周南市

出典: Wikipedio


Template:日本の市 周南市(しゅうなんし)は、山口県の東部に位置する。山口県内第4の都市で、山口県東部の中核を担う都市の一つ。

目次

地理

県境に近い北部は中国山地の一部にあたり、錦川の上流にあたる鹿野盆地などでは冬季には積雪がある。一方、瀬戸内海に面した南部には平野が広がり、気候も比較的温暖で、年に数えるほどしか積雪することはない。

青山町、銀座新宿通、原宿晴海有楽町代々木通など、東京の地名が多く住居表示に使われている。第二次世界大戦直後の区画整理で生まれた地名である。ちなみに郊外には桜木町や横浜、川崎という地名もある。

隣接の市町村

人口

Template:人口統計

歴史

戦前は、周南市の成立の母体になった旧徳山市に海軍燃料廠があり、その縁で石油精製関係の産業の呼び水になった。大津島には、旧海軍の人間魚雷回天」の特攻基地があり、今もその記念館がある。

現在の周南市はいわゆる「平成の大合併」に於いて山口県で最初に合併が行われた事例である。当初は現在の周南市を構成する旧2市2町に下松市 光市 田布施町を加えた4市3町での合併が模索されたが、合併の期日を巡り性急な合併にきわめて慎重な立場を示した下松市が合併協議から離脱、それに伴い光市、田布施町も離脱。残る2市2町での合併が行われた。

沿革

市名の由来

周防国の南部という意味で、地域名として古くから使われていた「周南」の言葉にちなむ。なお、本来の『周南』は、柳井市付近を指す地名。過去に「周南町」が存在したが、現在の周南市域ではない。(現在の光市旧光市域)

行政

市役所

  • 市長 島津幸男(しまづ・ゆきお)
    • 副市長 住田宗士(すみだ・ときひと)
    • 教育長 坂本昌穂(さかもと・まさほ)
    • 水道事業管理者 松原忠男(まつばら・ただお)

市議会

  • 議長 福田文治(ふくだ・ふみはる)=無所属
    • 副議長 岸村敬士(きしむら・たかし)=無所属
    • 議会運営委員長 兼重 元(かねしげ・はじめ)=無所属
会派名議席数議員名=◎代表者、○副代表者
顕政会5◎古谷幸男、○米澤痴達、尾崎隆則、坂本心次、立石修
参輝会5◎長嶺敏昭、○青木義雄、福田文治、岩田淳司、徳原尚一
公明党4◎吉平龍司、○反田和夫、金井光男、森重幸子
刷新クラブ4◎小林雄二、○西林幸博、田中和末、得重謙二
至誠会4◎兼重元、○長谷川和美、小坂玲子、中津井求
新政会4◎田村勇一、○岸村敬士、清水芳将、土屋晴巳
周南会3◎西田宏三、○久保忠雄、井本義朗
日本共産党3◎形岡瑛、○中村富美子、藤井直子
民主の会2◎炭村信義、○高松勇雄

市機構

  • 本庁舎(旧徳山市役所)
  • 徳山港町庁舎
  • 新南陽庁舎・新南陽総合支所(旧新南陽市役所)
  • 熊毛総合支所(旧熊毛町役場)
  • 鹿野総合支所(旧鹿野町役場)
  • 支所15ヶ所

警察

産業

  • 旧徳山海軍燃料廠から発展した石油コンビナートがあり、宇部・小野田地区、岩国地区と並び山口県の工業地帯の中心的存在になっている。
  • 県東部の中心都市の一つでもあることもあって、複数の県内有力企業が周南市に本社を置く。
  • ふぐの水揚げ量は、全国の80%が下関であるが、ふぐの延縄漁法発祥地は旧徳山市の粭島(すくもじま) — 島という地名ながら、太華山のある半島、大島の先端につながったその最南端部 — ということで、周南は、隠れたふぐの本場としても知られる。ただ、ここでも「福」につながるようにと濁音を使わず、「ふく」と発音する。
  • 北部では農業が中心で、ぶどうが栽培されている。

