りそな銀行

出典: Wikipedio


Template:基礎情報 会社 Template:基礎情報 銀行

画像:Resona-Bank-hq-01.jpg
りそな銀行本店ビル(大阪市中央区)

株式会社りそな銀行(りそなぎんこう、英文社名:Resona Bank, Limited.)は、りそなホールディングス傘下である、りそなグループの中核を担う都市銀行である。かつての大和銀行あさひ銀行との合併により誕生した。存続会社は大和銀行(被合併会社はあさひ銀行)。野村系の企業(野村證券の源流)。

(大和銀行時代を含めて)戦後から一貫して、信託併営を継続している唯一の都市銀行で、同行自体がこのことを(他行との差別化による)自社の強みと位置付けている。ホールセール信託部門のみは一時期、2001年から分社化したが2009年に再統合している(りそな信託銀行)。

目次

銀行の概要

本店は大阪府大阪市中央区にある大阪営業部(旧大和銀行本店)。旧大和銀行の東京営業部は大手町営業部(東京営業部店舗内・現在は廃止)、旧あさひ銀行本店営業部は東京営業部(当時は、千代田区大手町に所在。現在は文京区後楽に移転し、空中店舗化、当初は大手町の同所には同店管理のATMを残していたが、東京本社の移転に伴い同所へ移設し、代替として丸の内オアゾ内に東京中央支店管轄のATMを設置)へ、さいたま営業部は埼玉りそな銀行さいたま営業部(本店)へ、大阪営業部は大阪中央営業部(大阪営業部店舗内・現在は廃止)へとそれぞれ移行された。会社の方針として、営業店名称としては「本店」の語をりそな銀行発足以来使用していない(埼玉りそな銀行や旧UFJ銀行池田泉州銀行なども同様。ただし、同じグループ内でも、近畿大阪銀行には本店営業部が存在する)。

なお、埼玉県内の旧あさひ銀行の店舗は、埼玉りそな銀行として分離している(例外としてりそな銀行浦和支店があったが、2008年10月20日に東京営業部に統合された。埼玉県内にもう一店舗あるりそな銀行朝霞台支店は旧大和銀行)。

2006年1月1日奈良銀行を吸収合併し、同日より旧奈良銀行本店は、りそな銀行新奈良営業部に衣替えした。<ref>その後、旧奈良銀行本店だった新奈良営業部が、統合相手だった旧奈良支店(旧あさひ店)跡地へ移転した。

  • 旧奈良銀行店舗については、桜川東支店(旧大阪支店)が2006年6月19日付で近接の桜川支店に統合されたが、それ以外の廃止予定は2007年に入るまで無かった。

管轄税務署は、合併時の存続行であり、本店を引き継いだ旧大和銀行の流れを汲み、東税務署である。現行の通帳(システム統合以前は旧あさひ店発行の通帳)では、埼玉りそな銀行と共通のものを利用しているため、見開きページにある埼玉りそな銀行の名称とその住所、「印紙税申告納付につき浦和税務署承認済」の部分をアスタリスクで抹消する措置を取っている。システム自体は近畿大阪銀行とも共通化しているが、通帳については近畿大阪銀行は独自で発行しており、同一書式ながら共通化していない。

旧大和銀行の流れを受け、大阪府大阪市指定金融機関である(大阪市は三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行との輪番制)。また、旧奈良銀行の流れを受け、奈良県奈良市指定代理金融機関にもなっている。さらに、旧あさひ銀行の流れを受け、東京都多摩地区の一部の自治体の指定金融機関である(東村山市清瀬市小平市東大和市武蔵村山市青梅市あきる野市など)。

旧大和銀行時代から国会議員会館内に衆議院支店・参議院支店を持つ唯一の銀行である。同支店の開設に当たっては、当時の三井銀行三菱銀行が激しく競合し収拾がつかなくなり、結局、両成敗の形で、当時都銀下位行であった大和銀行に認められたとの説がある。また、国立国会図書館内においては2007年までは郵便局のATMが館内にあったが、2008年現在はりそな銀行のみが館内に唯一ATMを設置しており、国会議員政党政治団体、国会職員などに利用されている。そのため、議員に対する融資などを通じて永田町との関係が深い銀行と言われ特に自民党の党への銀行団の融資額の50%近くの債権を所有している。

大阪府庁舎内にも店舗を持つが、店舗名は「大手支店」である。

2005年12月まではりそな銀行(開始当初は大和銀行に2003年2月まで委託していたがあさひ銀行などと合併により同年3月から同社に移行)に販売業務を委託する形でスポーツ振興くじが運営されていた。

なお、「りそな」は、ラテン語でresona(共鳴せよ、響きわたれ。動詞resonoの2人称単数命令法現在形。)という語であり、りそなホールディングスのWebサイトにも、このことが述べられている。<ref>http://www.resona-gr.co.jp/holdings/keiei/brand/index.html</ref> ただし、resonaをラテン語読みすれば「れそな」であり、「りそな」は英語読みしたものと理解できる。

法人として2008年時点で現存する都市銀行では、唯一東京以外に本店を構える銀行である(ただし、三井住友銀行にて、大阪の中核拠点として「大阪本店営業部」名の店舗が存在する)。また、大手銀行としても住友信託銀行が他行と統合後東京へ移転の予定のため、大阪資本が明確になる。ただし、当社の本店自体は大阪に留まるものの、りそなホールディングスの本社は、2010年6月25日付で、5月に現在地に移設された東京本社が登記上・定款上の本社に変更されることになっている。

経営統合までの経緯

大和銀行

金融激戦地帯である大阪以外に基盤を持たず、もともとは金融財閥であった野村系企業との接点も少ないという経営基盤が脆弱な都市銀行だった。一説には、都市銀行の中で唯一、信託部門を別銀行に切り離さなかったことが大蔵省の逆鱗に触れ、以降出店申請や規模拡大策を悉く大蔵省にはねつけられたと言われている。全都市銀行中北海道拓殖銀行に次いで二番目に小さかった。このため、バブル期前後から住友銀行などとの合併が取り沙汰された。

1995年に同行ニューヨーク支店において、米国債の取引による総額1100億円の巨額損失が発生。さらに当時の大蔵省への損失報告を行っていながら、米法に反して米当局への報告を怠り、当局から巨額の罰金処置と事実上の米国からの撤退を強いられた(「大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件」)。

国際金融市場の中心であるニューヨークからの追放は、国際金融市場へのアクセスを失うことを意味した。かつて都銀第三位の海外拠点を有していたが、大和プルダニア銀行(現在のりそなプルダニア銀行)を除いて、国際業務から撤退した。当時純利益の3割を稼いでいた米国市場を失ったのに加え、バブル崩壊後の経済環境は悪化の一途をたどり、「リスクを張って金利を稼ぐ」与信姿勢も災いし、膨大な不良債権を生み出した。大和銀行は個人や中小企業を主要な取引顧客とし、親密な地方銀行をグループ内に取り込む「スーパーリージョナルバンク」への転換を図ることになる。

