小坂俊史

出典: Wikipedio


Template:漫画 小坂 俊史(こさか しゅんじ、1974年5月8日 - )は日本4コマ漫画家山口県下関市出身。山口県立下関西高等学校広島大学文学部卒業。

目次

経歴・人物

応募作「せんせいになれません」が1997年10月の準月間賞として第4回竹書房漫画新人賞にノミネート(後の藤島じゅんと同期)。新人賞発表の時点で既に同作「せんせいになれません」でデビューしていたが選外。

デビュー後、広島から上京した後東京都内を転々とし、2000年頃東京都中野区に落ち着く。2009年7月に岩手県遠野市へ転居。

1997年12月18日『ウルトラ4コマ'98』の「せんせいになれません」がデビュー作。その後竹書房芳文社などの雑誌で作品を発表している。

作風は近年流行している緩いネタの萌え路線ものとは対極にあり(流行としてネタに取り入れることはたまにあるが)、4コマ漫画の伝統を受け継ぐ作家の代表格といえる。親しみやすい絵柄と切れ味の鋭いギャグで締めくくるオチが売りで、漫画だけでなく、題名や単行本の表紙などにも多くのギャグをちりばめている。また、最近の流れに反し、作品中に占める下ネタの割合がかなり少ない事が挙げられる。

主要登場人物は多少非常識であったり、そこから来る天然的な個性を持つ者が多いが、多くは現実の範囲内におさまっており、基本的に不愉快なギャグをするキャラクターもいない。

ほぼ全ての作品に毎回同位置にだけ登場するキャラが存在する(最終ページの右部分の4コマ。例:「せんせいになれません」の桃山、「やまいだれ」の流しのナース)。

掲載誌は休載を挟まず長年にわたり連載を続けている雑誌が多い(まんがタイムオリジナル、まんがくらぶ、まんがライフオリジナル、まんがくらぶオリジナルの4誌はいずれも10年以上連載を続けている)。作品自体が終了してもその翌月には新たに同じ雑誌で新連載をするなど、作品への意欲がとても強いといえる。

重野なおきみずしな孝之神奈川のりこら4コマ漫画家と親交がある。特に、重野なおきは共同で同人誌サークル「ジャポニカ自由帳」を結成、共著で作品集を出すなど(※後述)、4コマ漫画仲間の中でも特に仲が良いことがうかがえる。(なお、重野と小坂は作風が似ている部分があることから、ファン層が少なからず重複しているとされる。2ちゃんねる漫画板において重野との共同スレッドがあるのもそれが影響しているものと思われる。)また、森繁拓真は大学の後輩で原稿の手伝いをしてもらっていたこともある。

アダ名は「王子」。デビュー直後から次代の4コマ誌の中心を担うだろうと周囲から期待されていたために「4コマ王子」とみずしなが作中で呼んだのが発端。本人はいやがっているらしい。

野球チームでは、千葉ロッテ広島カープのファン。 ハンドボールも好きらしく、ワクナガレオリックのファン。

鉄道ファンで、特に無人駅が好き。鉄道車両に関してはほとんど興味ない。2006年4月には、廃線間際のちほく高原鉄道にて『鉄子の旅』監修者である横見浩彦と遭遇した。それが縁となり、『まんがライフMOMO』2008年10月号・11月号掲載の「わびれもの」に横見浩彦をゲストに迎え、小和田駅を始めとする飯田線秘境駅各駅を訪問した。

主な作品

※記事のある作品については、書誌情報の詳細は作品記事を参照してください

連載中のもの

連載が終了したもの

※『ハルコビヨリ』は、連載開始当初『まんがくらぶオリジナル』で連載。2003年、『サークルコレクション』終了後の『まんがライフオリジナル』でも連載となり2誌体勢になるが、2005年『まんがくらぶオリジナル』でのみ連載を終了(同誌では『やまいだれ』連載開始)以後『まんがライフオリジナル』1誌連載。また『サイダースファンクラブ』は当初は読みきりで、2003年の『まんがライフMOMO』創刊を機に連載化。

外部リンク

個人用ツール