マイクロソフト

出典: Wikipedio


Template:基礎情報 会社

マイクロソフト (Microsoft Corporation) は、アメリカ合衆国に本社を置く世界最大のコンピュータソフトウェア会社。現在ではインターネット事業を手がけ、ハードウェアゲーム機器も製造している。1975年昭和50年)4月4日ビル・ゲイツポール・アレンによって設立された。

目次

概要

日本法人

Template:基礎情報 会社

Template:基礎情報 会社 thumb|日本法人のマイクロソフト本社が入居する小田急サザンタワー

マイクロソフト株式会社(日本法人、Microsoft Co., Ltd.)は、主に営業、マーケティング、サポート、MSN、MSPressおよび人事総務などを担当する会社である。近年、積極的な通年採用を行っており、社員数が急増している。社内では、2000=2000という「2000年までに2000人」という目標もあった。

日本経済新聞社調査の企業ブランドランキングでは毎年ソニーと熾烈な争いを展開し、2006年平成18年)は日本でも第1位となった。また、2010年3月1日号の「日経ビジネス」誌で公表された「働きがいのある会社」ランキングで4位に選ばれている。ただし人気は主に中途採用市場であり、新卒からの人気獲得までには至っていない。例えば、毎日コミュニケーションズ調査の就職人気企業ランキングでは、理系男性で唯一100位以内にランクしており、総合ランキングなどは「ランク外」が定位置となっている。

日本法人には、マイクロソフト ディベロップメント株式会社(日本法人、Microsoft Development Ltd.)という会社もある。こちらには、主に開発部署が所属している(プロダクトプランナーと呼ばれるマーケティング担当に近い立場の人間もいる)。マイクロソフト株式会社の子会社ではなく、Microsoft Corporation 本社の子会社となる。以前は、Microsoft Product Development Ltd. という名前だった。

このような会社構成になっているのは、管轄するVP (Vice President) が部門によって異なるためである。

会社概要

マイクロソフト株式会社
事業所名 所在地
本社 東京都渋谷区代々木 2-2-1 小田急サザンタワー
代田橋オフィス 東京都杉並区和泉 1-22-19 朝日生命代田橋ビル内
赤坂オフィス 東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ内
初台オフィス 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45階
大手町テクノロジーセンター 東京都千代田区大手町 1-1-3 大手センタービル 1階および13階
調布技術センター 東京都調布市調布ヶ丘 1-18-1
マイクロソフト ディベロップメント株式会社
  • 代表執行役 藤井照穂
  • 本社所在地 新宿小田急サザンタワー (OST) ではあるが、本拠地は 調布 (CTC, Chofu Technology Center)。
  • 社員の平均年齢は2009年(平成21年)7月1日現在、38.4歳(男性:38.6歳、女性:37.4歳)となっている<ref name="msd_outline" />。

その他

  • 主に社内では、米国本社との区別のためにMSKKMicroSoft Kabushiki Kaishaの略)と称される。単純にKKと呼ばれることもある。開発は、MSDと呼ばれることもあるが、定着していない。
  • 日本国内の事業所は全て貸家であり、自社ビルなどは保有していない。赤坂営業所が設置される以前は、京王線沿線に事業所を置くことが暗黙のルールとなっていた。そのため、社員もそこに住宅を持つことが多い。
  • 代田橋オフィスには、主にXbox関連の部門が入っている。
  • かつては笹塚NAビル (NA) にも事業所が入居していた。
  • 国内優良企業との提携、市民活動への参加も積極的に行っており、近年、東京大学とも提携した。
  • 5年以上勤続している社員には記念品が贈呈される。さらに、10年、15年にも永年勤続表彰がある。
  • 日本法人には上記の他、Microsoft Asia Ltd,. (MAL) という会社もあった。こちらは、サポートおよび業務関連が所属していた。現在は、マイクロソフト株式会社に統合。
  • 多くの外資系企業と同じく、部門の消滅、統合が多々行われている。Template:要出典

歴史

Template:Main [[ファイル:Microsoft Logo Historical.svg|thumb|250px|border|right|マイクロソフトの旧ロゴ、1982年8月26日]] 当初は、世に登場して間もない8ビットマイクロプロセッサを搭載したコンピュータ「アルテア (Altair)」上で動く、BASICインタプリタの開発・販売で成功を収めた。