あさひ銀行

バブル期の拡大戦略により、多額の不良債権を抱えていた。また、合併行の弊害から郊外型の営業基盤を重視し、首都圏の地方銀行との合併を模索する旧埼玉銀行系と、他の上位・中位都銀との合併を模索する旧協和銀行系の経営対立が深刻化し、経営悪化に拍車をかけていた。

2001年5月末に海外拠点を東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)へ譲渡する事を合意し、同年12月に全ての海外拠点から撤退した。

なお、経営構想から実現には至らなかったものとして、次のケースが有った。

東海銀・三和銀、横浜銀との提携

  • 1998年夏に東海銀行との2行統合を発表。時期を前後して経営統合による三井住友銀行みずほフィナンシャルグループの発足発表に対抗する為か、2000年3月には東海銀に加えて三和銀行との3行で、2001年4月に金融持株会社を設立し経営統合する方針(「三和東海あさひ銀行」構想と言われた)を発表したが、欧米の「リージョナルバンク」(地域銀行)を模範とする地域密着型の戦略を重視するあさひ銀行と、統合によって自己資本を充実させ、国際業務や大企業融資を重視するマネーセンターバンク戦略を重視する三和銀行の新銀行戦略との隔たりは大きく、2000年夏にあさひ銀行は統合構想から離脱し、残る2行でUFJホールディングスを設立する事となる。
この統合構想にあわせて、東海・三和とあさひの3行相互でATM他行利用手数料を無料とし、振込手数料も自行宛と同額にするサービスが有ったが、2001年8月19日を以て終了した。
なお、東海銀行との統合に先駆けて、当時のさくら銀行との間で店舗数箇所(元をただせば、その多くは太陽銀行の店舗)を相互に営業譲渡している。
  • 「三和東海あさひ銀行」構想破談後の2000年秋には横浜銀行と業務提携を行い、同様のATM・振込手数料優遇の提携サービスや共通仕様の中小企業向けローン商品などを両行で開発し、実際に提供するなどしたが、あさひ銀行と大和銀行の経営統合に伴い、あさひ銀から見ればかつて経営統合を目論んでいた横浜銀行との提携関係が崩れたため、先の提携サービスも2002年8月末で終了となった。

2001年9月の状況

2001年8月以降は経営悪化がマーケット(株式市場)にも出るようになり、特に同行が中間配当見送りとする風説の流布)が出ると株価は乱高下を出すようになり、同行は流布元やマスコミに抗議した。次いで9月始めに朝日新聞など全国紙が「あさひ銀行・大和銀行と経営統合」と報道した(この時点では正式発表せず)。

特に顕著であるのが同月9日放送のテレビ朝日サンデープロジェクト」で、ゲストで出演した舛添要一田原総一朗(司会)の対話で

(舛添)「Template:Colorなんで大和と一緒になるったら、Template:Color極端に言ったら。」
(田原)「ちょっと待って下さい。大和銀行とTemplate:Color良くない銀行が集まって良くなるの?」
(舛添)「その銀行の話は置いといて、中間配当中間配当。中間配当が出来ないんでしょ。だから3月決算できませんよ。それ位深刻な状況になっているんだから、あのもうね、緊急事態、危篤。患者は危篤。一喜一憂して、酸素吸入でも何でもしないといけませんよ。だから私も劇薬でもなんでも使えと言ってるんで」

と痛烈にあさひ銀行を批判した。

これを受けてあさひ銀行は、特に太字部分に対して猛烈に抗議し、謝罪を要求。謝罪せずの場合は法的手段を掛けるとTemplate:PDFlinkで9月10日に公開した。結果、翌週16日放送の冒頭で舛添は欠席し、伝言で謝罪。田原は出演した上で謝罪するも「間違ったこと言ったかな…」と付け加えた。

同月11日にはアメリカ同時多発テロ事件が発生。撤退の方針だったニューヨーク支店が世界貿易センタービルノースタワーに入居していたが、幸い犠牲者は出なかった。

なお、同月20日に中間配当見送り・期末へ一本化を正式発表。翌21日に大和銀の「スーパーリージョナルバンク」戦略に参加する形で大和銀グループとの経営統合を正式発表する事となり、この2001年9月は激動の時期だったと言えよう。

これらを発端に、取り付け騒ぎは起きなかったもののあさひ銀行の経営不振が表沙汰になった。2001年10月以降、店頭ポスターや埼玉県内発行の新聞を中心に、頭取による経営についての全面広告が顔写真付きで掲載されたが、2003年のりそな銀行国有化まで、経営不振絡みの雑誌記事の掲載が断続的に続くこととなる。

りそなグループの誕生と国有化

2001年12月、大和銀行は同行の親密地方銀行である近畿大阪銀行奈良銀行と共に、株式移転により金融持株会社大和銀ホールディングスを設立し、各行はその傘下に入った。同時に、大和銀行が兼営する信託部門のうち、法人向けの年金信託業務を新設の大和銀信託銀行に分割した。続いて、2002年3月には、あさひ銀行が株式交換により大和銀ホールディングスの傘下となった。

2003年3月には、あさひ銀行の埼玉県内の営業拠点と資産を埼玉りそな銀行会社分割し、残ったあさひ銀行は大和銀行と合併する形でりそな銀行が誕生した。

みずほ銀行みずほコーポレート銀行に続き、りそな銀行と埼玉りそな銀行は、世界的に見ても例の少ない合併分割による経営統合を行った。これは、主に近畿圏を営業基盤とする大和銀行に、規模的に二倍近いあさひ銀行が吸収されることにより、埼玉県内において圧倒的な規模を誇るあさひ銀行の収益基盤が縮小することによる、地域経済への影響を考慮したものであると言われる。同時に、合併分割によって、合併差益による自己資本の増強効果があり、悪化する経営を一時的に救う効果があった。しかし、このような複雑な経営統合方法は、後述するシステム問題を含めスケールメリットを阻害する要因となり、現在もなお経営形態の見直しが議論されている。

だが、発足直後の2003年4月22日、同行の監査を担当する監査法人のうち、合併前の決算を審査するため、新日本監査法人と共同監査を行っていた朝日監査法人(現在のあずさ監査法人)が、繰延税金資産の取扱をめぐり同行の共同監査を辞退し、決算監査が大幅に遅延する異常事態となった。残った新日本監査法人は、5月に入り繰延税金資産組み入れの前提となる、将来の収益性を疑問視し、りそな銀行の主張する繰延税金資産5年分の否定して、3年分の組み入れしか認めない方針を明らかにした。このため、同行の自己資本比率は、国内基準である4%を大幅に下回る2%台に転落する可能性が出たため、5月17日に至り、政府に対し預金保険法第102条第1項第1号に基づく資本注入(第1号処置)を申請した。同日緊急招集された政府・日本銀行による金融危機対応会議において、同行の申請を認め資本注入並びに同行に対する早期是正措置・業務改善命令が発動された。