企業

thumb|280px|

徳山の工場群

市内に主力拠点を置く主な企業
市内に本社・本部を置く主な企業
メディア

金融機関

経済団体

名物・特産品

商業施設

JR徳山駅周辺に商店街が広がるが、旧新南陽市や下松市方面(ザ・モール周南サンリブ下松)への若年層の買い物客の流出に歯止めがかからない。

百貨店

大型商業施設

教育機関

高等教育機関として徳山高専徳山大学があり、徳山高専で力を入れているロボコンが縁で周南市は2003年に公開された映画『ロボコン』のロケ地となった。

大学

私立

高等専門学校

国立

高等学校

県立
私立

中学校

市立
  • 秋月中学校(あきづき)
  • 大津島中学校(おおつしま)
  • 鹿野中学校(かの)
  • 菊川中学校(きくがわ)
  • 岐陽中学校(きよう)
  • 熊毛中学校(くまげ)
  • 鼓南中学校(こなん)
  • 桜田中学校(さくらだ)
  • 周陽中学校(しゅうよう)
  • 翔北中学校(しょうほく)
  • 須金中学校(すがね)
  • 須々万中学校(すすま)
  • 住吉中学校(すみよし)
  • 太華中学校(たいか)
  • 富田中学校(とんだ)
  • 中須中学校(なかず)
  • 福川中学校(ふくがわ)
  • 和田中学校(わだ)
私立

小学校

市立
  • 秋月小学校(あきづき)
  • 今宿小学校(いまじゅく)
  • 大河内小学校(おおかわち)
  • 大島小学校(おおしま)
  • 大津島小学校(おおつしま)
  • 大道理小学校(おおどおり)
  • 大向小学校(おおむかい)
  • 勝間小学校(かつま)
  • 鹿野小学校(かの)
  • 菊川小学校(きくがわ)
  • 岐山小学校(きさん)
  • 櫛浜小学校(くしがはま)
  • 久米小学校(くめ)
    • 譲羽分校(ゆずりは)
  • 桜木小学校(さくらぎ)
  • 四熊小学校(しくま)
  • 周陽小学校(しゅうよう)
  • 粭島小学校(すくもじま)
  • 須万小学校(すま)
  • 高水小学校(たかみず)
  • 遠石小学校(といし)
  • 徳山小学校(とくやま)
  • 富田西小学校(とんだにし)
  • 富田東小学校(とんだひがし)
  • 中須小学校(なかず)
  • 長穂小学校(ながお)
  • 沼城小学校(ぬまぎ)
  • 福川小学校(ふくがわ)
  • 福川南小学校(ふくがわみなみ)
  • 戸田小学校(へた)
  • 三丘小学校(みつお)
  • 八代小学校(やしろ)
  • 夜市小学校(やじ)
  • 湯野小学校(ゆの)
  • 和田小学校(わだ)

特別支援学校

専修学校・各種学校

交通

鉄道

道路

高速道路

国道

港湾

定期旅客航路

主な地区構成

人口データは周南市ホームページより。

  • 富田(とんだ)地区 人口20,211人

 旧新南陽市の中心地区。周南市で一番人口の多い地区でもある。JR新南陽駅を中心に市街地が広がっている。郊外型の大型商業施設が集中しており、周南市の商業の中心となりつつある。また、市街地から少し離れた大神・富田新町・平野などには住宅地が広がる。北側に位置する永源山公園には周南市のシンボル「ゆめ風車」があり、臨海部は、東ソーや日新製鋼などが工場を構えている。富田東小学校は現在市内で一番児童数の多い学校となっている。

  • 周陽(しゅうよう)地区 人口19,721人

 国道2号周南バイパス沿いの地区。比較的新しい住宅地が広がる。バイパス沿いには高層団地やロードサイド型の店舗が立ち並び、徳山中央病院、小児救急センターも立地するなど、周南市の医療の中心となっている。

  • 遠石(といし)地区 人口10,688人

 旧国道2号沿い、周陽地区の南側に位置する。遠石八幡宮があり、正月は初詣客でにぎわう。また、周南緑地公園・周南市スポーツセンター・周南市野球場など、緑豊かな運動施設が充実している。

  • 岐山(きさん)地区 人口10,683人

 JR徳山駅の北側に広がる、御幸通・岐山通を中心とする地域。市役所をはじめ、市民館・周南市文化会館・動物園・美術博物館・市民交流センターなどが立ち並び、市の文化交流の拠点となっている。北側の金剛山・高尾団地などは住宅地となっている。私立の桜ケ丘高校、県内屈指の進学校である徳山高校や周南警察署が位置する。

