九州旅客鉄道

出典: Wikipedio


Template:基礎情報 会社 九州旅客鉄道株式会社(きゅうしゅうりょかくてつどう、英称:Kyushu Railway Company)<ref>社名ロゴの「鉄」の字は、金を失うという意味を避けるため「金偏に矢」という文字(鉃)を使っているが、正式な商号は常用漢字の「鉄」である(四国旅客鉄道以外の各社も同じ)。</ref>は、1987年4月1日日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継ぎ発足した旅客鉄道会社の一つ。略称はJR九州(ジェイアールきゅうしゅう)。英語略称はJR Kyushu。コーポレートカラー色。

主に九州地方山口県の一部の鉄道路線を管理運営している。また、旅行業不動産業なども展開している。本社は福岡市代表取締役社長唐池恒二社歌は『浪漫鉄道』でハイ・ファイ・セットが歌っている<ref>JRの他の6社でも社歌を定めている。JR東日本の社歌は『明け行く空に』でハイ・ファイ・セットとはライバルであるサーカスが歌っている。</ref>。

目次

概況

旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律」に依る特殊会社である。北海道旅客鉄道(JR北海道)、四国旅客鉄道(JR四国)、日本貨物鉄道(JR貨物)と同様、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構国鉄清算事業本部(発足当初は日本国有鉄道清算事業団)が全株式を保有しており、現在までのところ株式上場の目途は立っていない。また、経営支援策として経営安定基金が造成されており、固定資産税の減免を受けている。九州新幹線の部分開業の効果もあって、2004年度の営業収支はわずかながら黒字に転換した。

thumb|200px|日章旗を掲げた駅舎の様子(周船寺駅、2009年11月3日) 2002年以降、管内にあるすべての有人駅(業務委託駅を含む)で、すべての国民の祝日に、国旗(日章旗)を掲揚するようになった。

1987年のJR九州発足後は、福岡市博多区の福岡本社のほか、北九州市門司区門司港駅隣)の旧国鉄九州総局ビルに北九州本社を構えていたが、2001年に福岡本社に統合し、北九州市小倉北区に北部九州地域本社を設置している。

経営環境

九州は、一部を除き高速道路網の整備が比較的早く、国鉄末期から高速バスとの競争が激化していたことと、福岡市北九州市の大都市同士を結ぶ博多駅 - 小倉駅間でも西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽新幹線との競争があることから、都市間輸送において競合が激しい。そのため、特急列車の増発および特急料金の値下げなどを行っている。グループ会社が34社と多く、関連事業の収益が鉄道事業を超えているのも特徴である。

運転面

他のJR各社と比べ、在来線特急列車を優先しているダイヤであることが特徴である。人口の多い北部九州においては、通勤輸送にも力を入れているものの、2000年門司港駅 - 博多駅間に設定した特急「きらめき」の停車駅をそれまでの快速停車駅とほぼ同じにした影響で、快速の停車駅は増加しており鈍化傾向にある。

また、特急列車を除き130km/h運転を行う在来線列車は他のJR各社と異なり存在せず、鹿児島本線でも普通列車のみ停車する駅では30分以上列車間隔が開く駅もある。

特急列車の運行については民営化後博多駅を中心とした体系に改善された。博多駅からは小倉駅熊本駅佐賀駅長崎駅佐世保駅大分駅など、九州各県の主要駅に向かう特急が数多く発着している。特に博多駅 - 小倉駅・熊本駅間に関しては、JR他社でも例のない「在来線特急毎時上下各3本運転」を行っている<ref>なお博多駅 - 佐賀駅間についても同様の構想を持っているが、博多駅 - 鳥栖駅間の過密ダイヤがネックになって実現に至っていない</ref>。鹿児島中央駅宮崎駅に関しては途中駅での接続で対応しているが、特急料金の通算や同一ホームでの乗り換えなどで便宜を図っている。