政府による、総額1兆9660億円の公的資金注入(正確には預金保険機構による株式取得)は、従来の優先株による無議決権資本注入に加え、額の巨額さや経営再建への影響力を勘案された結果、普通株での資本注入が行われた為に、りそな銀行は事実上国有化された。

りそな国有化が与えた影響

りそな国有化は、本来預金保険法が想定していない金融機関側の要請によって資本注入を行ったために、従来の公的資金注入とは異なり、予防的公的資金注入と呼ばれる。予防的公的資金注入は、金融機関が過小資本に陥り、経営破綻を回避するために行うもので、当時の預金保険法は金融機関による申請や、その適用要件に関して明確な基準が存在しなかった。そのため、申請当時には適用に関して一部から違法性が指摘され、また金融機関が自主的に公的資金の注入を、予防的かつ自主的に申請できる必要性が認識されたために、後に預金保険法改正の要因となった。また、監査法人による決算の否認は、株主や預金者を保護する監査法人の重要性を再認識させ、その後の足利銀行の破綻に見られるように、外部監査制度の責任強化につながり、さらにはエンロン事件以降重要視されるようになった内部統制システムの充実にも影響を与えたと言え、日本版SOX法である新会社法制定に与えた影響は無視できない。

また当時、企業の業績不安と不良債権処理の遅れから、日本企業の株価は下落を続けていたが、りそな銀行に対して政府が取った機動的な資本注入は、金融機関の不良債権の抜本的処理に向けた小泉政権の強力な意思であると評価され、その後株価は上昇に転じた。

経営体制に関しては、多額の公的資金を注入した経緯から、内部からの経営陣に加え、JR東日本出身の細谷英二会長をはじめとして、外部企業から招聘した経営陣による新経営体制が確立された。これは、伝統的に外部から経営陣を招くことのなかった金融機関にとっては画期的な出来事であり、大企業の経営再建におけるモデルケースとして期待されている。また、経営制度では、委員会設置等会社への移行が図られた。

オンラインシステムの統合に関する経緯

大和銀行は、1994年IBM製メインフレームで稼動する勘定系システム“ニュートン”(NEWTON)に続き、1996年には情報系システム“ダーウィン”(DARWIN)を稼動させ第三次オンラインシステムへの移行を終了した。しかし、ニューヨーク支店事件を契機とした国際業務からの撤退と急速な経営状態の悪化によって、経費節減を目的に、自社の保有する勘定系/情報系システムをIBMとの折半出資である「ディーアンドアイ情報システム」(D&I)に移管し、都市銀行としては初めてオンラインシステムを外部にアウトソーシングする戦略を取った。

その後、大和銀行を中核に地域銀行をグループ化する過程において、近畿大阪銀行など傘下銀行にNEWTON/DARWINを水平展開し、グループ間のシステム投資を軽減するシステム戦略が採用され、奈良銀行を皮切りに、近畿大阪銀行への導入が図られることになった。あさひ銀行との経営統合後には、旧あさひ銀行が開発した総合オンラインシステム“キャップ”(CAP。勘定系・情報系共にIBM製メインフレームで稼動)を破棄し、新たに誕生するりそな銀行/埼玉りそな銀行にもNEWTON/DARWINを採用することが決定された。さらに、りそな銀行・埼玉りそな銀行が誕生した2003年3月には、次期NEWTON/DARWINの完成が間に合わないため、CAPをりそな銀行向けと埼玉りそな銀行向けに二分割(勘定分割)した上で、CAPを現行NEWTON/DARWINとリレーシステムで仮統合した後に、次期NEWTON/DARWINに順次移行するという複雑なシステム統合が計画された。

しかし、2003年の実質的な国有化後、細谷英二会長を中心とする新経営陣は、規模も営業内容も異なる全傘下銀行にNEWTON/DARWINを水平展開するシステム戦略を、主にコスト的な問題から疑問視し、また技術的にも勘定系/情報系システムが不可分な設計であるNEWTON/DARWINは、24時間稼動対応、ハブ・アンド・スポーク型システム(旧来の勘定系中心のシステム構成ではなく、勘定系や情報系の機能をオブジェクト化して切り出し、ハブと呼ばれるデータ統合システムによって接続された多数のサーバに分割する方式)への対応が困難であることを理由に、傘下銀行の次期NEWTON/DARWINへの移行計画を破棄し、りそな銀行と埼玉りそな銀行については、破棄が予定されていた旧あさひ銀行のCAPへの統合を決定した。これに伴い、りそなホールディングスが保有するD&I株式の95%をIBMに譲渡し、IBMとのアウトソーシング契約を解消した。一方、アウトソーシング先として新たにNTTデータが選定され、CAPを運用するあさひ銀ソフトウェア(現NTTデータソフィア)の株式の95%をNTTデータに譲渡した。

次期NEWTON/DARWIN計画の破棄と、破棄予定だったCAPシステムの復活は、実質国有化以前のりそなグループ内部での旧大和系と旧あさひ系の経営内紛が影響しているとする向きもある。しかし、もともと旧あさひ銀行に比べ規模が半分ほどの旧大和銀行で開発されたNEWTON/DARWINは、拡張性や処理能力に限界があり、また都市銀行と地方銀行の業務を単一のシステム基盤に統合する次期NEWTON/DARWIN計画は、当初から困難を極めていた。また、たとえ次期NEWTON/DARWINが完成したとしても、次期システムへの投資予定額は預金比での地方銀行の平均的なシステム開発費すらも大きく上回り、合併によるスケールメリットの追求が困難であったと予想される。CAPが旧埼玉銀行と旧協和銀行との合併後に構築された比較的新しいシステムであり、特に情報系システムの開発では当時都市銀行では先進的なシステムを開発していた三菱銀行との共同開発であったことも、CAPへの統合は現実的な解であったと言えるだろう。

