新選組

出典: Wikipedio


プライバシー・ポリシー Wikipedioについて 免責事項

画像:壬生新選組屯所跡.jpg
壬生屯所跡 八木邸
画像:Isami Kondo.jpg
壬生寺にある近藤勇の像

新選組(しんせんぐみ)は、江戸時代後期の幕末期に、主として京都において、反幕府勢力弾圧・警察活動に従事したのち、旧幕府軍の一員として戊辰戦争を戦った軍事組織である。新撰組と表記された資料も多い。局長の近藤勇自身、「選」「撰」の両方の字を用いている。

目次

概要

幕末、会津藩主で京都守護職松平容保の支配下にあった京都の治安部隊。隊員数、約60名。京都の治安部隊としては、他に旗本御家人で構成された京都見廻組があり、浪士(町人、百姓身分を含む)で構成される新撰組は会津藩預かりという非正規部隊であった(後年、近藤ら幹部は幕臣となった)。新選組はいわば“佐幕派”であり、池田屋事件などで京都に潜伏する過激派尊王攘夷論者や不逞浪士の取り締まりにあたった。その一方で、局長の近藤勇らは新選組内部で凄惨な権力闘争を行い、敵対勢力を容赦なく殺害した。

新選組は現代の若者たちから幕末日本を象徴する存在とみなされ、根強い人気を誇る。新選組隊士らの墓参りをするファンも多く、“日本史のアイドル的存在”となっているが、明治政府が彼らと敵対する尊皇攘夷過激派たちによって樹立された経緯もあり、近年まで史学的にもほとんど注目されることがなく、現在における人気は子母沢寛司馬遼太郎らによる新選組をテーマにした数々の小説やTVドラマ・映画等の影響が大きい。アニメやゲーム、漫画などにもなり、若年層にも高い人気がある。

「テロリズム」という語は、歴史的には体制側、反体制側を問わず組織的暴力行為を指していたものの、近代的意味では反体制側の組織的暴力行為を指すことが多いため、この観点からは当時反体制側としてテロ行為を行っていたのは薩長側であり、新選組は体制側として「テロリスト」の鎮圧に当たっていた(白色テロも参照)。

隊の規律維持のために厳しい局中法度を定め違反者に対し粛清を行ったことや、「誠」の一字の隊旗や袖口に山形の模様を染め抜いた独特の羽織でも知られる。

歴史

結成

文久2年(1862年)、江戸幕府庄内藩の郷士・清河八郎の建策を受け入れ、将軍徳川家茂上洛に際して、将軍警護の名目で浪士を募集。

翌文久3年(1863年2月27日、集まった200名余りの浪士達は将軍上洛に先がけ、浪士組として一団を成し、中山道を西上する。浪士取締役には、松平主税之介鵜殿鳩翁窪田鎮克山岡鉄舟中条金之助佐々木只三郎らが任じられた。京に到着後、清河が勤王勢力と通じ、浪士組を天皇配下の兵力にしようとする画策が露見する。浪士取締役の協議の結果、清河の計画を阻止するために浪士組は江戸に戻ることとなった。これに対し近藤勇、土方歳三を中心とする試衛館派と、芹沢鴨を中心とする水戸派は、あくまでも将軍警護の為の京都残留を主張。

鵜殿鳩翁は、浪士組の殿内義雄家里次郎に残留者を募るよう指示。これに応えて試衛館派、水戸派、殿内以下、根岸友山一派などが京の壬生村に残ったが、根岸派は直後に脱退、殿内・家里は排斥され、同年3月、公武合体に基づく攘夷断行の実現に助力することを目的とし、新選組の前身である「壬生浪士組」(「精忠浪士組」とも)を結成。

壬生村の八木邸や前川邸などを屯所とし、第一次の隊士募集を行う。その結果36人余の集団となった壬生浪士組は、京都守護職松平容保(会津藩主)より、主に攘夷倒幕派浪士達による不逞行為の取り締まりと市中警護を任される。

同年8月に起きた八月十八日の政変に出動し、壬生浪士組はその働きを評価される。そして、新たな隊名「新選組」を拝命する。なお、隊名は武家伝奏(当時は野宮定功と飛鳥井雅典)から賜ったという説と、松平容保から賜ったという2つの説がある。後者の説は、会津藩主本陣の警護部隊名を容保からもらったという意である。

発展

文久3年(1863年)9月、近藤・土方ら試衛館派は、芹沢ら水戸派を粛清して隊を掌握し、近藤を頂点とする組織を整備する。元治元年(1864年)6月5日の池田屋事件では尊王攘夷派の蜂起の計画を未然に防ぎ、禁門の変に参戦(ただし、池田屋事件に関しては尊皇派の陰謀が事実であったかどうかは証拠に乏しく、史疑もある)。