博多駅は日本で在来線特急がもっとも多く発着する駅となっている。また博多駅 - 鳥栖駅間は3系統8種の特急列車(「リレーつばめ」「有明」「かもめ」「みどり」「ハウステンボス」「ゆふ」「ゆふDX」「ゆふいんの森」)が運転され、線路容量は限界に達している。このため長崎本線長崎方面特急「かもめ」と佐世保線特急「みどり」の一部は併結運転を行っている。「みどり」が「ハウステンボス」を併結する際は3階建て列車を形成する場合もあるが、2007年現在JRの3階建て列車はこの「かもめ・みどり・ハウステンボス」のみである。

2008年6月発売の時刻表より、JR九州管内の「エル特急」の呼称がすべて「特急」に変更された。公式アナウンスはないが、2002年12月ダイヤ改正で実施した東日本旅客鉄道(JR東日本)に次いで2例目となった。ただし、案内放送・表記などは未変更のものが残っている。

1988年に香椎線三角線で開始されて以来、JR九州でも合理化のため、車掌を乗務させない「ワンマン運転」が増加している。普通列車のほか、2004年以降は一部の特急列車もワンマン運転となり、2009年10月1日からは都市圏区間の日豊本線小倉 - 中津間でもワンマン運転を実施する編成が登場した。

運賃面

1996年運賃を値上げしつつ、JR他社より安いグリーン料金や、JRグループの中では唯一繁忙期(指定料金が200円増しになる時期)を設定しない<ref>ただしピーク期として2枚きっぷなどの特別企画乗車券で座席指定をする際には別途500円が必要になる期間を設けている。</ref>など料金の値下げをしている。

JR九州の競争区間(主に九州内の高速バス)の対象である旅客に対する値下げ戦略は、1996年のナイスゴーイングカード(金曜・土曜・休日に101km以上の区間を利用すると運賃・料金が4割引、九州新幹線を区間に含む場合は3割引になるカード)登場以降その流れが加速し、さまざまな種類の割引きっぷが登場して複雑さを増したため、2001年に割引きっぷのほとんどを特急回数券「2枚きっぷ・4枚きっぷ」に集約した。この「2枚きっぷ・4枚きっぷ」の値下げ幅はかなり大きく、中には普通乗車券よりも安くなる区間まで生じている(例:博多駅 - 大分駅(鹿児島線・日豊線経由)間の普通乗車券が3570円なのに対し、「福岡市内 - 別府・大分」の4枚きっぷは普通乗車券+指定席特急券で1枚当たり2500円)。その一方で、高速バスとの競合のない区間については、割引きっぷはないか、あっても割引率は小さい。

快速・普通列車用の割引回数券としては、6枚つづりの「ミニ回数券」があるが、「2枚きっぷ・4枚きっぷ」と異なり積極的な宣伝・広告活動などは行われていない。なお、特急列車の設定のない一部の区間(長崎 - 佐世保間など)では、普通列車用の「2枚きっぷ・4枚きっぷ」も併せて発売している。

全線フリーの企画乗車券については以前「九州グリーン豪遊券」(2003年まで)・「九州レディースパス」(2002年まで)の発売が終了してから数年間存在しなかったが、2006年から発売が開始された、九州内の高速バスを含む路線バスほぼ全路線が乗り放題となるフリー乗車券「SUNQパス・全九州版」に影響されたのか、JR九州発足20周年を迎えた2007年に入り「九州特急フリーきっぷ」や「旅名人の九州満喫きっぷ」が企画されるなど、以前よりフリー切符に対しては経営の方針が柔軟になったことが伺える。

車両面

Template:Main2 特急車両に関しては、JRグループの中でも高い評価を得ている(「車両」の節で後述)が、787系電車を除いて全体的に予備編成が乏しく、車両のやりくりに苦労することも多く見られる。

