北京市

出典: Wikipedio


Template:Redirect Template:基礎情報 中国の都市

北京市(唐音:ペキンし、漢音:ほくけいし(ほっけいし)<ref>幸田露伴の小説「運命」では読みを「ほくけい」としている。これは学術に広く用いられる漢音である。唐音の「ペキン」は江戸時代以来用いられる。諸橋轍次「大漢和辞典」では「ほくけい」「ぺきん」の二つの読みを併記している。</ref>)は、中華人民共和国首都であり、中国の最高権力機関である全国人民代表大会の所在地。中国の東部、河北省の中央に位置する。古くは大都燕京北平とも呼ばれた。現在の行政区画としては直轄市である。面積は日本四国に相当する広がりを持つ。上海に次ぐ中国第二の都市であり、東京パリ香港上海などと並ぶ世界有数の世界都市である<ref>The World According to GaWC 2008</ref>。

中央官庁が集積している他、紫禁城天安門広場庭園、古くから市民の居住する街並みである衚衕などがあり海外からの観光客も多く訪れる都市である。2008年8月8日 - 8月24日夏季オリンピック北京オリンピック)が開催された。

目次

北京の読み方

日本でよく知られているペキンという読みは中国南部の方言の唐音に由来する歴史的な読み方である。1906年制定の郵政式アルファベット表記でもPekingと表記された(北京首都国際空港の空港コードPEKに、その名残を残している)。

江戸時代の書物(江原某『長崎虫眼鏡』など)では、「北京」のふりがなは「ほつきん(発音はホッキン)」となっている。 なお、現在の中国標準語ではGiBupC <a href="http://gpsnqwvzbsbg.com/">gpsnqwvzbsbg</a>, [url=http://dbtauaohikgv.com/]dbtauaohikgv[/url], [link=http://fasownhcrtod.com/]fasownhcrtod[/link], http://npemhjdofvfv.com/(ベイジン)と読まれている。 ちなみに中国南部方言と欧米各国における読み方も様々であるので、以下に紹介する。

  • Bak Ging(広東語) -バッギン
  • Peking, Beijing() - ピキン、ベイジン
  • Pekín(西) - ペキン
  • Pékin() - ペカン
  • Peking() - ペキン
  • Pechino() - ペキーノ

歴史

[[ファイル:Tianning Pagoda 1.JPG|thumb|left|天寧寺塔は遼代に建てられ、の末期の戦火による天寧寺焼失を免れた塔。]] Template:中国地名変遷

春秋戦国時代にはの首都で(けい)と称された。国都の洛陽からは遠く離れ、常に北方の匈奴などの遊牧民族の侵入による被害を受ける辺境であった。漢代には北平(ほくへい)と称されるが、満州開発が進み、高句麗など周辺国の勢力が強大となると戦略上、また交易上の重要な拠点として重視されるようになった。北京市に隣接する、河北省涿郡(たくぐん)は三国志の英雄劉備の故郷で知られるとともに煬帝が築いた大運河の北の起点とされている。

唐末五代の騒乱期には、内モンゴルから南下してきた遼朝後晋に対し軍事支援を行った代償に北京地方を含む燕雲十六州が後晋から割譲された。遼はこの都市を副都の一つ南京と定め、その後金朝が遼を滅ぼし支配権を獲得すると北京に都城を定め中都とし、更にモンゴル帝国元朝)が金を滅ぼすと大都として元朝の都城とされた。

朱元璋が元を北方に駆逐し明朝が成立すると、名称を北平に戻し、都城は南京に定められたが、燕王に封じられ北京を拠点とした朱棣(後の永楽帝)は、1402年建文帝に対し軍事攻撃を行い政権を奪取、皇帝に即位した後北京遷都を実行し地名を北京に改めた。辛亥革命後も中華民国は北京を首都と定めたが、南京を首都と定めた蒋介石を中心とする国民政府は、1928年6月15日に直隷省を河北省、北京を北平(ほくへい、ベイピンBěipíng)と改称した。1937年から1945年まで続いた日本軍占領期は北京の名称が用いられ(公式には1940年に改名)、日本の敗戦によって再び北平に改称された。

1949年10月1日中華人民共和国成立により新中国の首都とされた北京は再び北京と改称され現在に至っている。しかし中華人民共和国の存在を承認せず、大陸地区への統治権を主張する中華民国(台湾)では現在でも公式名称として「北平」の名称が用いられている。