CAPをベースとした「統合システム」への移行は、2005年5月から店舗別に5回(旧あさひ銀のシステムの変更を含めると合計6回)に分けて行われ、同年9月12日に全ての店舗においてシステム統合が完了した。また、奈良銀行は「奈良りそな銀行」とする見込みでの当初計画のもと2003年7月にNEWTON/DARWINへの移行を終えていたが、りそな国有化に伴う経営戦略転換の結果、2006年に奈良銀行自体がりそな銀行へ吸収合併され、この合併と同時に「統合システム」に移行した。近畿大阪銀行は、当初計画でのNEWTON/DARWINへの移行を始める前にりそな国有化となり当初計画は白紙化、旧近畿銀行から引き継いで利用していた独自のシステム(日立メインフレーム)を、NTTデータへアウトソースした上で継続使用して営業していたが、2008年7月22日に「統合システム」へ移行し、同日以後に発行した通帳については当行ATMおよび埼玉りそな銀行ATMでも共通書式として取り扱いが可能となった(ただし、これら2行とは通帳自体は別仕様であるため、繰越は近畿大阪銀行窓口でのみ可能。また、別仕様ゆえに、りそなグループで近畿大阪銀行のみが「総合口座通帳」を発行していることになる。また、廃止店の通帳・カードを継承店名のものに変更せずに利用していたケースおよび旧近畿銀行名のものを継続利用していたケースは強制切替の対象となった)。「統合システム」への移行が終了したりそな銀行においても、信託系システムは依然として並行稼動しているNEWTON/DARWINの周辺システムを利用しており、旧りそな信託銀行を含めて「統合システム」への最終的な信託系システムの移行・統合に関しては白紙状態である。

しかしながら、旧大和システムでは、店舗統合による廃止店名通帳・廃止店番のキャッシュカードは、そのまま継承店の口座の通帳・カードとして利用可能(通帳は満行に至るまで)であったが、統合システム移行により、旧あさひ銀行同様、廃止の時点で通帳・カードとも強制切替になる仕様となった。また、統合システム稼働に先立ち、旧大和銀行時代に廃止となった店舗のキャッシュカードを継続利用していた場合の強制切替も行われた(例として、旧大和仙台支店は、大和時代に当時の東京営業部(りそな時代の大手町営業部)に統合されていたが、これに伴って、大手町営業部(大和時代は東京営業部→合併に先立ち大手町営業部に改称)のキャッシュカードに強制切替とするため、窓口で手続きを行わなかった場合は使用不可とする処置となったが、大手町営業部が同居先の東京営業部に統合されたため、大手町営業部のカードへの切替の手続きを行った場合も再切替となった)。近畿大阪銀行の統合システム移行に当たっても、同様に、旧近畿銀行名通帳・カードおよび廃止店名の通帳・カードを統合先店舗で継続利用していた場合はその時点で強制切替の対象となり、また、統合システム移行前発行の現存店の通帳はりそな銀行・埼玉りそな銀行ATMでの利用が出来ないままの処置が執られた。

なお、NEWTON/DARWINは2007年10月1日郵政民営化によって発足するゆうちょ銀行において、全銀システムへの接続や為替処理、信託業務の展開のために暫定的に採用が決定している。プライマリーベンダは、NTTデータが担当する。

ただし、主たる勘定系システムは、郵政民営化前に入札にて日立製作所が提案したもの(三菱東京UFJ銀行がシステム統合終了後に廃棄予定の旧UFJ銀行のシステムをカスタマイズしたもの)が採用されることが決まり、プライマリーベンダは、NTTデータが担当する。
2012年までの契約の予定であり、その間新たなシステムの構築か、新たなアウトソーシング先を開拓するかのいずれかを迫られる。

沿革

  • 1918年(大正7年)6月 - 野村徳七(二代目)を中心に大阪野村銀行を設立。
  • 1926年(大正15年)1月 - 大阪野村銀行の証券部を野村證券に分離。
  • 1927年(昭和2年)1月 - 大阪野村銀行は野村銀行と商号変更。
  • 1943年(昭和18年)7月 - 武州銀行、八十五銀行、忍商業銀行及び飯能銀行が合併し、埼玉銀行となる。この後、埼玉県に本店を置く普通銀行並びに貯蓄銀行を統合する。
  • 1944年(昭和19年)5月 - 埼玉銀行は安田銀行(後の富士銀行。現在のみずほ銀行みずほコーポレート銀行)より、東京都下における大半の店舗を譲受。これにより、戦後急成長する東京都下に基盤を築く事となり、結果として都市銀行転換への足掛かりを得る。
  • 1944年(昭和19年)8月 - 野村銀行が野村信託を合併。
  • 1945年(昭和20年)5月 - 不動貯金銀行、安田貯蓄銀行、東京貯蓄銀行、内国貯金銀行、第一相互貯蓄銀行(以上、東京)大阪貯蓄銀行、日本相互貯蓄銀行、摂津貯蓄銀行(以上、大阪)日本貯蓄銀行(名古屋)の三大都市圏に地盤を置く9貯蓄銀行が合併。国営の郵便貯金を除けば日本最大の貯蓄銀行である、日本貯蓄銀行が誕生する。
  • 1948年(昭和23年)7月 - 日本貯蓄銀行が協和銀行と商号変更の上、普通銀行に転換。都市銀行の一つとなる。
  • 1948年(昭和23年)10月 - 野村銀行が大和銀行と商号変更。
  • 1958年(昭和33年)2月 - インドネシアにプルダニア銀行(現りそなプルダニア銀行)設立
  • 1969年(昭和44年)12月 - 埼玉銀行が都市銀行となる。
  • 1988年(昭和63年)4月 - 大和銀行が、設立70周年に伴い、シンボルマーク(行章)を変更。
  • 1991年(平成3年)4月 - 協和銀行及び埼玉銀行が合併し、協和埼玉銀行となる。
  • 1992年(平成4年)9月 - 協和埼玉銀行があさひ銀行と商号変更。
  • 1996年(平成8年)3月6日 - あさひ信託銀行設立。
  • 2001年(平成13年)12月 - 大和銀行が、近畿大阪銀行及び奈良銀行との株式移転により、株式会社大和銀ホールディングス(現在の株式会社りそなホールディングス)を設立し、3行はその完全子会社となる。同時に大和銀行の信託業務を分割し、大和銀信託銀行を設立。
  • 2002年(平成14年)3月1日 - あさひ銀行株式交換により、株式会社大和銀ホールディングスの完全子会社となる。
  • 2002年(平成14年)6月18日 - あさひ信託銀行が株式会社大和銀ホールディングスの完全子会社となる。
  • 2002年(平成14年)10月1日 - 大和銀行を存続会社としてあさひ信託銀行を合併。同時に大和銀信託銀行がりそな信託銀行に改称。
  • 2003年(平成15年)3月1日 - 埼玉りそな銀行へあさひ銀行の埼玉県内の営業を譲渡。大和銀行を存続会社としてあさひ銀行を合併し、りそな銀行と商号変更。
  • 2003年(平成15年)7月1日 - 預金保険機構による株式の引受けにより、りそなホールディングスの完全子会社でなくなる。
  • 2003年(平成15年)8月7日 - りそなホールディングスと株式交換し、再び同社の完全子会社となる。
  • 2006年(平成18年)1月1日 - 奈良銀行を吸収合併(合併後の営業開始日は1月4日)、東京工科大学と地域発展のための包括的連携に関する協定が締結<ref>
  • 「産学官連携」として、東京工科大学と小学生向け金融経済eラーニング教材「りそなキッズマネーアカデミー」を共同開発した。
  • また同大に八王子市も参加し、前述の金融教育システム共同開発を礎として金融経済教育の協調学習モデル調査研究事業を共同研究している。</ref>。