当初はネイティブ環境(カセットテープベースでOSは無く、ROM-BASICに近い環境のもの)だったが、CP/Mが標準プラットフォームとなると、CP/MベースのMBASICを発表する。グラフィックス機能をつけたGBASIC、16ビット用のGWBASICが登場する。なお、GWのWは16bitを意味するダブルバイト/ワードだとされている。

ついで、IBM PC上のOSの開発を請け負い、シアトルコンピュータプロダクツの86-DOSの権利を購入し改良、PC DOS(自社ブランドでMS-DOS)を開発。IBM PCとそれら互換機の普及と共に OSの需要も伸び、現在に至る地固めを確かなものとした。86DOSの開発者ティム・パターソンは後にマイクロソフトに引き抜かれMS-DOSの開発メインスタッフとなる。

マイクロソフトは、MS-DOSを改良するほかに各機種用のBASICやC言語FORTRANなどのコンパイラの開発を手がける一方、Altoの見学など、MS-DOS上で動作するGUIシステム「Windows」の開発に注力した。

また、ビジネス向けの表計算ソフトワープロソフトなどを開発し、先行する他社と「買収か潰すか、どっちか」とまで言われた熾烈な競争を繰り広げ、各方面で賛否を仰ぎながらも、多方面のビジネスソフトシェアを独占するに至った。

黎明期の1970年代後半から1980年代前半には、西和彦ビル・ゲイツと意気投合し、マイクロソフトの副社長を務めるなどした。このことは、マイクロソフトの日本進出に大きく作用している。アスキーは、MSXAXの共同展開や、日本法人設立までの日本代理店(実際は子会社のアスキーマイクロソフト株式会社が担当)を務めるなど、大きな貢献をしていた。しかし、1986年にマイクロソフトが100%出資の日本法人(マイクロソフト株式会社)を、アスキーから古川享成毛眞ら一部の社員が独立する形で設立したため、提携を解消した。

OSはMS-DOSの他にXENIXの開発や、IBMと共同でOS/2の開発もしていたが、その後デヴィッド・カトラー率いるDECの開発チームを移籍させるなどしてWindows NTを開発した。このノウハウを元にWindowsとMS-DOSを一体化し、GUIを改良したWindows 95を発売し、世界中で独自規格のパソコンをPC/AT互換機に移行させた。また、このときにアスキーとの復縁もアピールした。

その後もWindowsの改良を進め、何度もマイナーチェンジを繰り返した他、インターネット経由やCD-ROMなどで大量のモジュールを配布している。Windows NTによりサーバ市場への進出も果たした。2001年にはWindows XPの発売によりMS-DOS系のWindowsWindows NT系に統合した。

また、2000年代に入るとアクセシビリティへの配慮を企業の社会的責任だと位置づけ、各国でマイクロソフト支援技術ベンダプログラムを展開した<ref>三浦優子「マイクロソフト、Windows 7のアクセシビリティに対する説明会を実施」『【PC Watch】 マイクロソフト、Windows 7のアクセシビリティに対する説明会を実施 Impress Watch、2009年(平成21年)10月20日。</ref>。

また、ゲーム機としてXbox2001年(平成13年)に発売し、2005年(平成17年)12月にはXbox 360を発売した。

製品とサービス

クライアントソフトウェア

Windows
パーソナルコンピュータオペレーティングシステムで、デスクトップOS市場のデファクトスタンダードとなっている。また、Microsoft Bobも、場合によってはWindowsシリーズにも分類されることがある。
Office
WordExcelOutlookを中心としたパッケージで、オフィススイート製品としてデファクトスタンダードとなっている。
Visual Studio
Windows環境やネットワーク用のソフトウェアの開発を行う統合開発環境である。
Microsoft Expression
WPF アプリケーションのデザイニング、グラフィック・Webデザイン用ソフトウェアの統合パッケージである。
マッキントッシュ向け製品
Macintosh向けのソフトウェアは主にMac BUが開発している。
ウインドウズ モバイル
Pocket PCスマートフォンに搭載されるWindows CEの発展版でオペレーションシステムを携帯で体験出来るようになっている。
家庭用製品
はがきスタジオDigital Image ProMicrosoft WorksMicrosoft Plus!Virtual PCMicrosoft Money等の家庭用製品の開発にも取り組んでいる。
ゲーム製品
3Dシミュレータなどのゲームソフトの販売も手がけているほか、同社が運営するポータルサイトMSN向けのソフトウェアを提供している。また、厳密には製品ではないが、Windows95以降のOSを対象としてゲームに必要なグラフィック処理やサウンド処理などをパッケージしたAPIセット「DirectX」を配布している。これは現在ではほとんどのWindows用ゲームで採用されており、ビデオカードの開発、ゲームの開発共に大きな影響を与えている。
ほか

