南小国町

出典: Wikipedio


Template:日本の町村

南小国町(みなみおぐにまち)は、熊本県の北東部、阿蘇郡にある。農林業を主産業とするが、近年は黒川温泉をはじめ人気の温泉地があることで知られる。また、「熊本緑の百景」第1位に選ばれた瀬の本高原などの自然景観も美しく、多くのアウトドアファンが訪れる。

目次

地理

阿蘇外輪山外側の標高430m~945mの高原地帯で、隣の小国町とともに小国郷と呼ばれる。東には九州本土の最高峰である大分県九重山を望み、九州最大の河川・筑後川の源流域でもある。一部は阿蘇くじゅう国立公園に属する。

隣接する市町村

熊本県
大分県

歴史

沿革

  • 1889年4月1日 町村制施行により赤馬場村・満願寺村・中原村が合併し南小国村が発足。
  • 1969年11月1日 町制施行。南小国町となる。

行政

  • 町長:河津修司

(前町長:橋本 公)

経済

・高冷地野菜・畜産などの農業および小国ヒノキなどの林業、温泉・アウトドアなどの観光が主な産業。2004年度町内総生産170億円。

たかな漬け、しいたけまいたけジャージー牛乳などが特産品。

姉妹都市・提携都市

国内

地域

人口

Template:人口統計

教育

小中学校

町立

交通

道路

一般国道

主要地方道

一般県道

バス路線

一般路線バス

コミュニティーバス

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

温泉

南小国町出身の有名人

外部リンク

Template:熊本県の自治体 Template:Japan-area-stuben:Minamioguni, Kumamoto ko:미나미오구니 정 zh:南小國町

個人用ツール