母体行

大和銀行

大和銀行の項を参照

協和銀行

協和銀行の項を参照

埼玉銀行

埼玉銀行の項を参照

奈良銀行

奈良銀行の項を参照

りそな信託銀行

りそな信託銀行の項を参照

ATM等サービスの状況

  • 2003年末に、支店所在地の大学の学生をアルバイトとして雇用するという試みを発表した。募集は大学の学生課や、教員のゼミ(これについては、初代頭取の勝田泰久が頭取退任後に大阪経済大学教授に就任していることも関係している)を通して行う形となる。ただし、通常のパート社員とは異なり、現金を扱わない職務につく形となっている。実施支店は、当初発表の実験店舗より拡大してはいるが、現状では関西の支店(とりわけ旧大和店)を中心に止まっている。
  • 支店の業務にも変化が見られる。2004年11月9日には、窓口カウンターをなくしATMの横に行員を配置する、新しい営業形態を千住支店で始めた。その後ほぼ全ての支店でこの形態を始めた(愛称はクイックナビ)。
  • 2006年10月2日には、2003年3月の再編以前に拠点がなかった都道府県への初進出として、個人向けローン専門拠点として仙台支店郡山出張所(空中店舗かつ現金や口座開設等の取扱はない)が開設された。今後、東北地方に同様の拠点を数箇所進出させる方向がこのリリースで示されている。この進出に当たって、仙台支店の口座を利用し、同拠点でローン利用のある顧客には他行・コンビニATM利用時の手数料を月3回までキャッシュバックすることも併せて明らかになっている(これは後に、全店舗に拡大)。これによって、仙台支店の近隣に居住していない顧客も郡山市の拠点近隣在住であれば幾分か取引がしやすくなることが予想される。
これまでは、仙台市に住民票のない顧客からの口座開設希望は、たとえTIMOの開設であっても、よほどの理由がない限りは基本的に受け付けていなかった。
こちらを参照。
ATMコーナーのみ、「プラザ地下1階出張所」(当初の管轄店は東京中央支店であったが、現在は東京ミッドタウン支店が管轄)が地下1Fに先行して設置済であった。
  • 2007年4月1日よりトラベレックスジャパンと提携することになり、空港両替所(成田国際空港ターミナル2に2箇所、関西国際空港に1箇所)・秋葉原駅前外貨両替出張所を除いて営業部・支店等での外貨両替ができなくなるが、りそな銀行の店舗内にトラベレックスの両替店の進出や既存店舗を含め、りそな銀行のキャッシュカードの提示により両替手数料・レートの優遇を行う(ただし、成田国際空港の店舗を除く)。
  • しかし、りそなの外貨両替店はターミナル2に2箇所あるだけで、ターミナル1にはない。りそな銀行利用者で、ターミナル1のトラベレックス店の利用時は要注意。
  • トラベレックスが発行する国際キャッシュカードキャッシュパスポートについては、現時点では優遇対象ではなく、今後どのような形で優遇になるかは全く未定。
  • 2007年6月16日付で、亀戸支店(旧あさひ店)とブランチインブランチとなっている錦糸町支店(旧大和店)が、店舗統合せずに錦糸町駅南口に移転するため、これによって、システム統合に伴うブランチインブランチは消滅する<ref>
  • 特殊な店舗統合の事例として、上野中央支店は中央三井信託銀行型(統合後に支店名が合併前の名称に復帰)、町田中央支店は北洋銀行型(中央支店のまま名称が存続)の店舗統合を実施している。
  • これらはいずれも○○中央支店は旧あさひ店であり、旧大和側が消滅店である。
    • これとは別に、2007年5月21日付けで、野田支店(旧大和店)が、福島支店(旧あさひ店)内に移転し、システム統合を伴わないブランチインブランチとなる(なお、2009年4月13日より再度分離し、りそなクイックコーナーである野田駅前出張所所在地に再度移転する)。
    • 2009年1月19日には、名古屋市の赤門通支店が名古屋支店(いずれも旧あさひ店)とブランチインブランチなった。赤門通支店跡地には、りそなクイックコーナー・大須出張所が設置された。
  • システム統合が終了して間もないため、2つの支店が同一の建物に同居する店舗内店舗(ブランチインブランチ)という営業形態をとる施設もあるが、現在までにブランチインブランチを実施している4店舗は消滅しており、今後もさらなる統合が予定されている。</ref>。今後は、旧奈良銀行の支店と吸収合併前のりそなの支店の重複及び、ブランチインブランチとならなかった拠点の一部重複が見られるので、今後はこちらの整理の可能性がある。
  • 店舗の窓口営業時間は、現在午後5時までであるが、2007年10月1日より5店舗のみで、午後7時まで営業する。
  • 2007年11月19日には、同行・埼玉りそな銀行・近畿大阪銀行と共に、各行ATM相互間における時間外手数料の完全無料化が実施された。これまで、時間外による出金に105円がかかったが、以降は出金手数料が完全無料で利用できるようになり、「りそなめぐり」も、手数料の観点から年中無休で行うことが出来る。
  • 西日本を中心としたサークルKサンクス店舗内に設置されるコンビニATMの一つ、BankTimeが通帳が使えないりそな銀行ATMとして使えるため、支店が近隣になく、TIMOを利用している顧客には利便性が著しく増す。ただし、ATM振込はできない。