サーバソフトウェア

Template:Main

ハードウェア

マウスキーボードゲームパッドなどの入力装置の製造も手がけている。専用パッドを必要としない、現在の光学マウスは同社の発明であり、この発明はそれまで一般的だったボール式マウスをほぼ世界から駆逐した。X-Y方向の入力だけが一般的だったジョイスティックにZ軸の回転を加えた新しいジョイスティックなど、それまでの常識を覆す新製品の数々を送り込んでいる。数々のエポックメイキングをこなしていた当時のハード部門は社内ベンチャーだったが、光学マウスの成功により正式な部門に格上げとなった。

ハードウェアの最初の製品はApple II向けのZ80 SOFTCARDである。これは6502CPUを搭載したApple IIにZ80を搭載したカードを挿入するとCP/MベースのMicrosoft BASICなどを動かせるようにした商品で、一説ではシアトルコンピュータプロダクツのティム・パターソン(MS-DOSの設計者)が設計したという。

Xboxはマイクロソフト社の手がけた家庭用テレビゲーム専用機である。アーケード向けにChihiroと呼ばれているXboxプラットフォーム基板がある。次世代製品としてXbox 360も発売し、プレイステーション3Wiiなどの第7世代ゲーム機の中では最も早期に発売した。世界的には好調にシェアを伸ばしている。

XboxやXbox 360の製造は、シンガポール台湾などに本社があるEMS企業に委託している。

携帯型音楽再生端末Zuneシリーズをアメリカとカナダで販売している。また2010年には、新たにシャープスマートフォンKIN』シリーズを共同開発し発売する。

ソフトウェア + サービス

オンラインサービス

マイクロソフトはインターネットを通したサービスも多く行っており、その大半は無料で提供されている。

ウェブ アプリケーション フレームワーク

出版物

1984年(昭和59年)に出版部門「Microsoft Press」を設立、マイクロソフト関連製品の技術解説書を中心にコンピュータ関連書籍の出版を行っている。日本では日本進出の経緯からアスキーが出版業務を担ってきたが、1998年(平成10年)に設立された日経BPの子会社「日経BPソフトプレス」が同年7月から出版業務を担当、現在は大半の出版物を日経BPソフトプレスが、PCゲーム関連書籍などごく一部をアスキー(現アスキー・メディアワークス)が発行している。

マイクロソフトとUNIX

マイクロソフトはしばしばUNIX陣営と対立して語られることが多いが、それは必ずしも正しくない。例えば、マイクロソフトはかつて世界初の商用UNIXベンダーとしてXENIXを開発・販売していた。現在はServices for UNIXを提供している。また、2006年にはノベルとも戦略提携を行っており、SUSE Linux の販売や技術開発でマイクロソフトが協力している。

独占問題

デファクトスタンダードが一企業に集中することは、ユーザーや社会全体が不利益を被る面も存在する。

Template:See also Template:See also

マイクロソフトに関する運動・議論

1999年には、Windows Refund CenterというWebサイトを中心<ref>Template:Cite web ページの一番下</ref>に、LinuxやFreeBSDなどのユーザーが、「PCにプリインストールされているWindowsは使わない。」として、PCの価格からWindowsのライセンス料の返金を求める運動を起きている<ref>Template:Cite web </ref>。 また、フリーソフトウェア財団(FSF)は2009年(平成21年)10月22日に発表されたWindows 7については、アンチWindows 7キャンペーンを展開した<ref>Template:Cite web</ref>。FSFは、Windows Vista発表時にも同様のキャンペーンを起こしている<ref>Template:Cite web</ref>。

2009年6月26日<ref name=CS>Template:Cite web</ref>には、FSFの創立者であるリチャード・ストールマンが、将来的にマイクロソフトがC#に対して特許を主張する可能性があるため、フリーのC#実装は、意識的に減らしてくべきという文章を発表した<ref>Template:Cite web</ref>。これに対してマイクロソフトは、同社のCommunity Promiseを適用し、C#に関する特許は取得しないと発表した<ref name=CS />。

