「ふくしまの四季」という番組名として不定期に放送したことがある(「みんながまんなか」の表記以外の初めと終りの局名告知部分は通常と同じ)。春・夏・秋・冬・春の順に福島県内の名所などを映していた。長さもテレビ局のオープニングとしては30分と全国的に見ても日本一長いものだった。
OP: 中山由佳、ED: 大野智子
  • ゴジてれシャトルの番組スタジオ風景(2006年6月1日~2008年3月30日) ※HD
    • 2006年10月から「JOVI-(D)TV」が斜体表示で、「FCT」「福島中央テレビ」のロゴが変更になった。
OP・ED:中山由佳(デジタルOP・EDの場合は大野智子)
  • ゴールデンレトリバー「クラウン」(2008年3月31日~2009年3月) ※HD
    • 前述の「ゴジてれシャトル」終了に伴う変更。
    • 撮影日・名前・生年月日・種類などが冒頭に表記される。
    • OP・ED共に、一か月ごと(のちに2か月ごと)に録り直され、変更されている。
OP・ED:大野智子
  • 鉄塔とイベント風景(2009年4月~2010年5月) ※HD
    • FCT本社の鉄塔の映像に、中テレくんのアニメーションやFCT主催のイベントの映像を加えたもの。
OP・ED:大野智子
  • 猪苗代湖の季節の風景(2010年5月~) ※HD
    • 猪苗代湖の白鳥や雪化粧、菜の花など様々な映像がある。オープニングの冒頭の右上の字幕に「空になる 音速ライン」が表示されている。
    • 挿入歌は音速ラインの「空になる」
    • 2010年5月からはレターボックスが変更されている。また、本来は「県内の天気予報」の放送終了後にEDを流すのだが2010年5月からは地デジCHECKを放送する。アナログ放送終了の砂嵐を実物で表示されているほかを流す。出演:菅佐原隆幸
    • OP・EDのアナウンスはない。
    • 通常よりも長い2分で放送されている。

関連会社

その他の福島県の放送局

脚注

Template:脚注ヘルプ

<references/>

外部リンク

Template:NNN・NNS Template:Tv-tohokuen:Fukushima Central Television ko:후쿠시마 중앙 TV zh:福島中央電視台

個人用ツール