主な商品・サービス

総合口座

りそな銀行および埼玉りそなでは、総合口座をそれぞれ<ref>

  • 2004年4月1日以降開設された口座(旧奈良銀行だった支店は、合併以後の営業日である2006年1月4日以降に開設された口座)では、2年間入出金がなく、かつ残高が1万円未満の口座について、休眠口座管理手数料として1,200円を徴収することとなった。</ref>「りそなリテール口座」と称している。その通帳は<ref>
  • 通帳については、旧あさひ店の通帳は識別マークが取れた程度で変わらず、旧大和店については、振込専用通帳・外貨預金通帳など、一部の通帳を除き、システム統合後も記帳欄が埋まるまではそのまま利用できる(旧・大和銀行時代の通帳もそのまま利用可能)が、繰越時に総合口座の場合、旧あさひ店同様、普通預金・貯蓄預金は「くらしの通帳」、定期・積立については「ゆとりの通帳」に分かれる形となる。
    • システム統合前の通帳から繰り越す場合、ゆとりの通帳が発行されるケース(現在は、貯蓄預金通帳が発行されるケースを含む)には対応できないため、窓口での繰越となる。
    • 旧奈良銀店の通帳については、合併直後から旧大和店同様の対応となる。
    • システム移行以前の旧奈良銀通帳は、その時点ですべて強制切り替えされたため、放置していた場合は窓口で交換を要請することになる。
  • 合併からシステム統合までの間、店舗に貼られていた旧所属銀行を示すシールの色、またはシステム統合前に発行された各預金通帳表紙の右上に表示されている記号の色により、通称赤りそな(旧あさひ、)・青りそな(旧大和、)と呼ばれていた。
    • しかし、2005年5月6日からは旧あさひ店のが消え、旧大和支店もシステム統合後はが消された(みずほ銀行はシステム完全統合までは旧富士銀行のシステム統合済みの支店に旧DKBのが付いていた)。
  • そして、店舗統合になった場合、旧銀行に関わらず、廃止店側の通帳が強制切り替えになる。
    • ただし、上野支店の場合は、統合前の上野支店が強制切り替え対象。
    • 存続店となった旧上野中央支店では、「上野支店」の名前が入った通帳の利用を希望する場合のみ、その時点で切り替え可能。</ref>「くらしの通帳」と「ゆとりの通帳」の2冊に分かれている。これはあさひ銀行の「あさひリテール口座」をシステム統合後も踏襲した形とされている。
2006年4月17日からは三井住友銀行も新規開設を停止した。
  • システム統合後(旧あさひ店は2005年5月6日以降発行分より)に発行されている「くらしの通帳」(表紙はクリーム色)にも、「貯蓄預金の新規口座開設は、平成16年4月1日より中止しております」という記述がある。
新規開設者には何の意味もなさない欄であり、改善が望まれるといわれていた。
また、金利もHP上では未公表となっている(三井住友銀行は新規受付停止後も公表している)。</ref>9~11ページ目に記入される。
    • なお、2009年7月6日以降に発行された「くらしの通帳」(表紙は緑色)は、普通預金欄が10ページとなり、なおかつ貯蓄預金欄が削減されており、従前から貯蓄預金を利用していた顧客は、いずれかの欄の満行に伴う繰越の時点で強制分冊となる。これに伴い、同日以降の貯蓄預金がセットされた状態の旧冊子の「くらしの通帳」の繰越機での通帳繰越が出来なくなり、窓口での切替が必要となった(満行前に切替を希望する場合は、その時点での分離も窓口で対応している)。
  • ゆとりの通帳…定期預金と積立で構成され、定期預金が1~6ページ目、積立が7~11ページ目に記入される。また、このゆとりの通帳は、くらしの通帳・普通預金の「担保明細帳」という位置づけのために分離されているとりそな側は説明している。この他に公共債の記入ページが付いた「ゆとりの通帳・証券」版の通帳も有るが、統合の意思表示をしない限り殆どこの通帳は出回っていない。
通帳の磁気ストライプ形式は、旧あさひを継承し、富士通が策定した方式を採用している。


TIMO

2004年よりりそな・埼玉りそな共通で取り扱いが開始された通帳無発行型の普通預金口座である。通帳明細に代わるステートメントの郵送を行わず、りそなダイレクト(インターネットバンキング)上で閲覧する形式では都市銀行初であった。(同年5月に三井住友銀行が「Web通帳」として追従)
残高によって預金金利が変わる(残高段階型金利)「TIMO普通預金」を採用している。当初は残高などの取引内容に関わらず自行ATMの時間外手数料が無料となる点が特徴であったが、2007年11月からTIMO以外の普通預金口座(キャッシュカード)へも対象を拡大している。また、TIMO普通預金口座でりそなカードセゾンの引き落としが有れば、セブン銀行E-netなどのコンビニATM利用手数料が月3回までキャッシュバックされる。

りそなダイレクト

  • 「りそなダイレクト」は、りそな銀行が運営するインターネットバンキングである。
  • 振込手数料は、りそな銀行・埼玉りそな銀行近畿大阪銀行のりそなグループ宛が無料、他行宛が税込で100円と他行より安く設定されている。なお、あさひ銀行のシステムを継承したため、他の都市銀行とは異なり、主に地銀などで採用されている、NTTデータの共同システム、ANSERが採用されている。
  • 奈良銀行では、合併時にサービスが開始された。法人向けインターネットバンキングは、旧大和銀行系店舗では都市銀行で最もサービス開始が遅れた。
  • 自己名義の他の預金口座への振替は、銀行営業日の午前9時から午後2時30分までとなっている。三井住友銀行三菱東京UFJ銀行など多くのインターネットバンキングでは、24時間即時に振替が可能である。
  • 取引などを行った際に自動で送信される確認メールは、MXレコードが引けない(インターネット上に存在しない)Fromアドレスにより送信されるため、送信元チェックをしているSMTPサーバを使用しているユーザーは受信できない場合がある。しかしながら、メールは暗号化(TLS)に対応していないため、受信できないほうがよいという見方もある。
  • 定期預金の預入の際、ダイレクト利用時には元金成長型でのみ預入が可能であり、他行のような満期時取扱の変更がダイレクト上では出来ない(ATMか窓口でのみ対応)。これは、りそなコミュニケーションダイヤルによるものであっても同様。なお、ATMを利用して、ゆとりの通帳と紐付けされた普通預金のキャッシュカードを使って行う形を取るが、変更した旨を記帳するため、1取引分がそのために費やされることになるため、通帳の減りが早くなる場合がある(窓口での手続きであっても同様)。
    • しかしながら、ダイレクト利用時はりそなコミュニケーションダイヤル利用時には金利のレートアップを行っており、やむを得ないケースもある。
    • これは、満期時自動継続の際にレートアップの金利が適用されず、一度解約して新たに定期を預け入れする必要があるためである。
    • ダイレクトでの解約予約は5営業日後まで可能であるため、満期日の5営業日前に解約予約を行うことで、満期日で一度引き出して、新たにレートアップが適用されるように新規に定期を組むことが可能。なお、満期日が土日祝の場合は、翌営業日付での解約予約としないと、中途解約となってしまう。
      • なお、この場合は元金成長(元金継続に変更した場合を含む)で自動継続となり(1取引)、自動継続日付で改めて払出となるため(1取引)、この手続きでは通帳の定期欄を2取引分費やすことになる。当然、中途解約の記帳もなされるため、その際にさらに1取引分を費やすことになる。
    • 満期取扱方法の変更には通帳を必ず利用するため、TIMO口座ではこの取扱は不可で、元金成長型自動継続しか利用できない。ただし、りそなダイレクトでの解約・満期日1週間前からの解約予約は可能であるため、レートアップを常に利用したい場合はこの方法を取ることになる。