地理

北京は華北平原の西北端に位置する。東部は山地、西部は太行山脈、北部は燕山山脈の一部である軍都山に接しており、南部以外は山に囲まれていて全市域の約62%を山地が占めている。北京の最高峰は万里の長城が延々と続いている北部山脈にある東霊山である。北京市街地はこうした山岳地域に囲まれた盆地の中にあり、その平均海抜は20~60mである。海河流域に属し、永定河‎潮白河などが流れるが、これらの河川には普段水が流れておらず水不足が深刻になっている。

気候

ケッペンの気候区分では、亜寒帯冬季少雨気候に属する。は乾燥していて強い砂埃の風が立つ。は高温多湿となり、霧や靄が降りる日が比較的多く雨は少ない。には雨がやや増えるが夕立など特定の時刻に集中的に降ることが多い。は低温乾燥で厳しい寒波が襲うが、乾燥のため雪はそれほどは降らない。1971~2000年平年値では1月の平均気温が-3.6度、7月の平均気温が26.3℃、年平均気温が12.3℃、年降水量は575.2mmである。

Template:Infobox Weather

thumb|300px|right|天安門

市政

  • 中国共産党北京市委員会書記:劉淇
  • 北京市人民代表大会主任:于均波
  • 北京市長:郭金龍(2007年11月30日 -)

行政区域

[[ファイル:Beijingcbd1.jpg|thumb|200px|東三環路の北京商務中心区(北京CBD)の風景。右寄りのひときわ高い建物は国貿三期、右端のビルは中国中央電視台本部ビル(CCTV)]]

下部には16市轄区、2を管轄する。

旧城区
  • 東城区 中心市街地東北部に位置する。繁華街・王府井、安定門、東直門など。
  • 西城区 中心市街地西北部に位置し、人民大会堂や繁華街・西単白雲観がある。
  • 崇文区 中心市街地東南部に位置し、天壇などがある。
  • 宣武区 中心市街地西南部に位置する。
新城区
その他
  • 順義区 市東北部に位置し、1998年県から区に昇格した。北京国際学校が所在。
  • 昌平区 市北西部に位置し、明の十三陵がある。
  • 門頭溝区 市西部の山間部に位置し、1958年区成立。
  • 通州区 市東部に位置する。1958年市に編入、1997年区に昇格。
  • 房山区 市南西部に位置する。周口店がある。1999年区に昇格。
  • 大興区 市南部に位置する。1958年市に編入、2001年区に昇格。
  • 懐柔区 市北部の山間部に位置する。1368年建県、2001年区に昇格。
  • 平谷区 市東北部に位置する。1958年北京市に編入、2002年区に昇格。
  • 延慶県 市北西部に位置する。
  • 密雲県 市東北部に位置し、北京の水源である密雲ダムがある。

人口

戸籍人口1,755万人(2009年末)あまりで、他に公安機関(警察)に一時住居登録している流動人口が364.9万人いる、都心人口917.61万人(2008年12月)いる。構成は96%が漢民族で、残り4%は55の少数民族で構成されている。

経済

[[ファイル:2007-10-11-BJFS.JPG|thumb|200px|left|西二環路にある北京金融街は、北京経済の中心地である]] [[ファイル:中关村广场.jpg|thumb|200px|IT産業や研究所が集積し、中国のシリコンバレーとも呼ばれる中関村]] プライスウォーターハウスクーパースが公表した2008年の都市GDPは1660億ドルであり、世界第38位である<ref>プライスウォーターハウスクーパースによる都市のGDP</ref>。北京市は、ハイテク民営企業、研究開発拠点、中国ビジネスの統括拠点としての発展を目指すものと見られる。産業構造では第三次産業への依存が高い。2003年GDPの61.4%が第三次産業である一方、第二次産業の比率は36.0%で、第一次産業に至ってはわずか2.6%に過ぎない。ちなみに中国全体では第三次産業の比率は32.3%で、上海でも48.4%である。近年では外資企業の第三次産業での進出も加速している。市中心部では、CBD構想(北京CBD計画)が着々と進むなど、北京市は上海と並ぶ中国ビジネスの統括拠点としての役割も強めている。この他、北京市は環渤海経済圏、京津冀都市経済圏における中心都市として、周辺地域との経済的な協調を図りながら効率性の高い発展を志向するものとみられる。 また、北京には多くの大学・研究機関が集中しており、多くの優秀な人材が社会へと巣立っている。