  • 佐世保線特急「みどり」は2000年485系電車から783系電車に車両を変更したが、専用編成は485系時代の8本から5本<ref>2006年に「きらめき1・10号」専用のCM35編成が「みどり」運用に対応する改造を施されたが、通常「みどり」には充当されない。</ref>に減らされた。このため予備車どころか、専用編成だけでは「みどり」全列車を運行できない状況である。そのために他の783系で運転することがしばしばあり、所定では可能である併結相手の「ハウステンボス」との車内間通り抜けができなくなる場合がある。
  • 日豊本線特急「ソニック」は振り子式883系電車・885系電車で運転されるが、予備編成が全部合わせて1本しかない<ref>とくに、883系は検査周期が同社の在来線電車の中では最も短く、予備車がない状況となりやすい</ref>。このため、検査に入る編成が出ると所定では883系の列車を885系、あるいはその逆で運転することが多々見られる。なお、885系については本来の「白いソニック」編成ではなく「白いかもめ」編成を用いることも多い。それでも車両が足りない場合は783系や787系を用いるが、これらは振り子式でないため、ほぼ確実に遅れが生じてしまう。
    • ただし予備編成のないはずの「みどり」、「白いソニック」編成をそれぞれ「ハウステンボス」「かもめ」に充当するケースもあり<ref>なお「みどり」編成の「ハウステンボス」充当はごくまれである。</ref>、博多駅で「白いソニック」編成の「かもめ」と「白いかもめ」編成の「ソニック」が並んだり、「ハウステンボス」編成の「みどり」と「みどり」編成の「ハウステンボス」が併結することもある<ref>貫通型先頭車が外を向き、非貫通型先頭車同士が連結している状況となる。当然車内間通り抜けはできない。</ref>。
  • 久大本線特急「ゆふいんの森」は1日の運用を2編成でまかなっているが、予備車両はない。このため検査日で使用できない編成については、車両のグレードにおいてワンランク劣るキハ185系気動車が臨時特急「ゆふ」として同じダイヤで運行されている。また、同じ路線を走る「ゆふDX」も同様に編成を限られているため、日によって特急「ゆふ」と運行を入れ替えたダイヤが設定されている。
  • 現在すべての列車が783系電車と885系電車で運行されている、長崎本線特急「かもめ」の定期列車としての787系電車での運転の最終日には、787系で運用される全列車に編成を充当することができず、ほとんどが783系での運行となってしまった。

普通列車関係では、トイレの設置を進めており、近年では103系1500番台および303系の全編成、キハ125形の全車に、バリアフリー対応トイレが設置された。この結果、トイレ非設置の普通列車はキハ31形単行列車など、ごく少数となった。その一方で無人駅のトイレが閉鎖されるなどの余波もある。

禁煙化

車両の禁煙化にはJR各社の中でも積極的な方で、民営化直後の1988年には普通・快速列車の分煙化を行い、さらに1995年には普通・快速列車は全面禁煙とした。一方特急列車でも年々禁煙車は増加しており、2003年からは特急列車の喫煙車は編成最後部(下り列車基準)の1両のみとし、指定席自由席を1両に集約している(なお、車両が2室に分かれる783系ではA室を自由席、B室を指定席とし、その他の車両については指定席の枕カバーを黄色にすることで区別している)。また、1999年に投入された「有明」用の787系では、喫煙ルームを設けることで客室内は禁煙としたが、当時はまだ全席禁煙の特急は珍しかった。2004年に開業した九州新幹線「つばめ」は、当初から禁煙であった。

さらに、健康増進法の施行などで全面禁煙化を求める声が多くなったことから、2007年3月18日のダイヤ改正において、管内特急の喫煙コーナーの廃止を含む大幅な禁煙化が行われた。この改正により管内特急はほぼすべて全面禁煙となり、「ソニック」を除く日豊本線特急(「にちりん」「ひゅうが」「きりしま」)に喫煙車が、「ゆふ」「ゆふDX」「ゆふいんの森」「九州横断特急」「くまがわ」に喫煙ルーム(客席内は禁煙)が残るのみとなった。そしてついに、2009年3月14日のダイヤ改正で上記特急の喫煙車及び喫煙ルームも禁煙となり、全特急完全禁煙となった。