りそなクラブ

給与振込やローン利用、資産残高といった銀行取引に応じてキャッシュバックやポイント移行が可能となるポイントサービス。埼玉りそなでは埼玉りそなクラブの名称で共通した内容を実施している。ポイント積算のコンセプトは旧あさひ銀行の「あさひポイントバンク」を承継している。

ポイント利用・交換提携先

キャッシュカード

生体認証ICキャッシュカード (一般カード)

Template:節stub

りそなカード《セゾン》一体型ICキャッシュカード

クレジット一体型のキャッシュカード。上述の「生体認証ICキャッシュカード」と、クレジットカード (りそなカードクレディセゾンと提携して発行、国際ブランドはVISAのみ。券面の名称は "Resona Card +S") 機能を併せ持つ。年会費は無料である。有効期限は、発行日または切替日の5年後応答日。

RESONARTカード

近畿地方の若者を初めとするリスナーに支持の高いFM局「FM802」と提携し、FM802が実施しているアートプロジェクト「digmeout」(ディグ・ミー・アウト)に参加している高山泰治K2―黒田征太郎・長友啓典―出身)などのアーティスト達がオリジナルデザインした普通預金キャッシュカードである。名称はりそな銀行のRESONAとARTを合わせたもの。りそなカードでも採用されていた。
ただし、2009年1月30日を以て新規募集は終了している

当初は通常の有通帳口座、近畿地方の旧大和銀行支店でのみの採用であったが、後に無通帳型預金口座「TIMO」や旧あさひ店でも扱っている。2004年3月末にスタジオジブリがデザインした「ひびきが丘物語」のキャッシュカードが廃止され、デザインキャッシュカードはRESONARTのみになった。

預金口座の新規開設か、現在開設の口座のキャッシュカードを交換してもらうことで<ref>

  • 2005年5月6日以前に旧あさひ店で発行されたキャッシュカードを利用した場合金融機関コード・支店コードが、旧あさひ銀行時代の店番・支店名変更前のものとして明細に表示されるため、金融機関コード・支店コードが統合後のものになっている、旧銀行の識別マークのないカードに無償で交換に応じる。
  • 旧大和店については、エンボスが旧あさひ店に合わせられたため、システム統合後に発行されたカードの金融機関コードのエンボスがなくなっている以外は特段の変更はない。</ref>入手可能である。

旧大和、あさひ(前身行の協和銀行埼玉銀行協和埼玉銀行含む)のキャッシュカードから交換する場合は無料。りそな銀行キャッシュカードからの場合は有料。
デザインが年数回更新され、古いデザインのカードは新たに入手できない。また、当初は近畿の旧大和銀行店舗での枚数限定だった。この企画は女性には人気が高いといわれ、新規顧客獲得に成功した<ref>斬新なデザイン女性に人気 りそな銀キャッシュカード</ref>。

近畿地方ではこの他にもREENALと銘打って、アートプロジェクトを推進している。なお、FM802本社はりそな銀行所有の「大和南森町ビル」に入居しており、1階にはりそな銀行南森町支店がある。

国際キャッシュカード

あさひ銀行時代はVISAトラベルマネーを発行していたが、シティコープ側の都合で廃止を余儀なくされ、現在は利用できなくなっている。
しかし、りそな銀行がVisaデビットカードを開始とともに、海外でキャッシュカードを利用する事ができる予定だが、現時点では発行時期などは一切公表されていない。

りそなクイックロビー

りそな銀行の現金自動預け払い機ATM)の名称は「りそなクイックロビー」である(大和銀行側の名称を継承)。
埼玉りそな銀行近畿大阪銀行との取引も、すべての時間帯で手数料が当行扱いとなる。

会社組織は違うが、同一のシステムを利用し、あくまでも同じ銀行の本支店間のやり取りであると、りそなグループは捉えているためである。しかし、通帳上の表記は他行扱と同じである。
  • りそな銀行の口座所有者が埼玉りそな銀行を利用すると、支店名の表示ではなく「0017-***」のように、統一金融機関コード・支店コードの表記がされる。同様に、埼玉りそな銀行の口座所有者がりそな銀行を利用すると、「0010-***」と表記される。近畿大阪銀行の場合も同様である。

実際に、りそな銀行と埼玉りそな銀行の支店名・支店コードに重複はない(支店コードについては、りそな銀行長岡天神支店と埼玉りそな銀行幸手支店、振込専用支店と埼玉エイティエム支店を除く)。埼玉りそなとの店舗名重複があったところは、りそな銀行合併前に旧大和側が変更されている<ref>振込専用支店は、勘定分割の上、埼玉側が名称変更。コンビニATM管理店も「埼玉エイティエム支店」となり、「東京エイティエム支店」(旧・あさひ銀行エーティーエム支店)から分割されている</ref>。

  • 最近になって、統廃合により一度空白地帯になった地区へクイックロビーのみを再出店している。
  • りそな銀行は取引をすると、取引を行った店舗の店番号ではなく支店名が、預金通帳およびTIMOステートメントに印字されるため(旧あさひ銀行系は漢字、旧大和銀行系は半角カナだったが、システム統合後は旧あさひの表記に統一)、旅行貯金のように「りそなめぐり」をするマニアが存在する(近畿大阪銀行もシステム移行後、自行に限って店番号に変わって支店名が表示されるようになった)。
  • BankTimeを利用した場合は、摘要欄は「.カード」、入金の場合は「お支払金額」欄・引出の場合は「お預り金額」欄に、「RBT-XXXXXXX」と表示される(XXXXXXXは、明細の最上段中ほどに記載された、7桁の数字となる)。

ATMベンダ

振込手数料の違いが、現金・カードに関わらず無いのと、通帳がいずれの支店の管轄であっても共通で使える為、この点では旧行別のATMを設置する必然性はない。
  • なお、生体認証対応機種は、富士通沖電気工業Leadus(明細印字はオムロン仕様だが、通帳印字は独自フォント)を採用した。
ブランチインブランチ経験のある店舗では、あさひ店が存続した場合は富士通OKI、大和店が存続した場合はLeadusが設置される傾向にあるが、一部例外もある。
  • 通帳繰越機は、旧あさひ店はATM同様、富士通沖電気工業の店舗も存在する)で、旧大和店・奈良店はATM同様、オムロンで分かれている。
  • 最近では、富士通製のATMで、料金払込サービス(ペイジー)の払込書を読み取る事のできるタイプのATMが、導入されている。
※導入時期は不明だが、入替された富士通のFACT-V model20のATMに払込書の読取口(通帳挿入口)が搭載されている。最近では、このタイプのATMが入れ替えられている為、旧大和銀行・あさひ銀行の店舗にも導入している(但しOKILeadusのATMを導入している支店も含める)。
但し、支店社員(りそな銀行の場合、行員を社員と呼称している)に尋ねても使用不可と答えるが、これは間違いである。