池田屋・禁門の変の働きで朝廷・幕府・会津藩より感状と200両余りの褒賞金を下賜されると、元治元年(1864年)9月に第二次の隊士募集を行い、更に近藤が江戸へ帰郷した際に伊東甲子太郎らの一派を入隊させる。新選組は200人を超す集団へと成長し、隊士を収容するために壬生屯所から西本願寺京都市下京区)へ本拠を移転する。慶応3年(1867年)夏頃には幕臣に取り立てられる。

慶応3年(1867年)3月、伊東らの一派は思想の違いなどから御陵衛士を拝命して隊から分派するが、同年11月、新選組によって粛清される。

解散

慶応3年(1867年)11月に徳川慶喜大政奉還を行った。以降旧幕府軍と共に鳥羽・伏見の戦いに参戦するも、新政府軍に敗北。その後、榎本武揚が率いる幕府所有の軍艦で江戸へと移動。

新選組は幕府から、新政府軍の甲府進軍を阻止する任務を与えられ、甲陽鎮撫隊へと名を改め出撃するも敗戦。甲州勝沼の戦いの後、江戸に戻ったが、方針の相違から永倉新八原田左之助らは分離して靖兵隊を結成。近藤、土方らは再起をかけ、流山へ移動するも、近藤が新政府軍に捕われ処刑され、沖田総司も持病であった肺結核の悪化により江戸にて死亡。

新選組は宇都宮城の戦い会津戦争などに参戦するが、会津では斎藤一等が離隊。その後蝦夷共和国の成立を目指す榎本武揚らに合流し、二股口の戦い等で活躍する。新政府軍が函館に進軍しており、弁天台場で新政府軍と戦っていた新選組を助けようと土方ら数名が助けに向かうが、土方歳三が銃弾に当たり死亡し、食料や水も尽きてきたため、新選組は降伏した。旧幕府軍は函館の五稜郭において新政府軍に降伏した(箱館戦争)。

明治政府は、隊士の遺族らに遺品の所有を禁じた。 Template:Main

年表

画像:西本願寺太鼓楼.jpg
西本願寺太鼓楼
画像:伊東甲子太郎殉難の碑.jpg
本光寺 伊東甲子太郎殉難の地碑

文久3年(1863年)

文久4年、元治元年(1864年)

元治2年、慶応元年(1865年)

慶応2年(1866年)

慶応3年(1867年)

慶応4年、明治元年(1868年)

明治2年(1869年)

実像

局中法度・内部粛清

局中法度(局中法度書)は「軍中法度」と並び、新選組の規律維持のために定められたとされている。成立は会津藩預となった浪士組時代に近藤ら試衛館派から芹沢ら水戸派に提示されたと考えられている。

法として機能し始めたのは「新選組」と名を改め近藤・土方を中心とする組織が整ってからで、伊東甲子太郎ら一派の粛清の際にも適用されたといわれる。第一条「士道ニ背キ間敷事」などのように、内容は具体的な物ではなく抽象的で、解釈は局長や副長の一存に委ねられるものであった。鳥羽伏見の戦い以前に、新選組隊内において粛清された隊士は初代局長芹沢鴨新見錦らを含めて41名である。

子母沢寛の著書『新撰組始末記』で紹介されて以来、有名となり、以下の5ヶ条として知られるが、同時代史料にはこれを全て記録した物は現在までのところ発見されていない。しかし、明治になってから永倉新八が残した回想録には、法度「禁令」という物があり ここには「私ノ闘争ヲ不許」を欠く4ヶ条が示されている。そのため、局中法度とは、この禁令に、別に定められていた「軍中法度」を混ぜて子母沢が創作したものと推測されている。また、天然理心流入門の際に誓約させられる神文帳との類似性も指摘されている。 Template:Quotation

治安維持

後述する数々の創作物の影響もあり、幕末、京都の治安維持の主力を担っていたのは新選組であるとの認識も一般には強いが、実際は重要な御所近辺は会津藩兵の精鋭2000人、その周りは幕臣で構成される見廻組500人が固めていた。新選組はというと、200人で伏見(当時は京都とは別の町であった)などを担当していた。

もっとも京都見廻組などが律儀に管轄を守っていたのに対し、新撰組は浪士の逃亡などを理由に管轄破りをすることも少なくなかったといわれる。

装備

羽織

thumb|200px|新撰組の装束 袖口に山形の模様(ダンダラ模様)を白く染め抜いた浅葱色(薄い水色)の羽織を着用していたとされている。羽織のダンダラは忠臣蔵の赤穂浪士が吉良邸に討ち入りするときに着ていた羽織の柄で、浅葱色は武士が切腹の時に着る切腹裃の色だと伝えられているが、羽織は実際には最初の1年ほどで廃止されたらしく、池田屋事件の時に着用していたとする証言が最後の記録である。