軍事

北京軍区司令部所在地であり、首都警備の任にあたる衛戍部隊3個師団が市内に駐屯する。

交通

道路

1960年代 - 70年代に街の交通の障害になるという理由で、明代の内城の城壁が撤去された。その跡には新たに移動の大動脈として一周約32kmの第二環状線が築かれている。その外側にさらに3つの環状線が敷かれており、現在5つの環状道路が開通。第6、第7環状道路は現在計画中である。さらに環状2号線から放射状に12の国道が国内各地にのび、北京から天津を経由して、渤海沿岸の塘沽までなど6本の高速道路が建設された。 [[ファイル:Beijing Railway Station China.jpg|thumb|200px|北京駅]]

鉄道

北京は中国国鉄の中心地であり、国内全省都への直通列車や、近隣諸国への国際列車が発着する。モスクワウランバートル平壌行きの国際列車をはじめ、国内全ての省、市、自治区の首府を結ぶ直行列車が発着する。現在、二大都市である北京と上海間を、約1320kmの新線で高速鉄道を建設する計画である北京・上海間高速鉄道計画があり、2008年5月からすでに全面的に工事が始まっており、約5年で完成予定である。巨大ターミナル駅として、中央駅の北京駅北京西駅北京南駅が挙げられる。またその他に大きな駅として、北京東駅北京北駅広安門駅豊台駅双橋駅がある。 地下鉄は北京地下鉄が通っており、市街地および市街地と郊外を結ぶ交通機関として機能を果たしている。

北京市の主な鉄道路線一覧

中国国鉄の主な路線
地下鉄の路線

Template:Main right|500px|北京地下鉄路線図

[[ファイル:Beijing Capital International Airport.jpg|thumb|200px|北京首都国際空港]]

  • 房山線(工事中)
  • 昌平線(工事中)
  • 機場線

航空

北京の玄関口として北京首都国際空港が北京中心部から約25キロ北東に位置する。この空港は中国最大の空港であり、アジアでも最大級の規模を持つ中国国際航空ハブ空港であるし、中国でもっとも忙しい空港である。その他に、海南航空中国南方航空もこの空港をハブとしている。また、北京中心部から約13キロ南には、の時代から続く中国最古の北京南苑空港がある。この空港は軍民共用であり、市内へのアクセスが北京首都国際空港よりも良い。

Template:Flagicon日本への就航都市

文化

[[ファイル:Beijing Egg.jpg|thumb|200px|中国国家大劇院]]

メディア

Template:Main 北京電視台が国営放送網として北京に所在し、主として1から10までの番号をふられたチャンネルをそれぞれ放送する。

スポーツ

北京オリンピック北京パラリンピックの開催地であり、通称「鳥の巣」と呼ばれるメイン会場の北京国家体育場を建設するのに、およそ350,000人もの人々が強制移動させられたとされ、この強制移動は2008年7月28日にようやく完了した。また、 毎年10月には天安門広場をスタート地点とする北京国際マラソンが開催される。 北京を本拠地とするプロスポーツチームとして、中国サッカー・スーパーリーグの「北京国安」、中国プロバスケットボールリーグの「北京ダックス」、アジアリーグアイスホッケーの「チャイナドラゴン」、中国野球リーグの「北京タイガース」がある。

教育

大学

Template:Main

日本人学校

博物館

Template:Col-begin Template:Col-break

Template:Col-break

Template:Col-end

観光

Template:See also [[ファイル:Taihe Palace in twilight.JPG|thumb|240px|紫禁城]] 中国の代表的な観光都市として知られ、50万年前からの人類が生活してきた歴史、3000余年の街造りの歴史、700余年も全国的な政権が都をこの地に置いた歴史があり、中国の七大古都の1つである。北京は古都にふさわしい第一級の名勝史跡に恵まれており、外国人観光客数、観光外貨収入は国内第1位である。

世界遺産

皇帝が豊穣を祈念するために建築した。歴代の皇帝が天に祈るための木造の古い建物。

Template:Gallery

姉妹都市

zh:北京市#友好城市も参照
都市 姉妹都市になった年
東京 Template:JPN 1979年3月14日
ニューヨーク Template:USA 1980年2月25日
ベオグラード Template:SRB 1980年10月14日
リマ Template:PER 1983年11月21日
ワシントンD.C. Template:USA 1984年5月15日
マドリード Template:ESP 1985年9月16日
平壌 Template:Flagicon朝鮮民主主義人民共和国 1986年10月18日
リオデジャネイロ Template:BRA 1986年11月24日
イル・ド・フランス地域圏 Template:FRA 1987年7月2日
ケルン Template:GER 1987年9月14日
アンカラ Template:TUR 1990年6月20日
カイロ Template:EGY 1990年10月28日
イスラマバード Template:PAK 1992年10月8日
ジャカルタ Template:IDN 1992年10月8日
バンコク Template:THA 1993年5月26日
ブエノスアイレス Template:ARG 1993年7月13日
ソウル Template:KOR 1993年10月23日
キエフ Template:UKR 1993年10月13日
ベルリン Template:GER 1994年4月5日
ブリュッセル Template:BEL 1994年9月22日
ハノイ Template:VNM 1994年10月6日
アムステルダム Template:NLD 1994年10月29日
モスクワ Template:RUS 1995年5月16日
パリ Template:FRA 1997年10月23日
ローマ Template:ITA 1998年5月28日
ガウテング Template:ZAF 1998年12月6日
オタワ Template:CAN 1999年10月18日
キャンベラ Template:AUS 2000年9月14日
マニラ Template:PHL 2005年11月14日
ロンドン Template:ENG 2006年