今後の展望

九州新幹線鹿児島ルート2011年に全線開業する予定である。2004年新八代駅 - 鹿児島中央駅間が先行開業した際は在来線特急「つばめ」の「リレーつばめ」への変更、および新幹線「つばめ」に接続する観光向け列車の設定を除けば管内輸送に大きな変更はなかったが、全線開業においては大幅な輸送体系の再編が予想される。また、全線開業の際には山陽新幹線との相互直通運転も予定されている。また、九州新幹線長崎ルート(西九州ルート)が開業する際には長崎本線・佐世保線においても輸送体系が再編されることになるが、2008年4月に着工されたばかりで工期はおおよそ10年が予定されており当面先のことである。

本社・支社等

thumb|250px|right|JR九州 本社(博多駅前ビジネスセンタービル6F-11F)

Template:Location map+

本社・支社の路線管轄境界駅についてはJR支社境を参照のこと。

本社

所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前3-25-21
新幹線鉄道事業部
所在地:鹿児島県薩摩川内市

支社

北部九州地域本社
所在地:福岡県北九州市小倉北区室町3-2-57
長崎支社
所在地:長崎県長崎市尾上町1-89
大分支社
所在地:大分県大分市要町1-1
熊本支社
所在地:熊本県熊本市春日3-15-1
鹿児島支社
所在地:鹿児島県鹿児島市武1-2-1

島外拠点・付属機関

東京支店
所在地:東京都千代田区丸の内3-4-1
沖縄支店
所在地:沖縄県那覇市久米2-4-16
上海事務所(2010年設立)
所在地:中国上海市
小倉工場
所在地:福岡県北九州市小倉北区金田3-1-1
JR九州病院
所在地:福岡県北九州市門司区高田2-1-1
社員研修センター
所在地:福岡県北九州市門司区新原町8-1

歴史

今後の予定

Template:予定

路線

総営業キロ数:2121.7km(22線区・2008年3月15日現在)

新幹線:137.6km(1線区)
在来線:1984.1km(20線区)

総駅数:562駅(2010年3月13日現在)

凡例 [幹]:幹線系線区、[地]:地方交通線、[特]:特定地方交通線、丸括弧内の線名は愛称

新幹線

thumb|240px|right|九州新幹線800系(新水俣駅)

在来線

航路

廃止路線

  • 鹿児島本線 [幹]:八代駅 - 川内駅 116.9km - 2004年3月13日廃止。肥薩おれんじ鉄道に転換

列車

JR九州発足以降に同社の路線で運行されている、もしくはかつて運行されていた列車を挙げる。種別が変更された列車は変更後のもので記載し、全列車が他社の車両で運行されているものはその会社名も記載する。

現行列車

新幹線

在来線

廃止列車

在来線


車両

Template:Wakumigi Template:See also

JR九州の車両はデザイン的に非常に特色がある。その多くは鮮やかな色彩を多用し、社名英称・列車愛称形式称号などをヘルベチカによるモダンなレタリングに統一した塗装と、快適さを主眼においた豪華な内装を持っている。これらはドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治の手によるものである。建築デザイナーとしてホテル公共施設のデザインを手がけていた水戸岡は、1988年のキハ58系「アクアエクスプレス」からJR九州の車両デザインに参加。特に1992年787系つばめ」は、そのデザインと優れた内装によって、ブルーリボン賞・グッドデザイン商品(現・グッドデザイン賞)といった日本国内の賞のみならず、日本国外からもブルネル賞を受賞している。以降も水戸岡は883系ソニック」・885系かもめ」そして新幹線800系「つばめ」などの特急用にとどまらず、近郊形まで含めた新車両や、国鉄継承車両のリニューアルのデザインを手がけている。

その一方で事故廃車となった車両数がほかのJR各社に比べて多く、これまでにキハ200系811系813系・885系と、旧国鉄から引き継いだキハ40形の一部が事故・災害により廃車された。とりわけ1993年8月6日に発生した日豊本線竜ヶ水駅での土砂崩れ事故NHKドキュメンタリー番組プロジェクトX〜挑戦者たち〜』でも取り上げられた。

1992年にはJR四国から2000系気動車の導入で余剰となっていたキハ185系を購入し、久大本線豊肥本線の急行を特急に格上げ(「由布」→「ゆふ」「火の山」→「あそ」)したこともある。