仙台支店(旧埼銀店跡地にある旧協和店)では、かつては富士通FACT-Aで統一されており、生体認証キャッシュカード導入時に1台だけFACT-V model20に転換されたが、最近になって何故かFACT-Aを撤去ないしはOKIのIC対応機種へ入替が行われた(BankITの1世代前の機種。要は、入替と同時に減台された)。なお、仙台支店のFACT-V model20には、払込書読み取り装置は付加されていない。

利息付与時期

  • 普通預金については、毎日の最終残高1,000円以上について付利単位を100円として、2月・8月の第2金曜日時点で、毎日の店頭表示の利率で計算され、翌土曜日付で付与される。
  • 貯蓄預金については<ref name="saving"/>、毎日の最終残高1,000円以上について付利単位を1円として、毎月の第2金曜日時点で、毎日の最終残高が店頭表示の基準残高以上利率又は基準残高未満利率の別に計算され、翌土曜日付で付与される。

口座開設に当たり

原則として、「来店に無理のない場所に居住または勤務している」ことが、一応の口座開設の条件となっているため、他行に比べるとかなり口座開設のハードルが高い(特に旧あさひ店が厳しいTemplate:要出典)。また、来店に無理のない場合でもTIMOでの開設を支店裁量で求める場合もあり、この場合はりそなめぐりの障壁になる場合もあるTemplate:要出典

たとえば、仙台市内の都市銀行信託銀行の支店に口座を開設する場合、三菱東京UFJ銀行三井住友銀行、およびみずほ信託銀行三菱UFJ信託銀行住友信託銀行では、東北6県に在住していればメールオーダーでも口座開設は可能(三井住友銀行と住友信託銀行については、通帳を発行しない形態の口座開設が可能であり、記帳の問題を抱える場合はそちらでの開設を推奨しているが、通帳のコピーが必要なケースを持つ顧客については別の問題が生じる)。
またみずほ銀行では、金融債取引などの特殊事情がなければ自県の県庁所在地で原則対応可能であり(但し、現在は金融債の取引は終了している)、福島県については、金融債利用の場合は福島支店、それ以外はいわき・郡山・会津にも支店があるので仙台にわざわざ開設する必然性は少ないが、りそな銀行はそれだけでは受付不可である。
  • これは、店頭で対面できることを原則としていることと、口座の不正利用防止などを理由としている。
  • そのため、給与の振込(かつては、「モバイト・ドット・コム」において、銀行・支店を厳密に指定されていたケースなどがある。他にもこのようなケースがいくつかある)程度の理由では口座開設を断られる場合もあり、開設目的をより明確化して来店する必要がある。
  • これは、仙台に限ったことではないが(埼玉りそな銀行近畿大阪銀行も同様)、ネット通帳口座のTIMOであっても却下されることがあるので、必要な場合には、事前に開設希望支店に相談するのが賢明な判断である。

旧経営陣のその後

店舗がない地域

青森県岩手県秋田県山形県、●<ref>福島県にはローンの拠点として郡山出張所はあるが、口座開設は仙台支店扱いとなり現金等の取扱もできないため、事実上取引不可。</ref>×福島県、●×富山県、●×石川県、●×福井県、●岐阜県鳥取県、●<ref>島根県にはコールセンターとして島根カスタマーセンター(出雲市)はあるが、店舗・ATMは存在しないため、取引不可(1990年まで松江市内に協和銀行松江支店が存在したが、前途のカスタマセンターはりそな銀行となってから設置された)。</ref>島根県、●岡山県、●山口県、●×徳島県、■<ref>空中店舗であり大和銀行60年史には掲載されていない。また、地元高松市民でも存在を知らなかった人も少なくない。余談だが、宮城県においても大和銀行仙台支店も同様にであった(現在の仙台支店は旧あさひ店)。</ref>●×香川県、○×愛媛県、○□高知県、●佐賀県、○□長崎県、●大分県、■●宮崎県、●×鹿児島県沖縄県 (2010年4月現在)。

  • 協和銀行時代に店舗を持っていた。
  • ○協和埼玉銀行、あさひ銀行時代まで店舗を持っていた。
  • 大和銀行時代に店舗を持っていた。
  • □りそな銀行発足後に廃止された。
  • ×BankTimeの設置はある。

今後の展望

  • 国有化された後のりそな銀行は、土曜日営業・5時まで営業・待ち時間0運動など、これまでの銀行にはない新たなサービスの導入によって、メガバンクとは一線を画す「リテールに強い都銀」、「金融サービス業」を目指している。
  • さらに、日本の銀行としては初めて、VISAカードのプリンシパル・メンバー権を取得。今後、りそなカードからの発行ではない、スルガ銀行の様な預金口座即時引落連動型Visaデビットカード機能付カード発行や銀行本体のVISAカードの発行を2009年より予定していたが、2010年1月現在は発行されていない。このVISAデビットカードは大手銀行では初になる。
  • 無条件でりそな銀行(埼玉りそな銀行・近畿大阪銀行(一部時間帯を除く)も含む)利用者の全時間帯の手数料が無料となるコンビニATMとなる。
  • 北陸地方・茨城県・栃木県にも設置予定。
  • 中京圏のゼロバンクとは違い、首都圏のゼロバンクと同様、未設置店舗への穴埋め設置を目的としているため、イーネットからの置き換えに関しては明言されていない。
  • 後に、四国・九州でも設置されている。
  • 2009年11月より、北海道エリアにもバンクタイムATMが順次導入されている。
  • 2010年3月15日に高知支店が大阪営業部に統合される形で廃止となった(廃止後は跡地にATMを2010年5月14日まで存続。以降は移転。)。これにより都市銀行では唯一四国に有人店舗が無い銀行となった。

不祥事・事件・トラブル

印紙税の納税漏れ

2010年大阪国税局が行った税務調査で、同行が2009年9月までの約3年間に亘り、印紙税約2億5,000万円の納付漏れを指摘されていたことが、同年6月に発覚した。収入印紙が必要な書類約60万枚について印紙を張らなかった模様である。受取書への収入印紙の貼付は、印紙税法で義務付けられているが、事務上のミスで張り忘れていた。また、融資の案内文書などについても、同行は印紙税は不要と解釈していたが、同国税局は印紙税の対象になると指摘。りそなホールディングスは「事務のミスや認識の相違で、意図的なものではない」と主張している<ref>りそな銀:印紙税2億5000万円納付漏れ 国税局指摘 毎日新聞 2010年6月8日</ref>。

脚注

Template:Reflist

関連項目

外部リンク

Template:りそなホールディングス Template:都市銀行

個人用ツール