松平容保

出典: Wikipedio


Template:基礎情報 武士

画像:Matudaira Katamori.jpg
京都守護職時代の容保
画像:Katamori Matsudaira.jpg
晩年の松平容保
画像:KatamoriGrave.jpg
松平容保の墓

松平 容保(まつだいら かたもり)は、江戸時代末期大名陸奥国会津藩9代目藩主であり、また最後の藩主でもある。血統的には水戸藩徳川治保の子孫である。京都守護職美濃国高須藩主・松平義建の六男で母は側室古森氏。兄に徳川慶勝徳川茂徳、弟に松平定敬などがあり、高須四兄弟の1人。幼名は銈之丞。官は肥後守。号は祐堂、芳山。神号は忠誠霊神。正室・敏姫は養父(実の叔父でもある)松平容敬の娘。子は松平容大(長男)、松平健雄(次男)、松平英夫(五男)、松平恒雄(四男)、松平保男(七男)。養子に松平喜徳。現在、徳川宗家は直系、徳川慶喜家尾張徳川家は傍系で、血統上は容保と同系である(四男恒雄の子孫)。

目次

経歴

会津

弘化3年(1846年)に8代藩主・容敬(高須松平家出身で実の叔父に当たる)の養子となり、嘉永5年(1852年)に会津藩を継ぐ。

万延元年(1860年)に大老井伊直弼水戸藩浪士に殺害された桜田門外の変では、水戸藩討伐に反対する。

井伊暗殺後に朝廷や薩摩藩の後援で将軍後継となった一橋慶喜(徳川慶喜)、政事総裁職となった福井藩主・松平慶永らが文久の改革を開始すると、文久2年(1862年)に新設の幕政参与に任ぜられ、のち新設の京都守護職に推される。

元々病弱な体質でこの当時も風邪をひき病臥していた容保は、はじめ家臣の西郷頼母らの反対により固辞するも、やがてそれが噂になり、面子がなくなった養子の容保は慶永らの強い勧めによりこの大役を引き受けることとなる。

またこれは貧乏くじであり、後の会津の悲劇へ繋がっていく。

京都守護職

京都守護職に就任した容保はさっそく会津藩兵を率いて京都へ上洛し、孝明天皇に拝謁して朝廷との交渉を行い、配下の新選組などを使い上洛した14代将軍徳川家茂の警護や京都市内の治安維持にあたる。彼自身は公武合体派尊王派と敵対し、1864年(元治元)の禁門の変などで、長州藩の勢力排除に動いた。1866年(慶応2)に孝明天皇が死去し、翌1867年(慶応3)に15代将軍徳川慶喜大政奉還を行い江戸幕府が消滅すると京都守護職も廃止される。王政復古が行われ、薩摩藩・長州藩を中心とする明治新政府の兵との衝突から鳥羽・伏見の戦いが起こると会津藩兵も戦うが、大坂へ退いていた慶喜が戦線から離脱すると従い、定敬らとともに幕府軍艦で江戸へ下る。慶喜が新政府に対して恭順を行うと、江戸城など旧幕臣の間では恭順派と抗戦派が対立し、会津藩内でも同様の対立が起こる。

会津戦争

容保は会津へ帰国し、家督を養子の喜徳へ譲り謹慎を行う。西郷隆盛勝海舟の会談により江戸城の無血開城が行われると、新政府軍は上野戦争彰義隊を駆逐して江戸を制圧すると北陸地方へ進軍する。

容保は幕府派の重鎮と見られて敵視され、戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の中心として新政府軍に抗戦して会津戦争を行い篭城し、降伏勧告に応じて佐川官兵衛らに降伏を呼びかける。

明治

その後は鳥取藩に預けられ東京に移されて蟄居するが、嫡男・容大(かたはる)が家名存続を許されて華族に立てられた。

容保はそれからまもなく蟄居を許され、明治13年(1880年)には日光東照宮の宮司となった。正三位まで叙任し、明治26年(1893年)12月5日に東京・目黒の自宅にて肺炎のため死亡する。享年59。

死の前日には明治天皇から牛乳を賜った。なお、容保は禁門の変での働きを孝明天皇から認められその際書簡と御製(和歌)を賜ったのだが、彼はそれらを小さな竹筒に入れて首にかけ、死ぬまで手放すことはなかったという。また会津戦争については周囲に何も語ることはなかった。

孝明天皇の宸翰の中には京都守護職である容保の職務精励を嘉する文章があり、如何に孝明天皇が容保を信頼していたかを物語っている。

墓所は福島県会津若松市の松平家院内御廟。

昭和

昭和3年(1928年明治維新から60年目)、秩父宮雍仁親王大正天皇第2皇子)と松平勢津子(松平容保の六男・恒雄の長女)の婚礼が執り行われた。会津松平家と皇族の結婚は、朝敵会津藩の復権であると位置づけられているといわれる。また、同年には子母澤寛新選組始末記』、平尾道雄新選組史禄』が刊行されており、この年は逆賊新選組再評価の転機となる年であった。

官職および位階等の履歴

※日付は明治4年までは旧暦

家系・エピソード

・正室は松平容敬の五女の敏姫で14歳で容保の正室となるが、19歳で死去した。その後、継室として浦乃局を迎えている。側室は田代孫兵衛の娘の佐久と川村源兵衛の娘の名賀の2名。佐久は容保が京都守護職の時代、身の周りの世話をしたらしい。

・写真で見るとおり細面の貴公子然とした風貌で、京都守護職の容保が宮中に参内すると女官達がそわそわしたという逸話も残っており、ドラマ等で容保役を演じる俳優も美形と言われている人が多い。

参考文献

  • 『松平容保公伝』(相田泰三、会津郷土史料研究所)
  • 『昔夢会筆記-徳川慶喜公回想談-』(渋沢栄一編、平凡社
  • 『松平容保のすべて』(綱淵謙錠編、新人物往来社)

容保が登場する作品

小説

テレビドラマ

映画

関連項目

Template:会津松平家 Template:会津藩主de:Matsudaira_Katamori en:Matsudaira_Katamori es:Matsudaira_Katamori ko:마쓰다이라_가타모리 zh:松平容保

個人用ツール