作ったのは大文字屋呉服店(現在の大丸)。一説では、大文字屋ではなく「呉服問屋・菱屋」と言う話もある。また、誠の文字を染め抜いた隊旗は高島屋で作ったと言われている。

隊旗

100px|right 赤地に金字または白字で「誠」を染め抜き、隊服と同じようにダンダラが入っていたとする隊旗が一般的。「誠」という字が旗が揺れたときに、近藤の実家「試衛館」の「試」に見えるからという理由も隠されているらしい。近藤派の存在を大きくしたかった土方の野望だとも言われる。

他にも隊旗があり、全部で6種類あるとされている。また、その隊旗が現れたとき、敵は恐怖で凍りついたと言われる。この旗は現在の高島屋にあたる古着・木綿商によって特注で製作されたものである。

組織

新選組は局長を頂点に副長が補佐し、以下に副長助勤・監察方(諜報)・勘定方(会計)などを配置した。副長助勤は組長として平隊士を統率した。各組は一番から十番まであり、各組の人員は10人前後。また、組長の下に伍長を置いた。なお、新選組の組織編制は、職務の複数制を原則とする江戸時代の各組織と違い一人制であり、洋式軍制などの影響が指摘されている。

隊士達は日常的には武術の稽古や京都市内の見回り、潜伏している浪士の探索などを行った。剣術集団である新選組は、中心となる近藤ら試衛館の天然理心流に加えて神道無念流北辰一刀流などさまざまな剣術流派に加え、槍術柔術などを学んだ隊士もおり、実戦本意の集団戦法の集団であった。

結成当時には財政難であったと推測されるが、京都守護職配下時代は、隊の運営資金を会津藩からの御用金で賄っていた。また、一部は豪商などから提出させた。その後、幕府配下になると、各隊士は幕府から給料を得た。諸々の事件への出動により報償金が下されることもあった。

以下に構成員。新選組の隊名を用いる以前(壬生浪士組)の時期を含む。

歴代局長

会津新選組局長

箱館新選組局長

歴代副長

総長

参謀

組長・組頭

1864年編成時組頭

諸士取調役兼監察方/浪士調役

勘定方

会計方

伍長

初期副長助勤

国事探偵方

文武師範

平隊士/同志

下記以外の隊士はCategory:新選組隊士を参照。

美男五人衆

自称新選組隊士・関係者など

壬生浪士組同士

箱館新選組

一分隊
一分隊平隊士
二分隊
二分隊平隊士
三分隊
三分隊平隊士
四分隊
四分隊平隊士
所属隊不明

医師

幕府西洋医学所頭取の医師である松本良順は近藤勇の招きで隊士の診察を行い、戊辰戦争でも軍医を務めた。なお、松本良順は新選組にを飼うよう勧め、西本願寺駐屯時に神戸から子豚を持ち込み養豚させ(餌は残飯)、豚肉を隊士に食べさせていた。解体は木屋町の医者南部精一の弟子に頼んでいたという。

新選組を題材にした作品

幕末を扱った作品には登場する事が多く、特に戦前では彼らの敵であった薩長中心者が政府の元勲であったこと、また皇国史観の影響により賊軍となった彼らを否定する風潮が強く、新選組は悪役として扱われる事が多かった。しかし、昭和初期に子母澤寛が『新選組始末記』に始まる「新選組三部作」を発表すると、単なる「悪役」ではないという新たな認識が広まった。戦後には価値観の転換で新選組が主役に扱われる事も多くなり、各隊士にもスポットが当てられ創作がされるようになった。また、時代設定を変えて、新選組の枠組や有名隊士らをモチーフにした創作も数々生まれた。

以下、新選組を主題としたもののみを掲げる。

小説

テレビドラマ

映画

舞台

漫画作品

アニメーション

ゲーム

音楽

脚注

Template:脚注ヘルプTemplate:Reflist

関連項目

参考文献

  • 『京都府警察史 第1巻』京都府警察本部、1971年(平安時代から幕末まで、九「所司代を中心とした京都の治安」)

外部リンク

Template:壬生浪士 Template:新選組ar:شينسنغومي de:Shinsengumi en:Shinsengumi es:Shinsengumi fi:Shinsengumi fr:Shinsen Gumi hu:Sinszengumi id:Shinsengumi it:Shinsengumi ko:신센구미 lt:Šinsengumi nl:Shinsengumi pl:Shinsengumi pt:Shinsengumi ru:Синсэнгуми sv:Shinsengumi th:ชินเซนกุมิ uk:Сінсенґумі vi:Shinsengumi zh:新選組

個人用ツール