九州の南部地域の路線では、国鉄時代に製造された車両が現在も多く使用されている。ただし、普通列車に限れば鹿児島・宮崎の電化区間に817系、指宿枕崎線ではキハ200系の導入が進んでおり、輸送環境は一定の改善が見られる。特筆されるのは肥薩線の観光特急「はやとの風」で、この列車はキハ140形一般形気動車を改造した車両が使用されることで、鉄道ファンの間でも話題になった。また、門司 - 下関間で運用可能な交直両用電車は、分割民営後は1両も造られていない。

また、発足当初はジョイフルトレインを保有していたが、1994年までに全廃され、以後は東海旅客鉄道(JR東海)と同様に保有していない。そのため団体専用列車には一般の特急形車両や近郊形車両を使用する。

なお、電車においては製造会社は日立製作所近畿車輛の2社に集約されている。旧国鉄時代のように5社(他に日本車輌製造川崎重工業東急車輛製造)を使い分けるほど新製車両数が多くないため、設計・製造面で製造会社を集約した方がよいためとされている。

JR九州発足後に開発された普通列車用の電車に関しては、転換クロスシート車(811系、813系、817系)を積極的に導入しており、ロングシート車(303系813系500番台815系)と比べると、編成数・車両数ともに圧倒的に転換クロスシート車が多い。

福岡都市圏を走る811系においては、期間限定のペインティング・ラッピングが施される場合がある。詳しくは当該項目を参照されたい。

また、811系・813系・817系・415系については近年、上り側あるいは下り側のいずれかの進行方向のすべての中吊り広告枠に一社の広告を独占して掲出することがある。これはバイエル薬品「悪玉コレステロール値140以上の先にあるもの」、久光製薬サロンパス」「フェイタス」、NTTドコモなどの広告でよく行われている。


車両基地

thumb|240px|right|門司港運転区の電留線 支社別の車両基地設置状況は、以下のとおりである。

本社

支社

※ ()内は各車両基地の略号。ただし、漢字1文字は機関車にのみ付される。

車両工場

ICカード乗車券

Template:Main 2009年3月1日から、独自のICカード乗車券SUGOCA」(スゴカ)<ref>「JR九州ICカードの名称とデザインが決定!!」九州旅客鉄道 2007年10月29日</ref>の利用を、福岡県内の一部を中心に開始した。

発行するのは、プリペイドタイプのIC乗車券(無記名式・記名式)と、それに定期乗車券の機能を一体化させたIC定期券の2種類で、発売の際、デポジット料金として500円を徴収する。積み増せるチャージ上限は20,000円。

開始当初から電子マネー機能を搭載しており、駅売店などで利用できる。ポイントシステムについては2010年2月1日に導入され、またライバル西日本鉄道の「nimoca」が導入したクレジット兼用型についても、グループ企業や系列の商業施設「アミュプラザ」などが独自に導入していたクレジットカードを統合する形で、同年3月に「JQ CARD」(三菱UFJニコスと提携)として発行することが決まっている。しかし、モバイル機能は今後の検討課題である。

2010年3月13日からは、「nimoca」・福岡市交通局の「はやかけん」とJR東日本の「Suica」を含めた、4社局のICカード乗車券の相互利用(交通利用・電子マネーサービスとも)を開始した。2011年春にはJR西日本の「ICOCA」との交通利用および電子マネーの相互利用を開始する予定である。

主な関係会社

thumb|240px|right|アミュプラザ鹿児島

イメージキャラクター

CM等で活躍

提供番組

すべてJR九州単独提供番組

脚注

Template:脚注ヘルプ Template:Reflist

関連項目

外部リンク

Template:Commonscat Template:Wikinewscat

Template:JR Template:特殊法人de:Kyushu Railway Company en:Kyushu Railway Company fr:JR Kyūshū it:Kyushu Railway Company ko:규슈 여객철도 nl:Kyushu Railway Company pl:Kyushu Railway Company pt:Kyushu Railway Company ru:Kyushu Railway Company zh:九州旅客鐵道

個人用ツール