  • 福川(ふくがわ)地区 人口10,128人

 JR福川駅を中心とする地域。旧新南陽市を構成した地区の一つ。古い街並みが広がり、随所に歴史ある建物が発見できる。南側には、ふれあいセンター・野球場などがあり、瀬の上・長田を中心に大規模な団地があり、新しい団地が多数造成されている。比較的閑静な地域であることから、若年層の転入が多くみられる一方、北側では高齢化が進んでいる。長田海浜公園は夏になると多くの海水浴客が訪れる。

  • 今宿(いまじゅく)地区 人口9,381人 関門(かんもん)地区 人口5,286人 中央(ちゅうおう)地区 人口4,141人

 今宿地区は市の中心部、関門地区は遠石地区の西隣に位置する。いずれも住宅地が広がる。中央地区はJR徳山駅を中心として東西に帯状に広がる地域。銀座地区は、近鉄松下百貨店を中心として商店街が広がる。かつてはサティやトポスもあり、周南地区の住民にとって「街に行く」といったらこの中央地区を指すほど活気にあふれた街だった。しかし現在はモータリゼーションの流れから衰退傾向にあり、現在徳山駅前の再開発事業が進められている。

  • 櫛浜(くしがはま)地区 人口5,839人 鼓南(こなん)地区 人口1,243人

 市南東部の地区。海沿いの町で、漁業が盛ん。徳山競艇がある。

  • 菊川(きくがわ)地区 人口7,847人

 富田地区の北側に位置する。ベッドタウンとして住宅地が広がる。

  • 須々万(すすま)地区 人口5,095人

 岐山地区の北側に位置する。菊川地区と同じく、ベッドタウンとして住宅地が広がり、宅地開発も活発である。

  • 夜市(やじ)地区 人口2,642人 戸田(へた)地区 人口3,495人 湯野(ゆの)地区 人口1,585人

 3つ合わせて西部地区ということがある。文字通り周南市の西部を構成。国道2号線・JR戸田駅沿いに広がる。山陽自動車道徳山西インターチェンジが立地し、湯野地区には周南市の温泉郷、湯野温泉がある。

  • 久米(くめ)地区 人口8,719人

 市東部の地域。徳山東インターを中心に市街地が広がる。徳山大学も立地。

ほかに、旧鹿野町だった鹿野地区、旧熊毛町だった熊毛地区などがある。  

名所・旧跡・観光スポット・イベント など

市東部の八代盆地には特別天然記念物ナベヅルが飛来することで有名であるが、最近では飛来数が減少傾向。

メディア

テレビ
新聞
ケーブルテレビ
地方紙

出身有名人

周南市を舞台にした作品

映画

周南市選出県議会議員

姉妹都市・提携都市

海外

その他

電話番号

市外局番は、熊毛地区が0833(40~79,90~99)、その他が0834(20~69,80~89)となっている。

  • 0834(20~69,80~89)エリア
    • 周南市(熊毛地区を除く)
  • 0833(40~79,90~99)エリア
    • 下松市光市(大和地区を除く)・周南市(熊毛地区)

郵便

郵便番号は、以下の通りとなっている。

  • 徳山支店:745-00xx、745-08xx、745-85xx、745-86xx、745-87xx、745-06xx
  • 徳山支店須々万集配センター:745-01xx、745-04xx、745-05xx
  • 徳山支店鹿野集配センター:745-03xx、745-02xx
  • 徳山支店串集配センター(所在地は山口市徳地町):747-06xx
  • 新南陽支店:746-00xx、746-85xx、746-86xx、746-87xx、746-01xx、745-11xx

関連項目

外部リンク

Template:Commonscat Template:Wikitravel

Template:山口県の自治体de:Shūnan en:Shūnan, Yamaguchi gl:Shūnan it:Shūnan ko:슈난 시 pl:Shūnan pt:Shunan ro:Shunan, Yamaguchi sv:Shunan tg:Шунан tl:Shunan, Yamaguchi uk:Сюнан zh:周南市

個人用ツール