オフィススイートのフォーマットはオープンソースでODF (OpenDocument) の標準化が進められており、OpenOffice.org、StarOffice (StarSuite)、一太郎KOfficeなど、これを採用したオフィススイート間での互換性は向上した。実際にOpenDocumentについては国内を含む各国の行政・自治体で採用の動きが強まっている。しかし、マイクロソフトがその流れに反してODFとは全く互換性のない新規格「Open XML」を定義し、Office2007で標準フォーマットとして採用した。マイクロソフトはOpen XMLの優位性を主張しているが、GNU関連の団体は時代の流れと逆行するとしてマイクロソフトの行為をシェアの暴力と批判し、論争を呼んでいる<ref>Support OpenDocument 「What's wrong with Office Open XML?」の項 (Free Software Foundation)</ref>。

Template:-

エッセンス

Template:En

提供番組

  • 高田明塚本慎太郎中島一成の一押しは(朝日放送、木曜 1時50分から2時35分)
  • NEWS23TBS、月曜 10時54分から0時25分・火曜 - 木曜 10時54分から11時50分・金曜 11時30分から0時35分、Aパートで放送)

過去の提供番組

  • JNN報道特集TBS、日曜 5時30分〜6時24分)(2006年~2007年に冠スポンサー、後にスポンサーについていた)

脚注

Template:脚注ヘルプ Template:Reflist

関連項目

Template:Wikinews

関連人物

外部リンク

Template:Commonscat

Template:マイクロソフトTemplate:家庭用ゲーム機メーカーTemplate:ダウ平均株価Template:MATvpTemplate:Link FA Template:Link FA

af:Microsoft als:Microsoft am:ማይክሮሶፍት ang:Microsoft ar:مايكروسوفت ast:Microsoft az:Microsoft bar:Microsoft be:Microsoft be-x-old:Microsoft bg:Майкрософт bn:মাইক্রোসফট কর্পোরেশন br:Microsoft bs:Microsoft ca:Microsoft ckb:مایکرۆسۆفت cs:Microsoft cy:Microsoft da:Microsoft de:Microsoft el:Microsoft en:Microsoft eo:Mikrosofto es:Microsoft et:Microsoft eu:Microsoft fa:مایکروسافت fi:Microsoft fiu-vro:Microsoft fr:Microsoft fy:Microsoft ga:Microsoft gl:Microsoft Corporation hak:Mì-ngiôn Kûng-sṳ̂ he:מיקרוסופט hi:माइक्रोसॉफ़्ट hr:Microsoft ht:Microsoft hu:Microsoft hy:Microsoft ia:Microsoft Corporation id:Microsoft Corporation ilo:Microsoft is:Microsoft it:Microsoft Corporation jbo:maikrosaft jv:Microsoft ka:Microsoft kaa:Microsoft kk:Microsoft km:Microsoft ko:마이크로소프트 ku:Microsoft la:Microsoft lt:Microsoft lv:Microsoft mk:Microsoft ml:മൈക്രോസോഫ്റ്റ് mr:मायक्रोसॉफ्ट कॉर्पोरेशन ms:Microsoft nds:Microsoft ne:माइक्रोसफ्ट nl:Microsoft nn:Microsoft no:Microsoft oc:Microsoft pl:Microsoft pms:Microsoft pt:Microsoft qu:Microsoft ro:Microsoft ru:Microsoft sah:Microsoft scn:Microsoft sh:Microsoft simple:Microsoft sk:Microsoft Corporation sl:Microsoft so:Microsoft sq:Microsoft sr:Мајкрософт sv:Microsoft sw:Microsoft szl:Microsoft ta:மைக்ரோசாப்ட் te:మైక్రోసాఫ్ట్ tg:Microsoft th:ไมโครซอฟท์ tl:Microsoft tr:Microsoft ug:مىكروسوفىت شىركىتى uk:Microsoft ur:مائیکروسافٹ uz:Microsoft vi:Microsoft wa:Microsoft wuu:微软公司 yi:מייקראסאפט yo:Microsoft zh:微软 zh-min-nan:Microsoft zh-yue:微軟

個人用ツール