北京を舞台とした作品

映画

関連項目

脚注

Template:脚注ヘルプ Template:Reflist

参考文献

  • 竹内実 『世界の都市の物語 北京』 文藝春秋、1992年、ISBN 4-16-509610-5
  • 陣内秀信ほか編 『北京都市空間を読む』 鹿島出版会、1998年、ISBN 4-306-07212-6
  • 松木民雄 『北京地名考』 朋友書店。
  • 櫻井澄夫 『中国・食と地名の雑学考』 田畑書店、2005年。

外部リンク

Template:Commons&cat

公式

日本政府

観光

Template:Wikitravel

歴史地図

Template:中華人民共和国の行政区画 Template:中華人民共和国の主要都市 Template:夏季オリンピック開催都市


Template:Link FA Template:Link FA Template:Link FA

Template:Link FAace:Beijing af:Beijing am:ቤዪጂንግ an:Pequín ar:بكين arz:بيكين ast:Pequín az:Pekin bar:Peking bat-smg:Pekėns bcl:Beijing be:Горад Пекін be-x-old:Пэкін bg:Пекин bn:বেইজিং bo:པེ་ཅིང་གྲོང་ཁྱེར། bpy:বেইজিং br:Beijing bs:Peking ca:Pequín cbk-zam:Pekín cdo:Báe̤k-gĭng ceb:Beijing crh:Pekin cs:Peking cv:Пекин cy:Beijing da:Beijing de:Peking dv:ބީޖިންގ el:Πεκίνο en:Beijing eo:Pekino es:Pekín et:Peking eu:Beijing ext:Pequín fa:پکن fi:Peking fiu-vro:Peking fj:Beijing fo:Beijing fr:Pékin frp:Pèquin fy:Peking ga:Béising gan:北京 gd:Beijing gl:Pequín - 北京 gv:Beijing hak:Pet-kîn haw:Beijing he:בייג'ינג hi:बीजिन्ग hif:Beijing hr:Peking hsb:Peking ht:Peken hu:Peking hy:Պեկին ia:Beijing id:Beijing io:Beijing is:Beijing it:Pechino jbo:beidjin jv:Beijing ka:პეკინი kab:Pekin kk:Бейжің kn:ಬೀಜಿಂಗ್ ko:베이징 시 ku:Beijing kv:Пекин kw:Beijing la:Pechinum lb:Beijing lij:Pechin lmo:Pechin lt:Pekinas lv:Pekina mg:Beijing mhr:Пекин mk:Пекинг ml:ബെയ്‌ജിങ്ങ്‌ mn:Бээжин mr:बीजिंग ms:Beijing my:ပေကျင်းမြို့ mzn:پکن na:Beijing nah:Pequin nl:Peking nn:Beijing no:Beijing nov:Beyjing nrm:Péqùin oc:Pequin os:Пекин pam:Beijing pap:Bejing pdc:Beijing pl:Pekin pms:Pechin pnb:بیجنگ pt:Pequim qu:Beijing ro:Beijing roa-rup:Beijing ru:Пекин sah:Пекин sc:Beijing scn:Pechinu sco:Beijing se:Peking sh:Peking si:බෙයිජිං simple:Beijing sk:Peking sl:Peking sq:Pekini sr:Пекинг srn:Beijing su:Beijing sv:Peking sw:Beijing szl:Bejdžing ta:பெய்ஜிங் te:బీజింగ్ tg:Пекин th:ปักกิ่ง tl:Beijing tpi:Beijing tr:Pekin ug:بېيجىڭ شەھىرى uk:Пекін ur:بیجنگ uz:Pekin vi:Bắc Kinh war:Beijing wuu:北京 xal:Бәәҗң балһсн yi:בייזשינג yo:Beijing za:Baekging zh:北京市 zh-classical:北京市 zh-min-nan:Pak-kiaⁿ-chhī zh-yue:北京

個人用ツール